2006.09.29

フランスでプリペイドのSIMカードを買うと・・・

こんどはフランスのパリで、プリペイドのSIMカードを買った話です。動き出したのが、用事の終わった平日の午後6時すぎのこと。お店が閉まる時間なので、いろいろ見て回るわけにもいかず、宿泊先のホテルから歩いていける新凱旋門のショッピング・センターに。

Fnacの入っているビルに入ると、まず、ボーダフォン系のSFRのショップが目についたので、そこで値段を聞いてみると「5ユーロの通話料金つきで30ユーロ」。しかも、パスポートなどのIDと住所を届ける必要ありとのこと。ドイツのフランクフルトでは、やや怪しげなショップで20ユーロで買えたし、その時はパスポートも見せる必要はありませんでした。

また、イギリスでは、過去に2回SIMカードを買ったことがありますが、怪しげなショップでTモバイルのカードを買ったときは5ポンド(1000円)、ボーダフォンのショップで買ったときは10ポンド(2000円)でした。どちらも身分証の提示は必要ありませんでした。

それで、せっかくフランスに来たのだから、地元のオレンジのSIMカードを買うことにしてFnacの中にある携帯電話ショップに。ここでも30ユーロで、パスポートの提示を求められました。また、住所も伝えなければなりませんでした。といっても、ホテルの名前を言っただけでOKでしたが。

そして、Fnacを出た後、ホテルの近くの雑貨屋でチャージをしたいと言ってお金を払うと、14ケタの番号が書かれた領収書を渡されました。フランス語で書かれたマニュアルをにらむと、どうやら「224」にかけろと書いてあるようです。「224」にかけると、「ボンジュール」と挨拶した後に、なにやらフランス語で説明してくれるのですが、ちんぷんかんぷん。説明が終わった後に、14ケタの番号を入れればよいのだろうと思うのですか、いくらやってもうまくいきませんでした。やむをえず、ホテルのボーイさんに助けてもらいましたが、私が何を間違えていたのかはわからずじまい。あっちいったり、こっちいったりで、リアルで、ロール・プレイング・ゲームをやっているような感じです。

London_075 ただ、フランスのオレンジって、プリペイドの残額に使用期限が設定されていて、たとえば15ユーロだと1カ月以内に使わなければならないようです。最大で6カ月有効なのですが、それは100ユーロ(50ユーロおまけつき)の課金を一度にした時だけのようです。イギリスやドイツは6カ月有効ですので、フランスのオレンジは、プリペイドの携帯電話は、あまり使い勝手がよくないのかなとも思います。


|

携帯電話」カテゴリの記事