2010.07.26

米政府がWikileaksを非難――アフガニスタン機密ファイル漏洩問題

政府や企業などから漏洩した機密情報を公開するウェブサイト WikiLeaks (ウィキリークス)が、25日、アフガニスタン戦争に関する機密ファイルを公開した。同団体は、これらの情報を事前に米ニューヨーク・タイムズ紙、英ガーディアン紙、独シュピーゲル誌に提供し、情報の信憑性が確認されている。米政府は、「国家の安全保障が危険にさらされている」と、WikiLeaksを非難するに至っている。

US says Wikileaks could 'threaten national security'
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-10758578
The United States has condemned as "irresponsible" the leak of 90,000 military records, saying publication could threaten national security.

WikiLeaksは、アフガニスタン戦争に関連する機密ファイルを"Afghan War Diary"というタイトルで公開した。同じ内容のものは、英ガーディアン紙や米ニューヨーク・タイムズ紙でも公開されている。

WikiLeaks.org: Afghan War Diary
http://wardiary.wikileaks.org/
The Guardian: Afghanistan the War Logs
http://www.guardian.co.uk/world/series/afghanistan-the-war-logs
The New York Times: The War Logs
http://www.nytimes.com/interactive/world/war-logs.html

アメリカの国家安全保障担当大統領補佐官 James Jones 氏は、機密情報が公開されたことを非難し、米国民の生活や国家の安全が脅かされる、WikiLeaks を非難している。

一方、WikiLeaks の創設者である Julian Assange (ジュリアン・アサンジ)は、ロンドンで開いた記者会見で、「これらの情報が語っていることは、これが戦争だ、ということだ」と、情報公開の正当性を強調した。また、同氏は、今回の情報公開は、旧・東ドイツの秘密警察シュタージの機密ファイルが公開されたことと同じくらいのインパクトがある、としている。


|

メディア」カテゴリの記事