2010.05.25

イギリスも事業仕分け――政府広報予算もカット

対GDP比11.5%にのぼる財政赤字に苦しむイギリス政府は、事業仕分けによって62億5000万ポンド(8000億円)の歳出削減を行うと発表しましたが、その中には、政府広報予算も含まれていることが明らかになりました。

Coalition government freezes advertising budget
http://www.guardian.co.uk/media/2010/may/24/coalition-freezes-advertising-budget
The coalition government is to freeze its £540m-a-year advertising budget, except on what are deemed to be "essential" campaigns, ahead of implementing plans to axe marketing and advertising spend by up to 50%.

先頃発足したイギリスの連立政権は、2009年度に5億4000万ポンド(799億円)も使われていた政府広報予算を、必要不可欠なものをのぞいて、2010年度は凍結すると発表しました。2011年度予算では、最大で50%までカットすることが予告されています。

英ガーディアン紙の記事によると、この必要不可欠なものに含まれるものには、「軍隊への勧誘」が上げられているそうですが、それ以外の項目については何の情報も得られていない、とのこと。

また、5億4000万ポンド(799億円)の予算のうち、2億1100万ポンドはテレビ、ラジオ、新聞などで使われているとのことで、イギリスの場合は、事業仕分けが、ただでさえ苦境にあるマスコミの広告収入を直撃することになりそうです。


|

メディア」カテゴリの記事