2010.12.21

2011年2月よりプロダクト・プレイスメント解禁――イギリスでガイドライン決まる

イギリスでは、2011年2月28日より、映画やテレビ番組内で商品広告を行うプロダクト・プレイスメント(Product Placement)が解禁されることが決まりました。これにあわせてOfcom(Office of Communications = 英国情報通信庁)は、プロダクト・プレイスメントに関するガイドラインを発表しました。

Ofcom confirms product placement on UK TV
http://www.guardian.co.uk/media/2010/dec/20/ofcom-product-placement-uk-tv
Product placement will be allowed on UK television from the end of February 2011, Ofcom confirmed today.
The media regulator published a set of rules that will govern how products can be promoted as part of a revised broadcasting code following a consultation with the industry.

20101220productplacement

[参考]The Ofcom Broadcasting Code
http://stakeholders.ofcom.org.uk/broadcasting/broadcast-codes/broadcast-code/

まず、プロダクト・プレイスメントが含まれる番組では、それを示すロゴを、画面上に表示しなければなりません。そのロゴについては、年が明けたら、改めて公表されるとのこと。

ロゴは、番組の冒頭少なくとも3秒間表示されなければならず、また、CMから番組に戻った時にも表示しなければなりません。

子供番組やニュース番組では、プロダクト・プレイスメントは許可されません。また、イギリスの国内問題を扱った番組や宗教番組でも禁止されます。

映画(ドラマおよびドキュメンタリー)、メロドラマを含むシリーズ番組、娯楽番組、スポーツ番組の4つのカテゴリーでは、プロダクト・プレイスメントが許可されます。

酒、煙草、ギャンブル、薬品、ベビー・ミルク、砂糖や塩が多く含まれる食品も禁止されています。デート・サービス、武器のプロダクト・プレイスメントも禁止されています。

過度に目立つようなプロダクト・プレイスメントは禁止され、また、自然な編集が施されている必要があります。これは、広告ばかりの番組が増えないようにするための措置である。

イギリスにおけるプロダクト・プレイスメントの規模は、広告全体の5%、約1億5000万ポンド(194億円)と推計されています。

[参考]
TVのプロダクト・プレイスメント広告でジャンク・フードなどが制限へ
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/02/tv-b351.html
プロダクト・プレイスメントにゴーサイン――イギリス
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/06/post-211e.html


|

メディア」カテゴリの記事