2005.12.21

ウィキペディア考-2-

iTmediaにウィキペディアに関して、新たな記事が掲載されました。

「Wikipedia、科学分野では正確」――Nature誌が調査
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0512/15/news070.html

科学専門誌ネイチャーが、各分野の専門家に、ウィキペディアとブリタニカ百科事典の評価を依頼し、回答を得られた42の項目について調べたところ、ウィキペディアは平均で4カ所の間違いがあり、一方、ブリタニカ百科事典では3カ所だったことがわかったそうです。つまり、ウィキペディアの信頼性は、ブリタニア百科事典と同レベルであることがわかりました。

この記事の元になったネイチャー誌の特集はウェブで公開されています。

Internet encyclopaedias go head to head
http://www.nature.com/nature/journal/v438/n7070/full/438900a.html

これによると、信頼性以外の点での意見として、特に「読みやすさ」という点について、ウィキペディアは「構成が貧弱で、混乱している」という指摘が多かったそうです。

また、下記のコラムの後半では、ある科学者が、"climate-change"に関連するトピックで、2人の懐疑派と2年間にわたり編集合戦をくりひろげたことが紹介されています。最後は、ウィキペディアの管理人の裁定により、懐疑派の2人が6カ月間編集禁止に。また、当の科学者も6月間1日に1項目しか編集できないという裁定がくだったそうです。

Challenges of being a Wikipedian
http://www.nature.com/nature/journal/v438/n7070/box/438900a_BX1.html

あと、学術的なレベルでは、出典や文責の曖昧な文章は引用できない、要するに「使えない」ので、そういう意味での限界はウィキペディアには、あると言えます。入門レベルで、何かを知りたい時には、とても便利なんですけどね・・・。


|

CGM」カテゴリの記事

コメント

Wikipediaってサイトがどういう仕組みで成り立っているのか読む方が知っていれば、なんの問題もないですよね。ネットに書いてあることを無条件に信じてしまう人の方が問題だと思う。

投稿: 匿名 | 2005.12.21 12時33分

Nautre はイギリスの雑誌では?

投稿: nature | 2005.12.21 16時47分

Natureってアメリカの雑誌なんですか?Scienceがアメリカで、Natureはイギリスだと思っていたんですが。出版元のMacmillanはイギリスだし。

投稿: a researcher | 2005.12.21 19時10分

ご指摘ありがとうございます。「アメリカの」を削除しました。

ところで、ウィキペディアですが、虚偽投稿対策として、投稿の精度を確認してから公開する「遅延公開」システムを導入するというニュースも報じられています。

[WSJ] Wikipedia、1月に「遅延公開」システム開始
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0512/21/news046.html

またネイチャー誌の記事の中で、「専門家が、もっとウィキペディアに参加すれば、記事の質が上がる」という期待も表明されていましたが、では専門家にとって、ウィキペディアに参加するメリットはどれくらいあるのか、という問題もありますよね。

投稿: 安藤怜 | 2005.12.22 07時35分

Wikipediaも広告を導入して、その得られたお金で専門家に編集を依頼する、といったビジネスモデルは成り立たないもんなんでしょうかね。実際可能であればすごく面白いことになりそうです。

投稿: ds | 2005.12.22 09時35分

つまり専門家がまとめた資料集があればいいだけで、
結局wikipediaはもうちょっとかなと思います。
やっぱりオフラインメディアもいいものですよ。
百科事典や現代用語集などなど。

投稿: とおりすがり | 2005.12.22 10時22分

でも普通の百科事典と同じになったら意味がないですよね。Wikipediaは情報量の多さだけじゃなく、普通のメディアが書きにくいことも載っているのが魅力ですから。間違い情報もありますが。

投稿: 匿名 | 2005.12.22 12時04分

Wikipedia に有益な情報が大量に集まっているのは事実ですが、内容に対する編集責任・説明責任を負わない以上、「信頼できるメディア」にはなりえないでしょうね。ある意味、2ch 的:-) 信頼性はブリタニカとたいして変わらないという報告もありましたが、問題は正しい情報ではなく、間違った(あるいは嘘の)情報でしょう。普通のメディアには「悪意の嘘」が載ることはないのに対し、Wikipedia にはこれを完全に防ぐ手立てが(今のところ)ないようですしね。まあ、実際には大手メディアでも「悪意の嘘」が載ることもあるわけですが、一応、責任問題になったりしますからね。どこかで記事の執筆に「Wikipediaを引用先とするのは禁止」という話もありましたが、もっともだと思います。

投稿: mohno | 2005.12.22 23時27分

この記事へのコメントは終了しました。

« 『マネーの虎』英国版 | トップページ | ロンドンのクリスマス »