« 2005年4月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005.06.20

デクマの中国語の手書き認識ソフト

デクマの中国語(簡体字)の手書き認識ソフトは、これまでは、OEM供給のためプリ・インストールされたものしかなかったのですが、これからはダウンロードサイトから購入して、ユーザーがインストールすることもできるようになったとのこと。対応機種は、ソニー・エリクソンの『P910』の中国版など。

Zi opens up Chinese handwriting recognition market with download technology at CommunicAsia next week
http://www.zicorp.com/pressreleases/061005.htm

| | コメント (0)

シンビアンの新しいCEO

シンビアンの新しいCEOとして、ナイジェル・クリフォード(Nigel Clifford)氏が任命されました。

Symbian appoints new Chief Executive
http://www.symbian.com/news/pr/2005/pr20051942.html

| | コメント (0)

2005.06.19

ノキアの新戦略

ノキアが、経営戦略の説明会"Nokia Connection 2005"を開催しました。
・ハイエンド市場と、アジア・アフリカなどの新興マーケット、それぞれに適した製品を発売する。
・ハイエンド市場向けには、Symbianを搭載した端末で、ビデオカメラや
音楽プレイヤーなど、それぞれの機能に特化したスマートフォンを発売する。

【Nokia Connection 2005 Vol.1】ノキアが新戦略を披露――「ハイエンドと新興マーケットを同時に攻略する」
http://k-tai.ascii24.com/k-tai/news/2005/06/15/656416-000.html

【Nokia Connection 2005 Vol.2】ノキア、最新携帯電話を展示――CDMA 1x対応製品からLinux搭載PDAまで多数登場!
http://k-tai.ascii24.com/k-tai/news/2005/06/16/656451-000.html
http://k-tai.ascii24.com/k-tai/news/2005/06/16/656451-001.html?

また、Linux搭載の携帯電話ではないインターネット端末『Nokia 770 Internet Tablet』も発表しています。いろいろと憶測を読んでいますが、無線LANを使用したIP電話の普及に備えて、試験的に発売されるもののようです。あと、Linuxなどのオーブン・ソースの世界で、ノキアの存在感を強めておこうという狙いもあるようです。

| | コメント (0)

BenQがシーメンスの携帯電話事業を買収

台湾のBenQが、シーメンスの携帯電話事業を買収しました。
・買収額は、課税前価格で3.5億ユーロ(460億円)。
・シーメンスは、BenQの株式を5000万ユーロ(6億円)購入する。
・本部はミュンヘンで、シーメンスの従業員6000人を引き継ぐ。
・買収は9月までに完了する。
・BenQは、今後5年間、シーメンスのブランドを使用できる。

シンビアン端末では、これまでBenQはUIQを、シーメンスはSeries 60を採用していたのですが、買収後は両方のラインナップが出ることになるのでしょう。

| | コメント (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年7月 »