« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005.02.18

【3GSM】ザイとデクマ

●ザイ・コーポレーションのメニュー管理ソフト『Qix』(クイックス)。

Zi

操作したいメニューを横断的に探し出せるソフトで、たとえば「VO・・」という操作を行いたい場合に、「V」の含まれる「8TUV」のキーを押し、さらに「O」の含まれる「6MNO」のキーを押すと、その文字を含むメニューがあらわれる。「UN・・・」という操作も含まれてしまいますが、3つ目のキーを押せばさらに絞り込んでいくことができます。

●デクマの手書き認識ソフト

Decma

ザイの参加に収められたデクマのUIQ対応の手書き認識ソフト。中国版の開発は、ほぼ終了したとのこと。日本語版も、そろそろ・・・。

| | コメント (0)

【3GSM】UIQ 3.0

UIQも3.0を発表しました。1つのソースコードで、縦型、横型、ペン入力に対応可能となったとのこと。

Penbasedui2

Ocp3a

Landscapea

| | コメント (0)

【3GSM】Series 60 3rd Edtition

Nokiaが、Series 60 3rd Edtitionの概要を発表しました。ウェブキャストはこちら。

http://www.rawcoms.com/content/corporate/nokia/050214/index.html

この中で、Series 60端末として中国レノボの『P930』と英センドの『X2』が紹介されています(いずれも2nd Edition)。

●中国レノボの『P930』

P930

中国レノボの『P930』のすごいところは、Series 60にもかかわらず、独自ソフトを開発して、中国語の手書き認識が可能となっていることです。

●英センドの『X2』

Sendo_x2

英センドの『X2』は、MP3プレイヤーを内蔵し、側面に、音楽専用のボタン
|< ∥< >|
がついています。

| | コメント (0)

【3GSM】ノキアの『6680』

14日から、フランスのカンヌで、"3GSM World Congress"というイベントがありました。

ノキアが、W-CDMA端末『6680』を発表しました。Symbain OS(Series 60)
日本でも発売する予定で、価格は500~600ユーロ(6万8000円~8万1000円)。

【3GSM World Congress 2005 Vol.1】ノキアが3G/GSM端末の『Nokia 6680』を発表――音楽ファイル再生でマイクロソフトと提携
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/news/2005/02/3gsm-world-cong.html

ビデオ・シェアリングという機能は、普通のテレビ電話と異なり、音声での会話中に、背面のカメラで映した映像を、送信したり、中断したりできる機能です。

| | コメント (0)

2005.02.04

Symbian OS v9発表

Latest version of Symbian OS targets smartphones for mass market
http://www.symbian.com/press-office/2005/pr050202.html

Symbian OSの新バージョンが発表されました。メガピクセル・カメラ、3Dグラフィックスの強化、異なる画面サイズのサポート、マルチ・スクリーン機能など、主にグラフィックスの機能が拡充されました。

| | コメント (0)

2005.02.03

UIQとi-mode

2日、UIQ Technologyのヨハン・サンドバーグ(Johan Sandberg)CEOに、話を聞く機会がありました。UIQは、シンビアンのユーザー・インタフェースの1つでソニー・エリクソンの『P900』などに採用されています。

Uiq

ヨハン・サンドバーグCEOの話
・UIQの日本語版は、いずれ出るだろうが、いつになるかは言えない。
・日本の携帯電話メーカーと、UIQの採用について、話し合いを持っているが、UIQ対応の携帯電話が、どこのメーカーから、いつ出るか、については言えない。
・すでに発表しているが、日本のソフト・メーカーと提携している。
・1社は、デクマで、日本語と中国語の手書き認識ソフトに関し提携した。特に、中国では、手書き認識ソフトの需要が高い。
・もう1社は、アクセスで、ブラウザー"NetFront"とi-mode関連技術の提供に関して提携した。

| | コメント (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »