« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.28

勝手にノベルティ ブログ『英オレンジの歩くおもちゃ』

London_102イギリスの携帯電話キャリア、オレンジがTVCM用に作った歩くおもちゃが、とても好評だったことから、10万体製作し、ショップで配布しました。チャリティとして、1ポンド以上の寄付を行うともらえるのですが、10万体は、あっという間に、配布されてしまったそうです。

http://shop.orange.co.uk//flash/snow/banner_LMen_v4.swf



London_103_1

|

2006.12.26

クリスマス休暇の違い・・・なぜアメリカでは新年早々CESを開催するのか?

12月26日、つまりクリスマスの翌日はボクシング・デイと呼ばれ、イギリスや英連邦では、公休日となります。26日が日曜日の場合は、27日がボクシング・デイとなります。イギリスでは、12月10日くらいからクリスマス・モードに入り、年明けまで、だらだらと開店休業状態が続きます。

ところが、どういうわけかアメリカでは、ボクシング・デイが無くて、26日から仕事を始める人も多いようです。アメリカでは、11月下旬のサンクス・ギビング・デーから、冬季休暇が始まって、クリスマスとともに終了し、仕事を再開するというパターンが一般的なようです。

アメリカでは、年明け早々に、CES(Consumer Electronics Show)というエレクトロニクス関連の大規模なイベントが開かれます。日本人やイギリス人の感覚からすると、「なぜこんな時期に開催するんだろう?」と思うのですが、アメリカ人にとっては、この時期は、もう冬休みは終わっているわけです。

| | コメント (2)

2006.12.24

「12月25日は、キリストの誕生日ではない」らしい

12月25日は、キリストの誕生日として祝われていますが、正確な記録は残っていないそうです。

帝政ローマ時代に、キリスト教が国教として採用された時、それまでのローマは太陽神をあがめており、その太陽神の誕生日が冬至の日だったので、キリストの誕生日も、それにあわせた、という説を聞いたことがあります。

もし詳しい方がいらっしゃったら、ご教授いただけますと幸いです。

| | コメント (1)

2006.12.23

女王陛下のポッド・キャスト

毎年クリスマスには、エリザベス女王が、国民に向けてメッセージを放送するのですが、今年は、テレビ・ラジオのほかに、ポッドキャストでも配信することになりました。

英国「ポッドキャストの女王」がクリスマスメッセージ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/22/news036.html

いやしかし、今年のクリスマス休暇は家でおとなしくしている、という「負け組」モードだったのですが、濃霧による空港の混乱ぶりをテレビで見ていると、どういうわけか「勝ち組」になった気分です(本当は、同情しているんですけどね)。

|

2006.12.21

霧のロンドンエアポート

面白かったなぁ、あれ・・・。えー、ロンドン・ヒースロー空港をはじめとする多くの空港が、濃霧のため、20日の午後から、運行を休止しました。今後も、濃霧は続くと見られていますので、クリスマスをロンドンで過ごそう、という無謀なことを考えている方は、ご注意を。

ロンドンというと「霧の都」というイメージがあるのですが、ここ数年、霧で空港が閉鎖されるなんてことはなかったように思います。ですから、むしろ、ここ数日の濃霧の方が、珍しいことである、ということができますね。

|

2006.12.19

連続殺人の容疑者がMySpaceのユーザーだった・・・

イギリスのサフォークで、5人の女性を殺害した容疑で、37歳の男性が逮捕されました。イギリスの新聞・テレビでは、この事件について連日報道していますが、このxxx xxxxxxxx容疑者は、MySpaceに自分のプロフィールを掲載していたことでも話題となっています。下記の記事では、容疑者がMySpaceにアップした写真も掲載されています(写真は削除されました12.23追記)。

http://www.guardian.co.uk/suffolkmurders/story/0,,1974747,00.html

すでにアカウントは削除されていますが、MySpaceでは、自分のことをThe Bishopと呼んでいたそうです。

ただ、日本で、こういうマスコミの注目度が高い事件が起きた場合は、逮捕は、ほぼ有罪を意味するのですが、イギリスの場合は、逮捕して事情聴取の後、無罪放免されることもままあります。

このMySpaceに掲載されていた、The Bishopのふざけた写真を見ていると、寂しがり屋のおじさんが、目立ちたいがために、真犯人のような素振りや言動をしていたことから、逮捕されたんじゃないのかなぁ、とも思ったりもします・・・。実際、警察では、他の容疑者の線でも捜査を続けているようです。

この事件は、イギリス社会の影の部分を映し出すもので、5人の被害者はすべて、いわゆるストリート・ガールでした。そして、そういう世界に足を踏み入れたきっかけが、ヘロインなどの薬物を買うお金を稼ぐためだったそうです。

イギリスは、ここ数年、ずっと好景気が続いていて、金融街シティで、ものすごい額のボーナスが支給されたというニュースは、日本でも報じられたと思いますが、その一方で、こういう現実もあるのだ、と、いまさらながら思い知らされた事件です。

[12.23追記]結局、2人目の逮捕者が起訴されましたので、最初の逮捕者の名前を伏せ字にしておきます。今回の事件では、イギリスのマスコミも加熱気味で、いろいろと問題が発生しています。

・起訴されていない段階で、実名報道してしまった

・1人目の逮捕者が、MySpaceに掲載していたプロフィールや写真を無断で使用した

・起訴されたとしても、イギリスでは陪審制度をとっているため、裁判に影響を与えるような報道をしてはならないのに、行っている

などです。

|

2006.12.13

モバイルTV「ブロードキャストとユニキャストが共存する」

Mtv_001イギリスのケンブリッジで、4-5日に開催された携帯電話関連の技術カンファランス"Wireless Developper Forum UK 2006"では、EricssonのJohn Culiffe(CTO, Ericsson Market Unit North Western Europe)氏が、モバイルTVについてのプレゼンテーションを行いました。



Mtv_002同氏は、「モバイルTVとは、テレビをモバイル・ユーザーに提供するものであって、モバイル・デバイスに提供するものではない」と強調します。携帯電話ユーザーにとって必要なモバイルTVとは、<1>すでに存在しているテレビ番組を見る、<2>オン・デマンドのコンテンツをユーザーが時間を決めてみる、の2つに分けられます。



Mtv_003この2つのうち、<1>は従来からあるブロード・キャスト、<2>はIPネットワークを介したユニ・キャストがふさわしいとしています。ユニ・キャストはロング・テールのしっぽの部分、ブロード・キャストはロング・テールの頭に相当します。



Mtv_004ユニ・キャストとブロード・キャストには、それぞれメリット、デメリットがあり、補完関係にあると言えます。特にユニ・キャストは、ネットワークのキャパシティによってアクセスできるユーザー数に限界が生じてしまいます。



Mtv_005HSDPAでは、ユーザー一人あたり1日30分間ユニ・キャストを利用するという前提でも、契約者の50%程度しか利用できないようです。そのため、ユニ・キャストの普及には、HSPAやLTEへの移行が前提となるようです。



[告知]
Wireless Developper Forum Barcelona 2007
12-15 February 2007, Hotel Barcelo Sants, Barcelona
www.wirelessdeveloperforum.com/Barcelona

Wireless Developper Forum Beijing 2007
April 2007, Beijing, China
www.wirelessdeveloperforum.com/china

|

ロンドンのソニエリ・ショップに行ってきました

London_100_1英ソニー・エリクソンが、11月末にロンドンにオープンしたショップに行って来ました。Kensington High Streetという、私なんかは、普段はあまり行くことの無い高級商店街にあります。

ソニエリ・ショップは、Kensington High Streetという地下鉄の駅を出て、すぐのところにあります。通りの並びには、英ボーダフォンなどの携帯電話キャリアのショップもありますが、これらと比べても、間口も大きくかなり目立ちます。

London_101ショップの中もかなり広々としていて、ウォークマン携帯電話を初めとして、現在販売中の端末やアクセサリー類が、ほぼすべて展示されています。何より実機をさわることができるのが素晴らしい。

このショップは、英ソニー・エリクソンの直営かと思ったのですが、実は、携帯電話販売の専門店であるCarphone Warehouse(カーフォン・ウェアハウス)によって運営されています。そのため、携帯電話の購入にあわせて、その場で携帯電話キャリアとの契約もできます。

イギリスにおいて、Carphone Warehouseが携帯電話の普及に果たした役割というのは、とても大きく、数年前までは、Carphone Warehouseで携帯電話を買うと、SIMロックのかかっていない携帯電話を取り出して、その場で契約したキャリアのSIMカードを入れて渡してくれました。それが、だんだんとイギリスの携帯電話キャリアも日本のビジネスモデルを真似るようになって、SIMロックのかかった携帯電話を、自社のブランドを冠したショップで販売するようになりました。

最近になって、英ボーダフォンは、Carphone Warehouseで携帯電話を販売することを止めてしまいました(ヨーロッパの他の国では継続していますが)。その理由は、Carphone Warehouseが、ブロードバンド・サービスを開始したことが、同じようにブロードバンド事業を始めた英ボーダフォンの利益に反するため、としています。

というわけで、このCarphone Warehouseが運営するソニエリ・ショップでも、契約できる携帯電話キャリアの一覧には、英ボーダフォンは含まれていませんでした。もちろん、英ボーダフォンのショップに行けば、ソニエリの携帯電話は買うことはできますが。

|

2006.12.09

ハチソンUKのSeeMeTVは、儲かっているらしい

イギリスで"3"というプランドで3G携帯電話サービスを提供しているハチソンUKなんですが、"SeeMeTV"というビデオ投稿サービスが好評のようです。

"Wireless Developper Forum UK 2006"で、成功事例の一つとして紹介されたのですが、この"SeeMeTV"というのは、"3"の携帯電話ユーザーが30秒間のビデオ・クリップをサーバーにアップロードして、他の"3"のユーザーに見てもらう、というものです。ユニークなのは、ビデオの視聴者は閲覧料として"3"に対して一定額を支払いますが、ビデオが閲覧されるごとに、"3"は、0.01ポンド(1ペンス=約2円)を、ビデオをアップロードした人に支払う点です。

3 launches See Me TV – the ultimate reality mobile TV channel
http://www.three.co.uk/news/h3gnews/pressnewsview.omp?collcid=1019745742912&cid=1129202533653&index=2

London_099_1Ericsson, Business Innovation ManagerのMark Jefford-Baker氏によると、この"SeeMeTV"のサービスは、2005年10月から2006年9月までの間にトータルで1200万回ビデオクリップがダウンロードされ、その売り上げは120万ポンド(2億7000万円)にのぼったそうです。また、ビデオをアップロードした人に対しては、総額で25万ポンド(5700万円)が支払われたそうです。

ビデオをアップロードした人がどれくらいいたのかはわかりませんが、目立ちたいという気持ちとちょっとした小遣いを稼げる、という2つのインセンティブが効果的だったのかもしれませんね。

|

".mobi"(ドット・モビ)って知ってますか?(補足)

前回のエントリーで、".mobi"について肝心なことを書き忘れてしまいましたので、補足します。

それは何かというと、携帯電話から、サーチエンジンを使ってキーワード検索した際に、結果一覧において、".mobi"に対応しているサイトは、".mobi"のアイコンが表示されるようにする計画がある、ということです。このアイコン表示により、うっかりPCサイトを開くことは無くなる、というわけです。

この".mobi"のプロジェクトに、グーグルやマイクロソフトが参加しているのは、そういうわけなのです。

|

2006.12.08

".mobi"(ドット・モビ)って知ってますか?

先月末にアムステルダムで開催されたNokia Worldのイベント・ガイドに、"nokia.mobi"というURLが記されていて、「なんだこれは?」と思っていたのですか、その疑問が、"Wireless Developper Forum UK 2006"で解けました。

".mobi"というのは携帯電話用のインターネット・ドメインのことで、アイルランドのmobile Top Level Domain(略称mTLD、通称DotMobi)が管理するもので、すでに5月から受付を始めているそうです。このDotMobiは、ノキアやエリクソン、ボーダフォンやT-モバイル、マイクロソフトやグーグルなど欧米のIT企業が出資しています。

携帯電話でインターネットにアクセスするユーザーの数は増えつつありますが、ウェブ・サイトの多くは、PC向けのサイトなのか、携帯電話向けサイトなのか、アクセスするまでわからない、という欠点がありました。また、携帯電話向けサイトでも、bbc.co.uk/mobile   guardian.co.uk/pda   wap.nytimes.com と、サイトごとに携帯電話向けであることを示すURLが異なっているというのが現状です。これらの問題は、携帯電話向けのサイトは、すべて".mobi"に統一することで解決できるはず、という考えに基づいて".mobi"の活動は進められています。

London_098DotMobi, Director of developer initiativesのRonan Cremin氏は、".mobi"について「レストランに入る前に、ドアのところに貼ってあるクレジット・カードのシールを見て、自分のカードが使えるかどうか判断することができます。".mobi"は、アクセスする前に、携帯電話向けのサイトであることを容易に判断できるというメリットがあります。".mobi"が普及すれば、重たいPC向けサイトをうっかり開いてしまう、ということは無くなると思います」と説明しています。

".mobi"では、頭に"www."をつけなくても良いので、携帯電話でも簡単に入力できるそうです。有名なところでは、"bmw.mobi"がすでに開設されています。欧米の携帯電話関連企業は、インターネットに接続する主なデバイスは、数年以内にPCから携帯電話に移行すると見ていますが、はたして".mobi"は普及するのでしょうか?

[告知]
Wireless Developper Forum Barcelona 2007
12-15 February 2007, Hotel Barcelo Sants, Barcelona
www.wirelessdeveloperforum.com/Barcelona

Wireless Developper Forum Beijing 2007
April 2007, Beijing, China
www.wirelessdeveloperforum.com/china

| | コメント (3)

2006.12.05

隠れたシェア・トップ企業"ARM"

イギリスのケンブリッジで、4-5日に、携帯電話関連の技術カンファランス"Wireless Developper Forum UK 2006"が開催されました。4日には、Forum Nokiaや「ブラック・ベリー」のRIMがセッションを行ったほか、イギリスの組込用プロセッサ・メーカーのARMもプレゼンテーションを行いました。

このイベントは、技術者のための交流会という側面が強いため、特に新しい発表などはありませんでしたが、ARMのシェアについて知った時は、ちょっとびっくりしました。というのも、ARMのプロセッサ・コアは、9割以上の携帯電話で採用されていることは知っていましたが、携帯電話以外の分野でも、「平均すると50%超のシェアを獲得している」とか。

London_097_1ちょっと見にくいかもしれませが、左のプレゼンテーション資料を見ると、「えっ、こんなものまで!」と思われるかもしれません。いや驚いた。(英ARM社Symbian Partner Manager、Alberto Bonamico氏のプレゼンテーションより)



[告知]

Wireless Developper Forum Barcelona 2007
12-15 February 2007, Hotel Barcelo Sants, Barcelona
www.wirelessdeveloperforum.com/Barcelona

Wireless Developper Forum Beijing 2007
April 2007, Beijing, China
www.wirelessdeveloperforum.com/china

|

2006.12.04

オランダでプリペイドのSIMカードを買うと・・・

なんかシリーズ化してますが・・・、えー、とても簡単に買えます。パスポートなどの身分証明書の提示も求められず、住所を告げる必要もありませんでした。これは、携帯電話キャリアのショップ、携帯電話専門店、怪しげなショップ、いずれでも同じでした。

しかも、どの会社のものを選んでも、5ユーロ程度の通話料金込みで10ユーロ前後と、かなり安い(1ユーロは153円)。これは、オランダでは、KPN、Telfort、Vodafone、Orange、T-Mobileの大手5社が携帯電話事業を行っており、さらに、これにMVNOも加わる激戦区となっているからです。

それで、せっかくオランダにきたのだから、地元のKPNモバイルのSIMカードを購入しようと思いました。しかし、ショップの人にいろいろと話を聞いてみると、KPNは、iモードのサービスを提供しているため、iモードに対応していない携帯電話ではウェブサービスが使えないかもしれない、ということでした。そこで、店員の進めるVodafoneのプリペイドのSIMカードを購入しました。

そして、このSIMカードを、いつも使用しているNokia 6630日本語版に挿入してみました。通話とSMSはできたのですが、Vodafone Live!を含むウェブ・アクセスとMMSが使えません・・・。

SIMカードのパッケージに付属する説明書を読むと、どうも"Vodafone Live! activeren"をしなければならないようです。ちなみに、オランダ語のVは英語のFと同じ発音となりますので、"Vodafone Live! activeren"は、"ふぉだふぉんらいふあくちふぇーれん"となります。説明書によると、この"ふぉだふぉんらいふあくちふぇーれん"を行うには、携帯電話から、まず"1333"に電話して、自動音声のメッセージを聞きながら、"ふぉだふぉんらいふ"を選択するために"3"を押し、さらに携帯電話メーカーとして、ノキアを選択するために"1"を押して、さらに型番を選択する必要があります。

もちろん、ここまでのメッセージは、すべてオランダ語のため、初めは何を言っているのか、さっぱりわからなかったのですが、何回もかけ直して、繰り返し聞いているうちに、何となく意味がわかってきました。しかし、最後の型番については、数字の羅列でまったく聞き取れなかったので、とりあえず"1"を押してみたら承認されたようです。まとめると、1333をかけた後に、3→1→1でOKです。

London_096_1 この後、設定用のSMSが2通届くので、この2つのSMSを開いて、"Options"→"Save all"または"Save to settings"を行います。これで、"ふぉだふぉんらいふあくちふぇーれん"は完了しました。ウェブサイトへのアクセスや電子メールの受信も可能でした。

しかし、ここまでたどり着くのに、えらく時間がかかってしまいました(笑)。

|

2006.12.02

英ハチソンが定額インターネット・サービス開始・・・ゴールドとシルバーの2プラン

London_094_1イギリスで"3"というブランドで3G携帯電話サービスを提供しているハチソンUKが、1日から、定額インターネット接続サービス"Xシリーズ"を開始しました。料金プランは、「3 Xシリーズ・ゴールド」と「3 Xシリーズ・シルバー」の2つです。

現在ショップで販売されているXシリーズ対応のスマートフォンは『Nokia N73』だけです。18カ月の契約では、本体価格は無料、月額基本料が30ポンド(1ポンドは228円)で、基本通話750分、SMS150通、テレビ電話50分、MMSが50通という契約となります。12カ月の契約の場合も本体価格は無料で、月額基本料が初めの6カ月が30ポンド、それ以降は60ポンド、基本通話1000分、SMS150通、テレビ電話50分、MMSが50通となります。これに、月額10ポンドの「ゴールド」、または、5ポンドの「シルバー」を追加する、という料金体系です。

London_095_1「ゴールド」は、Xシリーズで提供されるサービスすべてを利用できますが、「シルバー」は、Windows Live Messenger、Skype、データ通信、eBayなどに限定されています。また、"Unlimted Internet Access"(無制限インターネット・アクセス)とうたわれていますが、パンフレットの後ろの方に小さい文字(英語で"Small Print"と言います)で、いろいろと条件がつけられています。

まず、Windows Live Messengerは1カ月に1万メッセージまで。Skypeによる通話は1カ月に5000分まで。データ通信量は1カ月1GBまで(MessengerとSkypeは含まれない)で、パソコンのモデムとして使用した場合はXシリーズでカバーされずに別料金となります(1MBにつき1ポンド)。また、通話時間やデータ量の未利用分は翌月に持ち越すことはできません。さらに、携帯電話でテレビを視聴するために必要なSlingboxは99ポンドで別途購入しなければなりません。

Xシリーズのサービスは"3"で購入した専用端末でしか利用できないので、とりあえず契約をしてSIMカードを取り出し、別のスマートフォンで使う、ということはできないようです。また、ショップの店員の話では、『Nokia N73』へのアプリケーションのインストールは可能ということでした。

イギリスの場合は、12カ月や18カ月の契約期間中は途中解約できず、この間の基本料金は銀行口座から自動的に引き落とされます。18カ月契約で「シルバー」を選択すると、月額30ポンドにシルバーの5ポンドを加えて35ポンド。これを円換算すると月7980円。そんなに高くは無いと思いますが、どうでしょうか。

|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »