« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011.02.27

来週にも正式発表か?――どうなる日立のイギリス高速鉄道

イギリスの政治状況に翻弄されて、正式決定が先延ばしになっている日立の鉄道高速化事業ですが、来週にも、最終的な決定がくだされるのではないか、という噂が流れているようです。

Government urged to approve train deal after steel success
http://www.thenorthernecho.co.uk/news/8877791.Government_urged_to_approve_train_deal_after_steel_success/
Transport Secretary Philip Hammond is rumoured to be planning an announcement on IEP next week when Parliament resumes after a half-term break.

The Northern Echoというローカル紙の記事によると、フィリップ・ハモンド交通相は、インターシティ・エクスプレス・プログラム(IEP)について、短期休会中の議会が再開される時に、正式な声明を発表する計画である、という噂が流れているそうです。

英議会のサイト( http://www.parliament.uk/ ) によると、議会の再開日は、28日月曜日ですので、日本では、月曜日の夜か火曜日の朝までには、なんらかのニュースが流れるかもしれません。

[参考]
どうなる日立の鉄道事業?――英タイムズ紙より
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/06/post-cfe5.html
日立に朗報?――イギリスの高速鉄道にゴーサイン
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/10/post-3686.html
どうなる日立――イギリス政府が大幅な歳出見直しへ
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/10/post-e05c.html
日立の高速鉄道計画が承認される見通し――英紙伝える
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/11/post-bf9b.html
日立のイギリスにおける高速鉄道事業の正式決定は来年へ持ち越し
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/11/post-cc71.html
日立のイギリス高速鉄道一年後の評価は
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2011/01/post-9700.html

|

2011.02.11

ノキアがマイクロソフトと提携――どうなるSymbian? その4

フィンランドのノキアが、米マイクロソフトとスマートフォンに関して包括的な戦略提携を結んだ、と発表しました。どうやら、ノキアがマイクロソフトの携帯電話用OSである Windows Phone 7 を採用したスマートフォンを開発するようです。

これは、米アップルのiOS、米グーグルのAndroidに対抗するためで、ノキアにとっても、マイクロソフトにとっても、やむを得ない選択だということができます。

ノキアは、スマートフォン用OSとして、これまでSymbianを採用してきました。Symbian搭載端末に関しては、生産は継続するものの、新たな投資は打ち切り、開発陣は Windows Phone 7 ベースの端末開発に振り向けたそうです。

というわけで、EPOC から始まった Symbian の歴史は幕を下ろすことになりそうで、ちょっと感慨深いものがありますね。

ただ……、マイクロソフトの携帯電話用OSって、Symbianよりも使い勝手が悪いんですけど、それで、iOSやAndroidと戦えるんでしょうか?

[参考]
どうなるSymbian?
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/09/symbian-9ae9.html
どうなるSymbian? その2
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/10/symbian-3f60.html
どうなるSymbian? その3
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2010/11/symbian-f95f.html

|

2011.02.08

英語力強化法Vol.18 Grammar in Use が売れてる理由

遅ればせながら、AERA English の2月号を手に入れたので、紹介します。この号の特集は、マーフィーの文法書として知られる Grammar in Use の特集。

Grammar in Use というのは、レイモンド・マーフィーというイギリス人の英語教師が、1985年に書いた英語文法の問題集で、累計1500万部も売れている世界的なベストセラーだそうです。

マーフィーの文法書は、左ページが文法の解説、右ページが問題と、見開きで1つのユニットを構成している点が特徴で、例文や問題文は、実際の生活で使われるようなものが厳選されています。解説を読んで、問題を解くだけで、体系的に、ネイティブの英語を学ぶことができます。

そして、AERA English 2月号では、30ページにわたる特集で、マーフィーさんへのインタビューも交えて、マーフィーの文法書の魅力をあまさず伝えています。なんでも、イギリス英語版、アメリカ英語版、日本語版のそれぞれに、初級、中級があり、計6種類のマーフィーの文法書があるそうです。

また、iPhoneアプリとして English Grammar in Use Activities と English Grammar in Use Tests の2つが販売されており、通勤途中などでも英語の勉強ができます。

English Grammar in Use Activities
English Grammar in Use Activities - Cambridge University Press - English Language Teaching

English Grammar in Use Tests
English Grammar in Use Tests - Cambridge University Press - English Language Teaching

ただ、この特集で驚いたことは、私も愛用していた Advanced Grammar in Use だけは、著者がマーフィーさんではないとのこと。紹介した意味無かったよ (´・ω・`)ショボーン

でも、このAERA English 2月号は、ハリーポッターを生み出したエジンバラを写真付きで紹介する特集や、映画「ソーシャル・ネットワーク」の紹介記事もあって、お買い得ですよ!

もう書店の店頭にはありませんが……。

|

2011.02.02

イギリスの犯罪マップが凄い件

イギリスでは、2月1日に、地域ごとに犯罪件数や犯罪の種類を表示できるオンライン・マップが開設されました。イングランドとウエールズが対象で、通りの名前や郵便番号で検索することができます。

Police launch crime level maps online
http://www.bbc.co.uk/news/uk-12330031
A new police service mapping crime levels throughout England and Wales has been been launched online.

開設されたのは、Police.uk ( http://www.police.uk/ ) というサイトですが、通りの名前と番地、あるいは郵便番号などで、検索すると周辺地域の犯罪件数と、犯罪の種類が表示されます。

20110202ukcrimemap

BBCの動画にもあるように、周辺に勤務している警察官の名前と顔写真、そして、近々予定されているイベント情報も表示されます。

旅行者や、不動産の購入、引っ越しを検討している人にとっては、きわめて役に立つサイトといえます。ま、不動産業者は困るのかもしれませんが。

開設初日は、アクセスが殺到して、サーバーがダウンしたそうです。

|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »