2011.02.08

英語力強化法Vol.18 Grammar in Use が売れてる理由

遅ればせながら、AERA English の2月号を手に入れたので、紹介します。この号の特集は、マーフィーの文法書として知られる Grammar in Use の特集。

Grammar in Use というのは、レイモンド・マーフィーというイギリス人の英語教師が、1985年に書いた英語文法の問題集で、累計1500万部も売れている世界的なベストセラーだそうです。

マーフィーの文法書は、左ページが文法の解説、右ページが問題と、見開きで1つのユニットを構成している点が特徴で、例文や問題文は、実際の生活で使われるようなものが厳選されています。解説を読んで、問題を解くだけで、体系的に、ネイティブの英語を学ぶことができます。

そして、AERA English 2月号では、30ページにわたる特集で、マーフィーさんへのインタビューも交えて、マーフィーの文法書の魅力をあまさず伝えています。なんでも、イギリス英語版、アメリカ英語版、日本語版のそれぞれに、初級、中級があり、計6種類のマーフィーの文法書があるそうです。

また、iPhoneアプリとして English Grammar in Use Activities と English Grammar in Use Tests の2つが販売されており、通勤途中などでも英語の勉強ができます。

English Grammar in Use Activities
English Grammar in Use Activities - Cambridge University Press - English Language Teaching

English Grammar in Use Tests
English Grammar in Use Tests - Cambridge University Press - English Language Teaching

ただ、この特集で驚いたことは、私も愛用していた Advanced Grammar in Use だけは、著者がマーフィーさんではないとのこと。紹介した意味無かったよ (´・ω・`)ショボーン

でも、このAERA English 2月号は、ハリーポッターを生み出したエジンバラを写真付きで紹介する特集や、映画「ソーシャル・ネットワーク」の紹介記事もあって、お買い得ですよ!

もう書店の店頭にはありませんが……。


|

英語」カテゴリの記事