2010.12.22

2010年のアメリカの電子書籍販売が、どれくらいになるか推計してみると……

アメリカでは、電子書籍の販売額が伸びつつある、と言われていますが、2010年はどれくらいの金額になるか、おおよその推計をしてみたいと思います。

まず、米出版社協会 (The Association of American Publishers = AAP)は、12月8日に、下記のようなリリースを発表しています。

AAP Reports October Book Sales
http://www.publishers.org/main/PressCenter/Archicves/2010_Dec/AAPReportsOctoberBookSales.htm
January-October 2010 year-to-date E-book sales are up 171.3 percent reaching $345.3 million compared to 127.3 million from January-October 2009.

そして、この内容を表にしたものが下表です(単位:100万ドル)。

20101222aap

これによると、アメリカにおける、2010年の1月から10月までの10ヶ月間の書籍の販売額は、39億6970万ドル(3321億円)。一方、1-10月の電子書籍の販売額は、3億4530万ドル(288億円)で、8.7%を占めている、とされています。

しかし、このデータは、AAPがデータを収集している出版社に限られた、卸売りベースのデータなので、これを小売りに換算してみたいと思います。

アメリカの2009年の電子書籍販売は3億ドル超
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/04/20093-3691.html

上記のエントリーでは、2009年の小売りベースのアメリカの書籍の販売額は、239億ドルで、電子書籍の販売額は3億1300万ドル、売上げに占める比率は1.3%とされています。

表の2009年のデータと上記のエントリーを比較すると(左:卸売りベース、右:小売りベース)

2009年の書籍全体の売上高 
51億2740万ドル→239億ドル 4.66倍 
2009年の電子書籍の売上高
1億6950万ドル→3億1300万ドル 1.85倍
2009年の電子書籍の比率
3.31%→1.3% 0.39倍

この倍率を元にして、2010年1-10月の卸売りデータから、2010年1-12月の卸売りデータを推計して、さらに小売りデータに変換すると

2010年の書籍全体の売上高 
39億6970万ドル(÷10×12)→47億2390万ドル(×4.66)→221億ドル  
2010年の電子書籍の売上高
3億4530万ドル(÷10×12)→4億1436万ドル(×1.85)→7億6657万ドル
2010年の電子書籍の比率
8.7%(×0.39)→3.39%

7億6657万ドルを221億ドルで割ると、3.47%となります。比率だけの推計でも3.39%と出ていますので、2010年のアメリカの電子書籍の小売りベースの比率は3.4%あたりになるのではないかと推測できます。

アーリーアダプターとアーリーマジョリティーの間のキャズムは普及率16%くらいのところにあると言われていますが、その16%を超えるのには、もう少し時間がかかるのかしれませんね。


|

メディア」カテゴリの記事