2014.11.23

▽ハケンアニメ

辻村深月『ハケンアニメ』(マガジンハウス)

《「春のハケンはこれで決まりですね」
 ……
 ハケン、というのが何を意味するのかわからなかったが、それにより訊き返すタイミングを逃した。ハケン。漢字で書くと、派遣、だろうか。》(p.10)

あるところで『ハケンアニメ』というタイトルを見た時、本書の主人公である有科香屋子と同じように「派遣アニメ?」と思って、つい手にとってしまいました。

本書でも説明されているように、「ハケンアニメ」は、「覇権アニメ」のことで、そのクールに放送されたアニメの中で、ナンバーワンになったものを指すネット・スラングのようなものです。

でも、この「覇権アニメ」という言葉は、ある時期にはさかんに使われましたが、最近ではあまり見かけなくなってしまいましたよね。

本書は、女性誌『アンアン』に2012年11月から2014年8月にかけて連載されたものを加筆修正したもので、新作アニメの制作を担う女性プロデューサーを主人公とする業界ものの小説です。

しっかり取材をした上で書かれているのですが、「ハケンアニメ」という業界用語も含め、モデルになっているエピソードが微妙に古かったりして、ちょっとズレた感じもしますが、それなりに楽しんで読むことができます。

ところで有科香屋子がアニメ業界に入るきっかけをつくった天才アニメ監督・王子千晴は、ハワイに旅行に行ったふりをしながら、自室にこもって絵コンテを書き上げます。そのことについて、王子は次のように語っています。

《「脚本とか絵コンテは、地道に机に向かうことでしか進まないよ。どんだけ嫌でも、飽きても、派手さがなくても、そこに座り続けてずっと紙やパソコンと向き合うしかない。席を立ったらそこで取り逃すものだってあるし、齧り付くように、ひったすら、やるしかないんだ。気分転換なんて、死んでもできない」》(p.88)

割とリアルな証言ではないかと思います。

|

2013.10.20

▽『ハンティング・パーティー』

『ハンティング・パーティ -CIAの陰謀-』

最近、借りてきた映画のDVDの冒頭に流される他のDVDの宣伝動画を見ているうちに、そちらの方が見たくなってしまうことが良くあります。

借りてきた映画を見ないで、わざわざ改めて借りに行って見た映画が『ハンティング・パーティー』です。

舞台は、ボスニア・ヘルツェゴビナ首都サラエヴォ。

リチャード・ギアが演じる主人公のサイモン・ハントは、アメリカTV局の戦場レポーターとして活躍していたが、生放送中の暴言がきっかけで解雇。表舞台から消え去った。

しかしサイモンは、飲んだくれになりながらも、サラエヴォにとどまり、レポーターの仕事を細々と続けていた。

ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争集結から五年後、サイモンと組んでいたカメラマン、フランクリンが新人のベンジャミンとともサラエヴォを訪れると、そこにサイモンが現れ、「戦争犯罪人として指名手配中のフォックスのインタビューをとろう」と持ちかける――。

この映画は、2000年10月に出版された雑誌『エスクァイア』に掲載されたスコット・アンダーソンによる記事

What I Did on My Summer Vacation: Inside the Hunt for Ratko Mladic
http://www.esquire.com/features/summer-vaction-1000

がベースになっている。アンダーソンらが、実際に指名手配中の戦争犯罪人ラドヴァン・カラジッチを捕まえようとした実話である。

ただし、映画に出てくるサイモン、フランクリン、ベンジャミンの三人の設定やキャラクターは、まったくのフィクションである。

でもね……、落ちぶれてやさぐれた感じのリチャード・ギアがいい味を出してるんですよ、これが。

フランクリンもベンジャミンも、アメリカ的な猟犬のようにスクープを狙うぎらぎらとしたジャーナリスト魂(プラスちょっとした正義感)を見せていて、これもなかなか好感がもてます。

そして、この映画が暗示していることは、アメリカ政府は、実は戦争犯罪人の居場所を知りながら捕まえようともしないで、泳がせているのではないか、という疑惑。

最近のシリアをめぐる国際情勢にも通じるものがあります。

|

2012.03.21

▽小説家・逢坂剛

逢坂剛『小説家・逢坂剛』(東京堂出版)

・新聞小説のリズム

《スペインを舞台にした、複雑な構成の小説だったこともあって、目を通さなければならない資料が多く、神経をつかう。ウイークデーの夜は、そうした調べものや小説雑誌の短編、エッセーの仕事にあて、新聞小説の執筆は長時間集中できる、週休二日の土曜と日曜だけと決めた。その二日間に、一週間分を書いて渡すのである。
 開始後しばらくすると、このやり方が流れに乗り出した。執筆が、会社の業務に支障をきたすこともなく、また会社の業務に執筆を妨げられることもなく、気持ちよく仕事を進めることができた。》(p.161)

《ときどき、毎日書く新聞の連載は週刊誌よりきついでしょう、と聞かれることがある。しかし、わたしの場合どちらの仕事も週末の二日間に、一週間分の仕事をするやり方なので、両者の間にたいした違いはない。むしろ、新聞の方が一回分三枚強と量が少なく、微調整ができるので楽なような気がする。
 週刊誌は、おおむね十六枚から十七枚と決まっていて、増減の幅が前後五行ずつくらいと少ないため、細かい調整がしにくい。その点新聞は、もう少し書き込みたいと思ったときなど、三枚くらいはすぐに増やしたり、逆に減らしたりもできるので、調整がしやすいのである。》(p.162)

|

2011.07.05

▽『努力しないで作家になる方法』

鯨統一郎と言えば、いわゆる「バカミス」の第一人者だが、小説家になるまでを描いた自伝風小説『努力しないで作家になる方法』(光文社)を発表した。

・高校時代のノルマ
《高校の時には、寝る前に新潮文庫を、最低、十ページ読むことをノルマにしていた。これが馬鹿にならない。
 僕は新潮文庫に入っている本を、一作家一冊と決めて読み進めた。》(p.69)

・小さな数を馬鹿にしない
《少ないときは一日二枚。多いときで六枚。平均すれば一日四枚。……僕は小さな数を馬鹿にしない。一日四枚だと、土日を休んだとしても週に二十枚書ける。一ヶ月で八十枚。四ヶ月経てば長編が一本、完成する。》(p.187)

・テーマの選び方
《得意分野、極めた職業のない僕のテーマの選び方は、興味のある分野を選ぶという方法だった。得意ではない、詳しくはないけれど、興味がある。だからそのことを勉強して、書いているうちに得意分野にしてしまおうという発想だ。》(p.244)

|

2011.05.16

▽神山健治の映画は撮ったことがない

神山健治『神山健治の映画は撮ったことがない 映画を撮る方法・試論』(STUDIO VOICE BOOKS)

《端的にいうと、大嘘の難しさですね。ちゃんと時間にもまれないと、嘘の強度ってなかなか生まれないんですよ。……自分がついた嘘が自分の中で本物に思えるようになるまでには、繰り返しそのウソについて考える必要があって。そうでないと、どっかでブレーキがかかって、中途半端になるんですね。》

|

2011.05.06

▽『ナイロビの蜂』

『ナイロビの蜂』

『ナイロビの蜂』という映画を見ました。見るきっかけとなったのは、アニメ監督の神山健治が好きな映画として上げていたからです。

神山健治『神山健治の映画は撮ったことがない~映画を撮る方法・試論』(STUDIO VOICE BOOKS)

《構造としては『機動警察パトレイバー 劇場版』とかと同じ犯人探しの構造で、主人公が事件を追って妻の行動を追体験することで、裏テーマが浮かび上がってくるものになっている。》(p.127)

原作はスパイ小説でお馴染みのジョン・ル・カレ、監督はブラジルの少年ギャング団の抗争を描いた『シティ・オブ・ゴッド』で知られるフェルナンド・メイレレス。

外交官の夫とジャーナリストの妻。妻はナイロビで暗躍する製薬会社の闇を暴こうとするが、何者かによって殺害される。その死の謎をとこうと外交官の夫が、妻の足取りを追う――というストーリー。

事件そのものの構図や映画のプロットは、ありがちな展開のような気もしますが、夫の視点で妻の行動を追体験していく際の見せ方はとても良くできていたと思います。

|

2011.01.04

▽ガイナックスの歴史をたどる

▼岡田斗司夫『遺言』(筑摩書房)

『遺言』は、岡田斗司夫が、新宿ロフトプラスワンでやっていた自分について語るイベント『遺言』を書籍化したものである。学生時代の活動からガイナックスにおける創作や経営についてまで、「遺言」と呼べるほどに、詳しく語っている。

面白かったのは絵かきの力関係について語ったくだり。

《「うちには、貞本君って奴がいるんですけど、コイツが作画監督なんです」と言って貞本の絵をみせると、かなりのベテランでも「やらせていただきます」ってなるんです。
 面白いことに、絵かきは自分より絵がうまい奴に頭が上がらないという習性があるんですね。ちょっと犬科の動物っぽい習性ですね。一瞬で勝ち負けが決まって、負けたら「はい」っていうんですよ。》(p.198)

負けたと言わなかったのは、江川達也と、大友克広の二人だけだったという。

▼堀田純司、GAINAX『ガイナックス・インタビューズ』(講談社)

『ガイナックス・インタビューズ』は、講談社のウェブ現代2年にわたって連載された「あなたとわたしのGAINAX」という連続インタビューをまとめたもので、庵野秀明、山賀博之、赤井孝美、貞本義行、鶴巻和哉など、ガイナックスの主要なクリエイターにじっくりと話を聞いている。

武田康廣(ガイナックス取締役・統轄本部長)
庵野秀明(映画監督)
摩砂雪(演出家、アニメーター)
貞本義行(キャラクターデザイナー、漫画家)
大月俊倫(キングレコード常務取締役、プロデューサー)
佐藤裕紀(ガイナックス取締役、プロデューサー)
大塚雅彦(演出家)
樋口真嗣(映画監督)
村濱章司(GDH代表取締役会長、プロデューサー)
神村靖宏(ガイナックス統轄本部次長)
鶴巻和哉(監督、アニメーター)
平松禎史(演出家、アニメーター)
赤井孝美(イラストレーター、ゲームディレクター)
渡辺繁(バンダイビジュアル専務取締役、プロデューサー)
山賀博之(映画監督)

▼武田康広『のーてんき通信―エヴァンゲリオンを創った男たち』(ワニブックス)

『のーてんき通信』は、ガイナックス取締役の武田康広が、クリエイターやプロデューサーとは異なる視点から、ガイナックスの歴史を語っており興味深い。

|

2011.01.03

▽森雅裕の小説の創作過程

森雅裕『推理小説常習犯―ミステリー作家への13階段+おまけ』(講談社プラスアルファ文庫)

・資料集め
《まず、資料は執筆にかかる数年前から蓄積しておく。はっきりした目的はなくとも、これはいつか使えそうだなという資料には普段から探索テンテナを立ててあるのだ。》

・次作の構想
《僕には複数の小説を同時進行させる能力がないので、かかえているのは常に一本きりだが、これが終わりに近づくと、次作の構想を練り始める。一本がかたづくと、本腰を入れてプロットを作る。それに合わせて、資料探しも本格化する。》

・資料について
《すでに書いたことだが、資料(本やビデオなど)を無条件に信用することは厳禁である。取材協力者のいうことも同様だ。専門分野となるといろんな意見が対立していることもあるし、事件の目撃者にも記憶違いがある。できるだけ多くの資料、人物にあたってみる。正確を期すためにはそれしかない。》

・下書き開始
《資料を整理分析しつつプロットもできたところで、下書きにかかる。一応最後まで書くが、百五十枚から二百枚程度である。これに何回もの加筆訂正を繰り返し、最終的に四百枚から六百枚程度の完成原稿とすることは以前も書いた。この間、およそ半年から十カ月。》

・完成の一歩手前
《舞台となる場所が遠方の場合は、完成の一歩手前で取材に出かける。本当は執筆前に出かけてイメージを作り、執筆後にまた出かけて確認すると最良なのだが、そんな経済的余裕は僕にはない。一回きりなら、完成直前の方が間違いがない。》

・完成
《取材協力者にもこの時期に会う。というのは、予想もしなかったいろんな疑問が執筆中に山積みされるので、それらをまとめて質問に行くのである。僕は人づきあいが苦手だし、相手を何度も煩わせては失礼だと思うので、原則として一度きりを心がけている。もっとも、なかなか一度ではかたづかず、結局は何度も訪問することになるが。
 こうして原稿は完成する。》

・校正
《初校ゲラを返すと、この赤字に従って訂正された再校ゲラが三週間ほどで出てくる。また二週間ほど預かり、訂正されているかどうかを引き合わせる。初校ゲラのコピーもまた僕は控えているのである。無断で書きかえられている場合もあるので、慎重に読み返す。》

・出版後
《見本が出て一週間で書店に並ぶ。
 これで終わりではない。文庫化されると、また僕は大幅に書き直す。これだから量産はできない。しかし、創作の喜びは大きい。世の中は金がすべてではない。》

|

2010.12.08

▽『閉ざされた森』

『閉ざされた森』

閉ざされた森(原題:BASIC)のあらすじ
http://movie.goo.ne.jp/movies/p34327/story.html
《パナマの米軍クレイトン基地から訓練に出たレンジャー隊が、嵐の森で行方を絶った。17時間後、3名が発見されるが、彼らはなぜか味方同士で撃ち合い、捜索ヘリの目の前で1名が殺された。救助された2名のうち、ひとりは重傷、ひとりはオズボーン大尉の尋問に対してかたくなに黙秘を続けている。》

何かの時に見かけて面白そうなストーリーだなと思っていたのですが、ようやく見ることが出来ましたが……面白かった! 

監督は、「ダイ・ハード」「レッド・オクトーバーを追え!」のジョン・マクティアナンですが、二転三転するストーリーで新たな代表作が加わったといえるでしょう。

|

2010.12.04

▽『少年メリケンサック』

▽『少年メリケンサック』

録り溜めてあったビデオを処分しようかと思いつつ、宮崎あおいが出てるから見てみようか、と思って見たら、なかなか面白かった。気になってネットで調べてみたら、監督・脚本が宮藤官九郎か、なるほど。

ただ、ちょっと気になったのはパンク=暴力みたいなくくりが、ちょっと短絡的かな、というのと、映画とはいえメリケンサックで殴るシーンは痛そうで見るのがツラかった(笑)。

|

«▽『踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ!』