2011.03.27

東日本と西日本の経済規模を比較してみる

先日のエントリーで、日本を東と西に分割して、それぞれに首都を持つようにしたらどうだろうか? と提案しました。では、東日本と西日本は、どの程度の規模となるのでしょうか?

「首都機能移転」論議の終焉――日本のポストモダン Scene4
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2011/03/scene4-d343.html
《東日本政府と西日本政府がそれぞれ一つずつ議会と政府を持ち、総理大臣、防衛大臣、外務大臣は、両議員が互選して連邦政府を構成する、というイメージです。国境は、電気の周波数の50Hzと60Hzの境界線でよいでしょう。》

まず、内閣府の公表している「県民経済計算」の2007年の地域別データによると
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/kenmin/h19/main.html
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/kenmin/h19/soukatu1.xls

北海道・東北:60兆円
関東:203兆円
中部:82兆円
近畿:81兆円
中国:29兆円
四国:13兆円
九州:48兆円

東日本は、北海道+東北+関東の263兆円。
西日本は、中部+近畿+中国+四国+九州の253兆円。

先日のエントリーで書いたように、国境を電力周波数の50Hzと60Hzの境界とすると、静岡県(16兆円)の半分と山梨県(3兆円)が、東に入るので、これを勘案すると

東日本:274兆円
西日本:242兆円

と、ほぼ拮抗した経済規模となります。

同じように統計局のデータで2010年の人口を比較してみると、
http://www.stat.go.jp/data/nihon/zuhyou/02syo/n0200200.xls

東日本:5870万人
西日本:6822万人

となり1000万人ほど西日本が多くなるのですが、まあ、許容範囲だと思います。

西日本と東日本の二国による連邦制という案、なかなかいいんじゃないかと思うのですが、いかがでしょうか?


|

社会」カテゴリの記事