2010.07.20

ブックリベレイター(BookLiberator)――本を簡単にデジタル化できる新商品

本や雑誌をスキャンしてデジタル化することが流行りつつあるようですが、そのためにスキャンする前に本や雑誌を裁断する必要があります。しかし、アメリカで発表された、ブックリベレイター(BookLiberator)という新商品は、本をばらすことなくデジタル化が行えるそうです。

BookLiberator Lets You Make E-Books Cheaply (And Is Definitely Not Intended For Copyright Violation!)
http://blogs.forbes.com/firewall/2010/07/19/bookliberator-lets-you-make-e-books-cheaply-and-is-definitely-not-intended-for-copyright-violation/
Their invention, on display over the weekend at the HOPE hackers conference in New York: the BookLiberator, a simple contraption of poplar wood, screws, plexiglass, and two mounted digital cameras.

20100720bookliberator001

BookLiberatorは、7月16-18日に、米ニュー・ヨークで開催されたHOPEというハッカーのためのイベントで発表されたものです。直角に本を載せる台と、木で作られた箱形の枠にガラスが貼られ、両脇に、2期のデジカメが取り付けられた木枠が一つのセットとなります。

価格は台と木枠のセットが120ドル(1万円)、2基のデジカメが200ドル(1万7000円)の計320ドル(2万8000円)と、本をデジタル化するための機器としては格安です。実際に使っているところは、Youtubeの動画でみることができます。

http://www.youtube.com/watch?v=XNfQb0NZjWY

20100720bookliberator002 まず、直角に開いた台の上に本を開いて載せます。そして、その上に両脇にデジカメが取り付けられた木枠を載せます。

20100720bookliberator004 それぞれのデジカメで本のページを撮影します。

20100720bookliberator003 撮影が終了したら、手で木枠を持ち上げて、手でページをめくります。こうすれば本を裁断することなく、本をデジタル化することができます。撮影できるページ数は、1分間に15ページ以上とのこと。

このブックリベレイター(BookLiberator)を考案したのは、James Vasile と Ian Sullivan で、彼らは、 QuestionCopyright.org という団体に参加して、著作権をもっと自由化すべきという運動を行っています。

QuestionCopyright.org
http://questioncopyright.org/

しかし、少なくとも、このブックリベレイター(BookLiberator)に関しては、いかなる著作権法にも抵触していないとのことです。


|

アイデア」カテゴリの記事