2010.05.14

首相官邸のホームページも政権交代……イギリス

5月11日に、イギリスのゴードン・ブラウン前首相が退任スピーチを行った数分後には、首相官邸のホームページ( http://www.number10.gov.uk/ )のコンテンツはアーカイブに入れられました。そして、キャメロン新首相が誕生すると、早速、新しいコンテンツが次々とアップされています。

20100512downing

Number 10: Out with Gordon Brown, in with Webcameron
http://www.guardian.co.uk/media/pda/2010/may/12/number10-david-cameron-twitter
As a new team swept into Number 10, so did a new digital era. Within minutes of Gordon Brown's speech outside Number 10, all content on number10.gov.uk had been wiped and sent to the official government web archive.

似たようなケースは、2007年にトニー・ブレア元首相から、ブラウン前首相へと政権の委譲が行われた時にありました。しかし、保守党から労働党へと政権交代が行われた1997年当時は、ようやくインターネットが普及し始めた頃で、そもそも首相官邸のホームページがありませんでした。というわけで、首相官邸ホームページは、初めての「政権交代」と相成りました。

また新しく首相になったキャメロン首相は、野党時代から有権者に直接語りかけるためのYoutubeチャンネル「ウェブキャメロン」( http://www.youtube.com/user/webcameronuk )を開設しており、こちらの方は、今後も継続すると発表し、一部のファンを喜ばせているようです。


|

社会」カテゴリの記事