2005.11.07

ロンドンより、こんにちわ

こんにちわ、初めまして。 英国ロンドンで、フリーランスのジャーナリストをしています安藤怜(あんどう さとし)と申します。このたび、オルタナティブ・ブログに参加させていただくことになりました。

私は、この「オルタナティブ・ブログ」が始まった時には、一読者として、かなり注目をしていました。 というのも、10くらいのジャンルにわけた各分野を、編集者的センスのあるジャーナリストに担当させることで、それぞれ専門性のある独自ニュースや、ニュースの解説などが、編集者を介さずに次々とアップされ、一つのニュース・メディアとして立ち上がるのではないかと思ったからです。

しかし、こちらのブログも始まった当初は、ジャーナリストの方のエントリーもあったのですが、次第に、企業協賛の方やITメディアの編集部の方のエントリーが中心となってきているようです。これは、なぜなのでしょうか? ジャーナリストやライターというのは、やはり編集者がいないと仕事ができないものなのでしょうか?

インターネットの掲示板やブログが普及して以降、ビジネスやスポーツなど他の分野で活躍されている方の意見が、そのまま読めるものに人気が集まっているようで、文筆を業とするものは、なんだか肩身が狭くなっているように感じられます。

しかし、そうは言っても、まだまだ生き残る方法はあるのではないか? なんてことを思いまして、そして、その方法を模索するために、こちらのブログに参加させていただくことにしました。

そんなわけで、ゆるゆるとおつきあいの程、よろしくお願いします。


|

CGM」カテゴリの記事

コメント

安藤さとしさん、初めまして。?勝手にレイさん=女性だと想像していました。イギリス発の新鮮な情報を楽しみにしています。数ある都市の中でロンドンを選ばれた理由はなんだったのですか?

投稿: midori | 2005.11.07 20時09分

この記事へのコメントは終了しました。

« ノキアの新しいゲーム戦略 | トップページ | イギリスの英語 »