« 2009年9月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.19

BBCのiPhoneアプリに対し英新聞界が「待った」

17日にBBCは、ウェブサービスBBCオンライン(BBC Online)のコンテンツを、iPhoneで閲覧できるようにするアプリケーションを発表しましたが、イギリスの新聞界は、「民業圧迫である」とこれを非難する声明を発表しました。

UK Newspapers Want BBC Mobile Apps Blocked For ‘Undermining’ Them, BBC Disagrees
http://paidcontent.co.uk/article/419-uk-newspapers-want-bbc-mobile-apps-blocked-for-undermining-them-bbc-dis/

The Newspaper Publishers Association, in an emailed statement, says its members believe BBC apps “will undermine the commercial sector’s ability to establish an economic model in an emerging but potentially important market ... This, over the long term, will reduce members’ ability to invest in quality journalism.”

イギリスの主要紙がメンバーのNPA(Newspaper Publishers Association)は、「BBCのiPhoneアプリは、民業である新聞社のビジネス・モデルを構築する能力を奪い、長期的には、クオリティの高いジャーナリズムへの投資を減退させることになる」との声明を発表しました。そして、改めて規制当局の審査を受けるべきだ、と主張しています。

これに対して、BBCは、「iPhoneアプリは、すでにあるBBCオンラインのコンテンツを、再利用するだけに過ぎない」と反論しています。

[参考]
BBC to launch free mobile apps
http://www.guardian.co.uk/media/pda/2010/feb/17/bbc-mobile-apps

|

2010.02.18

米NBC、バンクーバー五輪放送の出し惜しみに批判

熱戦を繰り広げているバンクーバー冬季五輪ですが、米NBCが、放送権を獲得しているスポーツについて、生中継をしないで、CMが獲得できるプライム・タイムにのみ録画中継を行っていることに対して批判が集まっているようです。

NBC is skating on thin ice
http://www.guardian.co.uk/world/richard-adams-blog/2010/feb/17/nbc-2010-winter-olympics-vonn
Since NBC paid a quillion dollars for the rights to show curling and the biathlon, it wants to make that money back by refusing to show the most popular action from Vancouver – either on television or on its website – until it can sell advertising in the lucrative evening primetime spots. It's a policy that has worked in the past – but now it's beginning to disintegrate, thanks to the internet and its related technologies. And NBC is facing a growing barrage of criticism.

しかし、このような手法は、過去には有効だったのでしょうが、ニュース・サイトやYoutubeなどを通じて、試合結果を簡単に知ることができるいまとなっては力を失っています。その結果、米NBCに対しては、厳しい批判の声が寄せられている、とのこと。

|

2010.02.17

ニューヨーク・タイムズで記事の盗作が発覚

米ニューヨーク・タイムズ(NYT)紙は、14日、同紙のビジネス部門の記者が、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙やロイターなどの記事を、無断で盗用していたことを明らかにした。

EDITORS' NOTE
http://www.nytimes.com/2010/02/15/pageoneplus/corrections.html?
In a number of business articles in The Times over the past year, and in posts on the DealBook blog on NYTimes.com, a Times reporter appears to have improperly appropriated wording and passages published by other news organizations.

同紙が明らかにしたうちで、たとえばWSJのウェブサイトに2月5日午後0時30分頃に掲載された記事と、その2時間後に、NYTの記者ブログに掲載された記事が非常に似通ったものであったという。

今回は文章の盗用であり、ブログに掲載された事実には間違いはなかったとのこと。この記者には、おそらく解雇などの厳しい処分がくだされると思います。

|

2010.02.12

英デイリー・テレグラフ紙が70万部を切る

イギリスの保守系高級紙「デイリー・テレグラフ」の2009年12月の実売が、70万部を切ったそうです。同紙は、数年前までは100万部を維持していたので、相当な落ち込みのようです。

ABCs: Daily Telegraph slides below 700,000 sales
http://www.guardian.co.uk/media/2010/feb/12/daily-telegraph-abcs
All national quality dailies except the Financial Times record double-digit year-on-year percentage circulation declines

同紙の部数が落ち込んだ理由は、いわゆる新聞不況によるものですが、それに加えて、ホテルなどに低料金で、大量に販売していたものをやめたことも大きいようです。

経済紙のフィナンシャル・タイムス(FT)以外の高級紙は、軒並み対前年比二桁のマイナスだったようです。記事の最後にFTの販売部数が書かれているので紹介しておきます。

・全世界で390,315
・うちイギリスとアイルランドで115,447
・うちアメリカで124,699
・うちヨーロッパで115,399
・うちアジアで34,771

|

2010.02.10

ガーディアンがマンチェスターなどの地方紙を売却

英ガーディアン紙を発行するガーディアン・メディア・グループ(Guardian Media Group)は、その発祥の地でもあるマンチェスターなどの地方紙部門を、トリニティ・ミラー(trinity Mirror)に売却すると発表した。

Guardian Media Group sells regional business to Trinity Mirror
http://www.guardian.co.uk/media/2010/feb/09/guardian-media-group-trinity-mirror
Guardian Media Group severed its historic newspaper link to Manchester today with the sale of its regional media business to Trinity Mirror.
The deal is worth £44.8m to Guardian Media Group, with £7.4m in cash and Trinity Mirror releasing GMG from a £37.4m print contract.

英ガーディアン紙と言えば、1821年にマンチェスターで創刊された『マンチェスター・ガーディアン』がそのルーツ。1964年に本社をロンドンに移した後も、『マンチェスター・イヴニング・ニュース』などの地方紙を発行してきました。

しかし、折からの新聞不況を背景に、『マンチェスター・イヴニング・ニュース』を含む地方紙32紙を売却する決断をしました。これを買い取るのは、大衆紙『ミラー』などを発行するトリニティ・ミラー・グループ。買収総額は4480万ポンド62億円ですが、実際に支払われる現金は740万ポンド(10億円)で、残りは、すでに結ばれている十年間の印刷契約を解除するための費用負担とのこと。

ガーディアン・メディア・グループは地方紙を売却する一方で、トリニティ・ミラー・グループは地方紙を買い取りましたが、どちらの判断が正しいのでしょうか?

|

2010.02.09

クマーが五輪公式マスコットと勘違いされる

ポーランドの新聞ガゼッタ・オルスティンスカ(Gazeta Olsztynska)が、Pedobear(日本では「クマー」として知られている)を、バンクーバー冬季五輪の公式キャラクターの一つ勘違いして、掲載してしまう、という事件が起きました。

Polish newspaper claims 'Pedobear' is 2010 Vancouver Olympic mascot
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/7187027/Polish-newspaper-claims-Pedobear-is-2010-Vancouver-Olympic-mascot.html
A Polish newspaper mistakenly identified "Pedobear", a notorious internet meme, as one of the mascots of the 2010 Winter Olympics in Vancouver. A Polish newspaper mistakenly identified "Pedobear", a notorious internet meme, as one of the mascots of the 2010 Winter Olympics in Vancouver.

バンクーバー五輪のマスコットは、Miga(ミーガ)、Quatchi(クワッチ)、Sumi(スーミ)、Mukmuk(ムクムク)の四匹ですが、これにPedobearを加えたイラストを、同紙は、公式のものと勘違いして掲載してしまったようです。

20100208pedobear

Pedobearは、"Pedo"が示すように、子どもへの性的嗜好の強いクマとして知られており、さまざまな写真の中に紛れ込ませるといういたずらがインターネットで流行っていたそうです。そして、今回のイラストもカナダ人アーティスト、マイケル・バリック(Michael Barrick)氏によって作成されたとのこと。

イラストが掲載されて以降、同氏のブログへのアクセスは急増し、その3分の1はポーランドからだったそうです。イラストを作成した動機について、バンクーバー五輪への市民の負担に反発したため、と説明しています。

[参考]
マイケル・バリック(Michael Barrick)氏のブログ
http://mbarrick.livejournal.com/
http://mbarrick.livejournal.com/894999.html
http://mbarrick.livejournal.com/895345.html
http://mbarrick.livejournal.com/895835.html

|

2010.02.08

大英図書館が19世紀書籍のスキャン・データを無料公開へ

大英図書館(British Library)は、今春より、19世紀の小説などをスキャンしたデジタル・データを、オンラインで無料公開すると発表した。アマゾンのKindleで閲覧が可能で、チャールズ・ディケンズやジェーン・オースティンなど、6万5000冊の19世紀の作品を、無料でダウンロードして読むことができる。

British Library to offer free ebook downloads
http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/books/article7017899.ece
MORE than 65,000 19th-century works of fiction from the British Library’s collection are to be made available for free downloads by the public from this spring.
Owners of the Amazon Kindle, an ebook reader device, will be able to view well known works by writers such as Charles Dickens, Jane Austen and Thomas Hardy, as well as works by thousands of less famous authors.

大英図書館は、米マイクロソフトの資金援助によって、書籍のデジタル化のプロジェクトを進めてきた。今春より提供されるサービスでは、同図書館に所蔵されている書籍のページをスキャンしたものを、アマゾンのKindleで読むことができる。刊行当時の活字やイラストを鑑賞することができ、この点が、テキスト・データを提供するだけのグーグル・ブックなどと異なっている。

19世紀の小説の公開が先行しているのは、すでに著作権が切れていることと、そのうちの35-40%が現在、中古市場では入手不可能となっているためという。同図書館では、いずれ20世紀初頭の作品も公開したい、としている。

20100208britishlibrary

ジェーン・オースティン

|

BBCのプロデューサー、誤報で7万ポンドの賠償金

BBCのプロデューサーが、イギリスの通信社PA(Press Association)の誤報によって名誉が毀損されたとして、7万ポンド(972万円)の賠償金を受け取ることで和解した。「児童ポルノをダウンロードしたことで罪を認めた」と、PAが報道したが、罪を認めたのは、同姓同名の別のBBCのプロデューサーだったことが、誤報の原因。

Dragons' Den producer claims £70,000 damages over court report blunder
http://www.guardian.co.uk/media/2010/feb/04/dragons-den-creator-court-report/print
The producer of Dragons' Den has received a total of £70,000 in damages after news reports wrongly alleged that he was guilty of downloading child pornography.
Identifying him as the creator of the BBC2 show, a Press Association new agency report inaccurately named Martyn Smith as a defendant at Southwark Crown Court accused of downloading "quite unspeakable" child porn images.
The defendant was in fact a different Martyn Smith, a former BBC producer.

誤報の対象となったのは、BBCのプロデューサー、マーティン・スミス(Martyn Smith)氏。同氏は、BBC版マネーの虎『ドラゴンズ・デン』などをヒットさせた人物。

昨年末、まったく同姓同名の別のBBCのプロデューサーが、児童ポルノをダウンロードしたことで罪を認めたことを、PAが誤って報道した。このニュースを、複数の新聞が配信したため被害は拡大した。

マーティン・スミス氏は、PAから5万ポンド、すでに和解しているデイリー・ミラー紙など3紙から2万ポンドの計7万ポンドの賠償金を手に入れた。

[参考]
イギリス版『マネーの虎』…Dragon’s Den
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/news/2005/01/dragons-den-4a8.html

|

ドイツの2紙のオンライン版が有料化へ

ドイツのアクセル・シュプリンガー(Axel Springer)社は、傘下の二紙のオンライン版を有料化することを発表した。ヨーロッパでのオンライン版の有料化は、今月中に有料化を開始するフランスの「ル・フィガロ」、今春予定のイギリスの「タイムス・オンライン」に続くもの。

More European newspapers put up paywalls
http://www.guardian.co.uk/media/pda/2010/feb/08/european-newspapers-paywalls
More European newspapers are joining the paid content club: Axel Springer has put up online paywalls for two of its German newspapers, the Berliner Morgenpost and the Hamburger Abendblatt. This follows reports of French paper Le Figaro readying a paywall this month, and ahead of a planned paywall from Times Online, expected this spring.

同社傘下のベルリナー・モルゲンポスト(Berliner Morgenpost)紙のオンライン版 morgenpost.de ( http://www.morgenpost.de/ ) は一ヶ月4.95ユーロ(605円)、ハンブルガー・アベンドブラット(Hamburger Abendblatt)紙のオンライン版 Abendblatte.de ( http://www.abendblatt.de/ ) は一ヶ月7.95ユーロ(972円)。

Abendblatte.de は、無料コンテンツと有料コンテンツに分かれており、ハンブルグに関係したニュースは有料、全国ニュースは無料という。この戦略が、うまくいくのか注目が集まっています。

同社は、すでに2009年12月に、傘下の大衆紙二紙で課金モデルをスタートさせています。iPhoneアプリとして、ビルト(Bild)紙とディ・ヴェルト(Die Welt)紙で、ドイツのアップル・ストアにおいて、ビルト紙は人気ナンバー・ワン、ディ・ヴェルト(Die Welt)紙は9位という。

記事のタイトルにあるPay Wallは、日本語では「料金の壁」、「課金の壁」、「有料化の壁」などと訳されています。なかなか超えるのが難しい壁ということでしょうか。

|

2010.02.07

米司法省、Googleブック検索の和解修正案に懸念を表明

米司法省は、4日、Googleブック検索(Google Book Search)の和解修正案について、依然として、著作権法と反トラスト法に関し、懸念が残ったままだという声明を発表した。

Justice Department criticises Google Books Settlement
http://www.telegraph.co.uk/technology/google/7164224/Justice-Department-criticises-Google-Books-Settlement.html
The court said the proposals still posed copyright and antitrust issues, and it criticised the settlement for forcing authors to "opt out" of having their books scanned and digitised, rather than opting in, which is the usual assumption for copyright law. The court also said that class representatives spoke inappropriately on behalf of foreign authors whose books had been published in the United States, and for authors of "orphan works" for whom the rights holder for that book cannot be traced.

同省は、和解修正案は、著作権者に「オプトアウト」(選択的離脱)を強要することになる、と批判しています。さらに、アメリカ特有のクラス・アクション(集団訴訟)は、著書がアメリカで出版されている外国の著作者や、著作者が追跡できない著書などに対しては適切なものではない、と指摘しています。

また、価格の設定についても、反トラスト法に関する問題がある、と指摘している。同省では2月18日に、この和解修正案を支持するかどうかについて、正式に表明する予定です。

|

英ボーダフォン、Twitterで暴言を吐いた社員を停職処分に

英ボーダフォンは、5日、同社のTwitter公式アカウントで、暴言を吐いた社員を停職処分にしたことを明らかにした。

Vodafone suspends employee over obscene Twitter update
http://www.telegraph.co.uk/technology/twitter/7168310/Vodafone-suspends-employee-over-obscene-Twitter-update.html
Initial speculation suggested the @VodafoneUK account, which has more than 8,800 followers, had been hacked.
But the firm later released a statement indicating the message was the work of a rogue member of staff.

同社のTwitter公式アカウント @VodafoneUK ( http://twitter.com/vodafoneuk ) において、5日、ホモ・セクシャルに対して侮蔑的な発言をした後、「アフターファイブを女性を求めて過ごすぞ」という内容の投稿があった。

これに対して、多数のクレームが寄せられたため、そのツィートは、すぐさま削除された。当初は、同社の公式アカウントがハッキングされたものと推測されたが、実際にその書き込みを行ったのが同社の社員だったことがわかり、その社員を停職処分とするとともに、Twitter上で、8800人のフォロワーに謝罪をした。

20100207vodafone

|

エマ・ワトソンがハリウッドでもっとも稼ぐ女優に

映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役のエマ・ワトソンが、ハリウッドで出演料を稼いだ女優のトップにたったことがわかりました。

Harry Potter star Emma Watson named highest paid female star
http://entertainment.timesonline.co.uk/tol/arts_and_entertainment/film/article7016414.ece
Harry Potter star Emma Watson has been named Hollywood’s highest paid female star.
The 19-year-old was ranked above the likes of Cameron Diaz, Sarah Jessica Parker and Angelina Jolie in Vanity Fair magazine’s list of Hollywood’s top 40 earners.

これは、アメリカの雑誌ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)誌が、ハリウッドで稼ぐ40人のリストを公表し、19歳のエマ・ワトソンが、キャメロン・ディアスやアンジェリーナ・ジョリーなどを押さえて、女優部門でトップに立ちました。

エマ・ワトソンの2009年の年収は、シリーズ最新作『ハリー・ポッターと死の秘宝』の前・後編2本の出演料あわせて3000万ドル(26億円)でした。これは、映画の出演料だけのランキングですので、実際の年収は、テレビやCMの出演料などが加わるため、さらにアップします。男優や監督を含めた40人全体では、16位でした。

なお男優部門のトップは、ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフで全体では6位の4100万ドル(36億円)、全体の上位5人はすべて映画監督で、トップは『トランス・フォーマー』などの監督のマイケル・ベイで1億2500万ドル(111億円)でした。

|

2010.02.06

英EMIが経営危機

イギリスのレコード会社大手のEMIが経営危機に陥っていると英FT紙が報じています。現在のEMIは、ガイ・ハンズ(Guy Hands)氏が率いる投資ファンドのテラ・ファーマ(Terra Firma)の傘下にありますが、1億2000万ポンド(170億円)の資金が調達できなければ、債権者のシティ・グループに資産を差し押さえられてしまうことになるそうです。

EMI seeks funds
http://www.ft.com/cms/s/0/2b1f640e-12be-11df-9f5f-00144feab49a.html
Guy Hands, founder and chairman of Terra Firma, this week went to investors in two of its private equity funds to ask for another £120m to help EMI's recorded music business meet the terms of its loan with Citigroup.

EMIというと、東芝との合弁会社である東芝EMIを思い出しますが、実は、2007年に、東芝は合弁を解消し、現在のEMIは、欧州の投資ファンドのテラ・ファーマ(Terra Firma)が支配しています。当時の買収金額は40億ポンドでした。

EMIは、昨年度15億6000万ポンドの巨額赤字を計上し、監査法人は、今後の事業継続について「重大な疑義がある」と指摘しました。さらに、今年の3月末を乗り切っても、2011年の3月末に、また同じような危機を迎えるだろうと指摘しています。

EMIは、115年の歴史を持つ老舗レコード会社で、ビートルズやロビー・ウィリアムズの版権を保有していることで知られています。まあ、レコード会社が無くなっても、版権は誰かが引き継ぐことになると思いますが……。

|

新しいフリーペーパー『ロンドン・ウィークリー』の運命やいかに?

新しいフリー・ペーパーとして、2月5日に、『ロンドン・ウィークリー』(London Weekly)が創刊されました。ロンドンの地下鉄などで25万部配布される予定ですが、さまざまなジャーナリストから「本当に発行されるのか?」という疑問が投げかけられていました。さて……。

というわけで、ジャーナリストのスティーブ・バスフィールド(Steve Busfield)氏が、同紙を探そうとしましたが、その前に、親切な方がTwitpicに掲載した一面の画像を見てしまいました。

20100206londonweekly

同氏が最初に気がついたのは、一面の上の方に書かれているPhil Tufnellの名前がPhil Tufnelとlが一つ足りないこと。

The London Weekly: it does exist
http://www.guardian.co.uk/media/greenslade/2010/feb/05/pressandpublishing
Journalism students would be ridiculed for that sort of intro. It is without doubt the worst front page lead I have ever seen in any newspaper of any format/shape/size/distribution.

さらに、一面の惹句について「ジャーナリズムを学んでいる学生は、こんなイントロを笑うだろう。いままで私が見たさまざまなフォーマット、かたち、配布方法の新聞の中でも、最悪の一面のリードだ」と酷評しています。しかも、これ、プレス・リリースをそのまま貼り付けただけのものだということがわかります。

このほか、「新聞の発刊自体が節税か、あるいは、シチュエーション・ギャグではないか?」、「映画の宣伝ではないか?」といった辛辣な指摘もありました。さて、このロンドン・ペーパーの2号目はあるのでしょうか?

[参考]London Weekly launch date revealed
http://www.guardian.co.uk/media/2010/jan/27/london-weekly-announces-launch-date

|

住宅経費の不正流用問題で英国会議員など4人が起訴

2009年5月に、英デイリー・テレグラフ紙のスクープによって発覚した、イギリスの国会議員による住宅経費の不正流用問題で、3人の議員を含む4人が起訴されました。

Three MPs and one peer to be charged over expenses
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/politics/8499590.stm
Three Labour MPs and one Tory peer will face criminal charges over their expenses, Director of Public Prosecutions Keir Starmer has said.

住宅費の不適切な流用問題には、ブラウン首相や13人の閣僚を含む、多数の国会議員が関わっていましたが、その中でも、悪質な4人が起訴されました。

しかし、4人とも、起訴内容については、否認して法廷で争う方針のようです。

[参考]MPs' Expenses
http://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/mps-expenses/

|

2010.02.05

多いか少ないか?――米Youtubeの映画レンタル10日間の売上は1万ドル

米Youtubeが、1月20日より開始した映画のレンタルサービスですが、初めの10日間の売上は、1万0709ドル16セント(89万円)だったことがわかりました。

YouTube’s Take From Movie Rentals: $10,709.16
http://bits.blogs.nytimes.com/2010/02/02/youtubes-take-from-movie-rentals-1070916/
YouTube said last month that it would dip its toes into the digital movie rental business with five independent films tied to the Sundance Film Festival. The company said the five films, which were available for 10 days, received a combined 2,684 views.
At $3.99 per rental, YouTube netted $10,709.16.

米Youtubeが契約した映画は、若手映画制作者の登竜門的な映画祭「サンダンス・フィルム・フェスティバル」に出品された5作品を、3ドル99セントで、48時間視聴できるというサービス。

1月20日のサービス開始以来、初めの10日間で視聴されたのは合計2684回で、売上でみると、わずか1万0709ドル16セント(89万円)でした。このうち米Youtubeが、どれくらいの手数料をとっているかについては不明のようです。

ただ、レンタルされている映画は、5本とも、無名の監督による低予算の映画ということもあり、米Youtubeでは、この滑り出しにも「満足している」という。

|

TVのプロダクト・プレイスメント広告でジャンク・フードなどが制限へ

イギリスでは、5年以内に、TV番組における広告手法の一つであるプロダクト・プレイスメント(Product Placement)が解禁される方向で検討が進められていますが、子どもへの影響を考慮して、ジャンク・フード、アルコール、ギャンブルなどについては、解禁されないことになりました。

TV product placement: Bradshaw bans 'nasties'
http://www.guardian.co.uk/media/2010/feb/03/tv-product-placement-bradshaw
The government's plans to allow -products to be marketed through television -programmes have been watered down after opposition from cabinet ministers who warned they could worsen problems such as obesity.
TV producers will not be allowed to use any branded alcohol, junk food or gambling when making programmes.

プロダクト・プレイスメント(Product Placement)とは、テレビの番組や映画などで、特定の製品を小道具として登場させる、という広告手法。CM収入が落ちているTV業界では、特に注目が集まっていて、イギリスでも、昨年11月にブラッドショー文化相が、「5年以内の解禁」をめざして、検討を指示しました。

それに対して、閣僚の一部から反対の声があがり、特に、子どもへの悪影響を考えて、ジャンク・フード、アルコール、ギャンブルなどについては、解禁されないことになりました。

もし仮に制限無しにプロダクト・プレイスメントが解禁された場合、イギリスのコマーシャルTV局全体では、1億4000万ポンド(197億円)の広告収入が見込まれているそうです。今回の制限が加わることで、どれくらい収入が減るかの見通しは、まだ、たっていないそうです。

ただ、いずれにせよプロダクト・プレイスメント自体が、やり過ぎると、視聴者にはうっとうしく感じるのは否めないところですが……。

|

英タブロイド紙による盗聴事件で内部調査を公開命令

イギリスの大衆紙の日曜版『ニュース・オブ・ザ・ワールド』による携帯電話のメッセージ盗聴事件に関して、英高等法院は、同紙に対して内部調査の詳細を公開するように命じた。盗聴事件の被害者の一人であるマックス・クリフォード氏の求めに応じたもの。

News of the World loses battle over secret phone hacking evidence
http://www.guardian.co.uk/media/2010/feb/03/news-of-the-world-phone-hacking
A high court judge ordered that the -evidence should be handed over to Max Clifford. The celebrity publicist has begun a legal action seeking to prove that the Sunday newspaper unlawfully -intercepted messages on his mobile phone.

20100205newsoftheworld

まず『ニュース・オブ・ザ・ワールド』というのは、イギリスの大衆紙『サン』の日曜版という位置づけ。そして、この『ニュース・オブ・ザ・ワールド』による盗聴事件は、2005年11月に同紙がウィリアム王子のスキャンダルを報じたことから発覚しました。

ロンドン警視庁の捜査によって、同紙の記者や、その協力者が、有名人の「ボイス・メール」と呼ばれる留守番電話サービスをハッキングしてプライベートな情報を盗聴していたことがわかり、翌2006年8月には、同紙の記者など3人が逮捕されるに至りました。

これで一件落着したと思われたのですが、2009年になって、実は100人を超える有名人のボイス・メールが盗聴されていたことが報道により明らかになりました。記事にあるマックス・クリフォード(Max Cliford)氏は、有名人を対象にした"publicist"、つまりフリーランスの広報マンで、彼のボイス・メールも盗聴されていたようです。そして、『ニュース・オブ・ザ・ワールド』に対して内部調査の詳細を明らかにするよう裁判所に求めていたのが認められた、というわけです。

イギリスの大衆紙の熾烈な競争の凄さとともに、意外と簡単にボイス・メールの盗聴ができてしまうことに驚かされます。

|

2010.02.04

英エコノミスト誌が日本の新聞についてレポート

イギリスの経済週刊誌『エコノミスト』が、日本の新聞業界の将来について、『ぐらつく巨人』("The teetering giants")と題するレポートを掲載しています。

The teetering giants
http://www.economist.com/businessfinance/displayStory.cfm?story_id=15464497

It is more likely, however, that newspapers’ fortunes will begin to decline—more slowly than in other countries, perhaps, but bad news just the same.

このレポートでは、まず、日本の新聞の特徴を簡単にまとめています。
・日本の新聞の発行部数は世界的に見ても大部数である。
・日本特有の宅配制度
・日本では読者の年齢は上がりつつあり、少子化と若年層の新聞離れが追い打ちをかけている。
・広告収入も落ち始めている。
・いままでの強みだった販売店が電子配信の妨げとなるかもしれない。

そして、上で引用した部分が結論となります。
《日本の新聞の幸運は、他の国よりもずっとゆっくりと失われていく可能性が高い。しかし、悪いニュースは同じである。》

|

英夕刊紙、無料化で読者数が倍に

イギリスの夕刊紙『イヴニング・スタンダード』の読者数が、2009年10月に実施された無料化後に、2倍以上に増えたとのこと。読者数は、137万人となり、有料化以前の4-9月の55万6000人から大幅に増加。

Free London Evening Standard readership soars to 1.37 million
http://www.guardian.co.uk/media/greenslade/2010/feb/03/london-evening-standard-newspapers
The London Evening Standard's readership has leapt to 1.37 million in the last three months of 2009, up from from 556,000 from April to September.

イギリスの新聞の指標の一つに、Readership(読者数)というものがあります。これは、最終的に新聞を何人が読むかを示したもので、一部の新聞を会社やパブで回し読みしたり、地下鉄の中に捨てられた新聞を拾い読みする分も含まれています。

イヴニング・スタンダード紙の場合は、一部の新聞を2.3人が読むという計算で、実際の発行部数(Circulation)は、無料化後で60万部とのこと。ReadershipもCirculationも、日本と同じ名称のABC(Audit Bureau of Circulations)という団体が公表しています。

また、広告の掲載料金も、無料化時に引き上げることに成功したようです。ただ、すでに休刊している無料紙『ロンドン・ライト』と『ロンドン・ペーパー』の広告主は、イヴニング・スタンダードではなく、むしろ朝の無料紙『メトロ』に向かっているそうで、その理由は、メトロの方が若い読者層が多いから、とのこと。

|

2010.02.03

米WSJの広告と売上が回復

ニューズ・コーポレーションは、2日、2009年第2四半期(10-12月期)の決算を発表した。その中で、ルパート・マードック会長兼CEOは、米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のオンライン広告が前年同期比17%増、また、同紙の「紙」の売上が同5%増となったことを明らかにした。

Rupert Murdoch says destiny of News Corp newspapers is in paid-for online content
http://www.telegraph.co.uk/finance/newsbysector/mediatechnologyandtelecoms/media/7142050/Rupert-Murdoch-says-destiny-of-News-Corp-newspapers-is-in-paid-for-online-content.html
News Corp’s newspapers and information services division made an operating profit of $259m in the quarter, up from $59m last year, buoyed by a 17pc growth in online advertising at the Wall Street Journal and a 5pc increase at the print edition.

その結果、同社のNewspapers and Information Services部門の営業利益は、同29.5%増の2億5900万ドルとなった。このほか、3D映画『アバター』のヒットや『アイス・エイジ』などのDVD販売が好調だったFilmed Entertainment部門や、FOX Newsなどのコンテンツを提供するケーブルTV局数を増やしたCable Network Programming部門が大きく利益を伸ばしている。

20102023newscorp

|

『ユーロ2008』の特設スタジオ設置でBBCが批判される

BBCが2008年にスイスとオーストリアで開催されたサッカーの欧州選手権 『ユーロ2008』において、主催者側が用意したスタジオを使用しないで、25万ポンド(3600万円)をかけてウィーン市内に特設スタジオを設置したことに対して、市民団体から「無駄遣いだ」との批判がなされています。

20100210bbc

BBC's Roger Mosey defends spending on Euro 2008 studio
http://www.guardian.co.uk/media/2010/feb/02/bbc-roger-mosey-euro-2008-studio
Mosey defended the BBC's decision not to use facilities provided by the Euro 2008 organisers. "It was never an option to broadcast from the International Broadcast Centre some miles out of town, and the renting, construction and staffing of a city-centre studio costs money - though so, actually, does a studio without a view," he said.

BBCでユーロ2008の責任者であったロジャー・モージー(Roger Mosey)は、自身のブログで、「街から数マイル離れたところに設置された国際放送センターは、我々の選択肢には入らなかった。街の中心部にスタジオを借りて、内装を施し、スタッフを集めるのは費用がかかった。しかし、見晴らしの悪いスタジオを使うのも同じく浪費だった」と反論しています。

ちなみに同氏は、2012年のロンドン五輪でも、BBCの責任者を務めます。

[参考]
ROGER MOSEY'S BLOG
http://www.bbc.co.uk/blogs/rogermosey/2010/01/there_were_generally_speaking.html

|

2010.02.01

赤字のBBC Worldがテコ入れ

赤字に苦しんでいるBBCの国際ニュース・チャンネルがテコ入れをするそうです。ジョージ・アラガイ(George Alagiah)やゼイナブ・バダウィ(Zeinab Badawi)などのキャスターを主要なニュースに起用するほか、ロンドンよりも英国外での取材を増やすとのこと。

BBC World News channel revamps to give presenters higher profile
http://www.guardian.co.uk/media/organgrinder/2010/feb/01/bbc-world-news-channel-revamps
Its director Sian Kevill, a former editor of Newsnight, says it will make a modest loss again in 2009/2010 after losing £3m last year, on income down a little from last year's £64.5m.

英Guardian紙記者のマギー・ブラウン(Maggie Brown)のブログによると、2009/2010年度のBBC Worldの収入は前年度の6450万ポンド(約92億円)より若干マイナスで、赤字額も前年度の300万ポンド(4億3000万円)の赤字よりも、若干改善された程度。

直接のライバルであるCNNは、世界の3億世帯で視聴されており、有料契約と、多国籍業のTVCMで黒字を維持しているため、BBC Worldとしては、早急に、黒字化、少なくとも収支トントンに持って行きたいとのこと。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2010年3月 »