2010.09.30

どうなるSymbian?

携帯電話のOSとしては圧倒的なシェアを誇るのがSymbianですが、これに関して、米調査会社ガートナーによる2014年の市場予測が発表されているので紹介します。

Gartner: Symbian, Android to dominate in 2014
http://news.cnet.com/8301-13506_3-20016052-17.html
Gartner expects that Symbian and Android together will account for 59.8 percent of the total worldwide mobile OS market by 2014, split almost equally--Symbian with 30.2 percent, and Android with 29.6 percent.

これによると、2014年には、SymbianとAndroidが世界市場を支配しており、この二つOSのシェアは、あわせて59.8%となります。内訳は、それぞれ、Symbinaが30.2%、Androidが29.6%です。

これに続くのがアップルiOSの14.9%、ブラックベリーの11.7%で、マイクロソフトのWindows Mobileは3.9%にとどまっています。

もともとSymbianは、Nokiaの携帯電話で採用されている比率が高く、そのボリュームによってシェアトップが維持されます。また、Androidは、採用される携帯電話の数が増えており、追い上げると予想されます。

最近では、Symbian陣営の一角を占めていた英ソニー・エリクソンが、「Symbian搭載端末の開発はしばらく休止し、Androidを採用した端末の開発に力を入れる」ことを認めました。

Sony Ericsson Is Planning No New Symbian Products
http://www.businessweek.com/news/2010-09-24/sony-ericsson-is-planning-no-new-symbian-products.html
“We have no plans for the time being to develop any new products to the Symbian Foundation standard or operating system,” Aldo Liguori, a spokesman for the London-based company, said by telephone today.

下記の2006年9月の時点での市場予測では、「スマートフォン向けのOSとしては、SymbianとWindows Mobileが順調に出荷数を伸ばす」とされていますが、実際にはSymbianとAndroidの二強へと移行しそうです。

【特別レポート】携帯電話用OSの市場予測
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2006/09/os-d348.html

伏兵のAndroid、iOSが伸びてきており、まさに戦国時代の様相を示しています。また、モバイル分野での、マイクロソフトの退潮ぶりも気になるところです。


|

携帯電話」カテゴリの記事