2016.05.29

▽『失われた国家の富』――タックス・ヘイブンの経済学

ガブリエル・ズックマン『失われた国家の富:タックス・ヘイブンの経済学』(林昌広訳、NTT出版)

《為政者たちの勇ましい宣言にもかかわらず、脱税者たちは、ほぼ野放しの状態である。脱税者たちにとって唯一のリスクは。課税当局が何者かによって盗まれた資料を押収するか、税務申告をしていない口座に関する情報を偶然に入手する場合である。……皮肉なことにオンデマンド型の租税情報交換は、違法すれすれで得られた情報を利用しない限り、機能しないのである。》(p.86)

本書は、『タックス・ヘイブン』の実態を、統計データをもとに推計したもので、フランスでは2013年に出版(邦訳は2015年2月)されている。

最近、世界的に注目を集めている「パナマ文書」は、まさに「何者かによって盗まれた資料」である。

ズックマンの推計によると、タックスヘイブンに隠された金融資産は5兆8000億ユーロ(約800兆円)にのぼり、世界全体の家計の金融資産の8%を占めるという。

[目次]
 イントロダクション
  タックス・ヘイブンに対して行動を起こそう

 第1章 オフショア金融の時代
  タックス・ヘイブンの誕生
  タックス・ヘイブンとしてのスイスの黄金時代
  ヴァージン諸島、スイス、ルクセンブルグという魔の三角地帯

 第2章 国家の失われた富
  世帯の金融資産の8%
  ルクセンブルグという奈落の底
  千三百億ユーロの税収の喪失
  フランスの場合

 第3章 避けるべきミス
  自動的情報交換システムの誕生
  カユザック予算相の脱税事件からの教訓
  外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)に期待できること
  EU貯蓄課税指令の大失敗

 第4章 何をなすべきか。新たなアプローチ
  金融制裁、貿易制裁
  正当化できて現実的な制裁
  制裁関税率計画を作成する
  ルクセンブルグ:これからまだ伸びるのか
  世界的な金融資産台帳の実現に向けて
  資本に対する課税
  多国籍企業の会計操作
 21世紀社会の租税

 解説
  タックス・ヘイブン入門
  本書の位置付け
  日本人にとってのタックス・ヘイブン

| | コメント (0)

2015.05.23

▽『オフ・ザ・マップ』――世界から隔絶された場所

アラステア・ボネット『オフ・ザ・マップ 世界から隔絶された場所』(夏目大訳、イースト・プレス)

本書は、英ニューカッスル大学地理社会学教授であるアラステア・ボネットが、世界中の「隔絶された場所」について書いたものである。

ある場所が周囲から隔絶されてしまう理由は、さまざまだ。地図に載っていない場所、国と国の狭間の場所、あるいは飛び地や未承認国家などなど。なるほどなるほど、と読むことができる。

写真がないことが少し本書の価値を下げているかもしれないが……。

また、「廃墟と化した場所」として、チェルノブイリのゴーストタウン「プリピャチ」も紹介されているものの……。

原著は2014年に出版されているが、2011年の原発事故以降、人が住めなくなっている(おそらく半永久的に)福島県双葉郡が本書に含まれていないのはなぜ? と思わざるを得ない。

|

2015.04.26

▽『国際メディア情報戦』

高木徹『国際メディア情報戦』(講談社現代新書)

NHKプロデューサー高木徹による著作は、以前にも

▽『大仏破壊―ビンラディン、9・11へのプレリュード』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/05/911-0949.html

を紹介したことがあります。これは、タリバンによるバーミヤンの大仏破壊を描いたもので、タリバンがオサマ・ビンラディン率いるアルカイダにいかに乗っ取られていったかを綴っています。

これより前にも、ボスニア紛争における情報戦を描いた『ドキュメント 戦争広告代理店』という著作がありますが、本書『国際メディア情報戦』はそれに連なるものです。

海外におけるテロや政治やメディアの事情を知る上で役に立つ情報も多いものの、「では、日本はどうなのよ?」という疑問もわいてきてしまいます。特に、3.11による福島原発事故をめぐる報道は? と素朴に思います。

NHK所属の著者の限界と言えるかも知れません。

また、本書は2014年1月発行なのですが、その後に台頭してきたいわゆる「イスラム国」のメディア戦略も、もちろんフォローされていません。

この「国際メディア情報戦」という分野は、真実を後から知ったところで、もう手遅れになってることも多いわけで、リアルタイムに対抗していくには、NHKをはじめとするマスコミにも頑張ってもらわにゃ、と思うわけです。

[目次]
まえがき
序 章 「イメージ」が現実を凌駕する
第1章 情報戦のテクニック ジム・ハーフとボスニア紛争
第2章 地上で最も熾烈な情報戦 アメリカ大統領選挙
第3章 21世紀最大のメディアスター ビンラディン
第4章 アメリカの逆襲 対テロ戦争
第5章 さまようビンラディンの亡霊 次世代アルカイダ
第6章 日本が持っている「資産」
終 章 倫理をめぐる戦場で生き残るために
あとがき

|

2015.04.22

▽『安倍政権と日本政治の新段階』

渡辺治『安倍政権と日本政治の新段階 新自由主義・軍事大国化・改憲にどう対抗するか』(旬報社)

本書はちょっと古く、2012年末の総選挙で自民党が大勝し、第二次安倍政権の発足を受けて書かれたもので、2013年5月に発行されたものです。

当時、読んだ時はいまひとつピンと来なかったのですが、改めて読み直してみると、自民党の小泉政権と安倍政権から、民主党、自民党第二次安倍政権のジグザグを、わりとうまく説明しているので内容を紹介します。

本書の前提として、自民党内には急進的構造改革派と漸進的構造改革派の対立があるということ、民主党はもともとは構造改革指向の政党であり、自民党と民主党の保守二大政党制が指向されていたことが、指摘されている。

簡単にまとめると次のような流れとなる。

橋本政権(急進的)→小渕政権と森政権(漸進的)→小泉政権と安倍政権(急進的)

そして、小泉政権の構造改革路線のアンチテーゼとして、もともとは構造改革指向だった民主党が、小沢一郎代表のもとで反構造改革路線に転向したことで、保守二大政党制が崩れることになる。

しかし、2007年の参院選の結果、第一次安倍政権が崩壊すると、漸進的構造改革指向の福田政権と麻生政権で自民党政権の延命を図ろうとするが失敗し、2009年の総選挙で民主党に政権の座を明け渡す。

しかし、政権につくとともに民主党は、構造改革反対、非軍事大国化から方向転換せざるを得なくなり、その結果、

《比喩的にいえば、民主党に対する「左」からの支持者層と「右」からの支持者層が相次いで離反してしまった》(p.19)

一方、政権の座を離れた自民党にも変質が現れていた。

《第一に、自民党は政権を離脱したために、統治政党として常に持ち続けてきた、国民統合を図るための自省を失った。その結果、自民党の右翼イデオロギー的な側面がもろに現れた。……
 第二に、自民党は、二〇〇〇年代に入って以降、地方構造改革政策のもとで、それまで官僚と癒着して地元や利益団体に補助金や公共事業を配分することによって維持してきた地域支配網を弱体化させた。……
 第三に、自民党の利益誘導派の長老の引退が、自民党内の安保・外交路線の右傾化、中国・韓国との協調路線の後退をもたらしたことも見逃せない》(pp.31-32)

「こうした自民、民主両党の変質・弱体化」により、「選挙のたびごとに議席の大変動」が起こり、「保守二大政党制の機能麻痺」がもたらされたという――。

[目次]
はじめに
第1章 参院選の結果が示す日本政治の方向―2つの「対案」対決の時代
一 参院選の3つの特徴―2つの「対案」の台頭
二 自民党の圧勝の新たな特徴と要因
1 自民党大勝の構造
2 大勝の原因・その1―小選挙区制と民主党減少に助けられた
3 大勝の原因・その2―アベノミクスへの仕方のない期待
4 安倍首相の本音・改憲志向を隠した
三 保守二大政党制の崩壊と保守多党制
四 共産党の躍進
1 共産党躍進の構造―歴史的回復への一歩
2 共産党躍進と都議会議員選挙
3 一三参院選における共産党躍進の原因・その1―保守二大政党制の崩壊
4 共産党躍進の原因・その2―運動の昂揚が政治の転換に結びついた
5 共産党躍進の原因・その3―アベノミクスへの対案が浸透しはじめた

第2章 参院選後、安倍政権の政治は何をめざすか?
一 参院選後の新たな政治体制―安倍政権を取り巻く困難な環境
1 アメリカの世界戦略の変化
2 財界の圧力
3 一党優位の保守多党制の困難
二 参院選後、安倍政権の改憲、軍事同盟強化の新戦略
1 安倍政権を取り巻く環境をふまえた新戦略
2 参院選後の解釈改憲の加速
(1) 解釈改憲の梃子―安保法制懇
(2) 国家安全保障基本法と自衛隊法改正
(3) 自衛隊の海外侵攻軍隊化
(4)「戦争する国」づくりも解釈改憲で一歩を
3 明文改憲の並行
三 参院選後、新自由主義改革は新段階へ―社会保障制度改革に焦点をあてて
1 アベノミクス第2幕
2 新自由主義再起動から新段階へ―社会保障構造改革に焦点をあてて

第3章 構造改革・改憲を阻み平和と福祉の実現をめざす国民的共同を
一 改憲・構造改革は阻むことができる
1 消費税引き上げをめぐる支配層内の対抗と苦悩
2 TPPも、原発再稼働も
3 集団的自衛権の解釈改憲と、改憲反対の声
二 国民的共同をつくるために・その1―参院選が示した教訓
1 社会と政治の連携
2 東京、大阪など大都市部の躍進の教訓
三 国民的共同をつくるために・その2―国民的共同づくりの3つの論点
1 安保共闘型とは異なる国民的共同
2 良心的保守層との長期にわたる共同
3 ますます重要な、福祉国家型対抗構想の提示
むすびに代えて―日本の進路をめぐる2つの道の対峙の時代

参考資料
1 「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」報告書(抜粋)(2008年6月24日)
2 国家安全保障基本法案(概要)(抄)(2012年7月4日)
3 自民党・新「防衛計画の大綱」策定にかかる提言(2013年6月4日)
4 「社会保障制度改革国民会議」報告書(抜粋)(2013年8月6日)

あとがき

|

2015.04.06

▽『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』

柴那典『初音ミクはなぜ世界を変えたのか?』(太田出版)

本書は、「初音ミク」を音楽史の中に位置づけようとする試みである。

本書によると、音楽の歴史には、「サマー・オブ・ラブ」と呼ばれる時期が存在するという。

一度目は1967年の米西海岸、二度目は1980年代後半のイギリス。そして、初音ミクの登場した2007年は、三度目の「サマー・オブ・ラブ」という……。

ま、そんなことはさておき(笑)、本書を読むと、初音ミクを中心とした現象の流れを追うことができます。しかし、本書では、「初音ミク」にのみ焦点をあわせているために、初音ミク以外のボーカロイドについてはフォローされていません……。

初音ミクについては2007年の登場以来、ずっと関心を持ってきましたので、本書に書かれていることもだいたいは思い出すことができます。

にもかかわらず、ある時点から、初音ミクに関する記憶が抜け落ちてしまっていることに気がつきます。それはどの時点だろうか、と考えながら読み進めると、やはり2011年3月11日に発生した東日本大震災と福島原発事故以来だと言うことがわかります。

初音ミクのクロニクルにおいて、2011年はどんな年だったか?

2011年9月にニコニコ動画に投稿された二つの曲「千本桜」と「カゲロウ・デイズ」が、その後にメディア・ミックス的なムーブメントへと拡大していきます。このあたりで、ちょっとついていけなくなった感はあります。

初音ミクの生みの親とも言えるクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長に、本書の著者がなげかけた言葉――。

《――今回の単行本の取材では、いろんな関係者の方にお話を伺ってきましたが、皆さん、声をそろえて「奇跡的なタイミングだった」「運命的なタイミングだった」と仰っていました。当時は気づかなくても、後から振り返れば本当にそうだった、と。》(p.261)

ほんこれ(笑)。

[目次]
序章 僕らはサード・サマー・オブ・ラブの時代を生きていた
・新しい「幕開け」がそこにあった
・「誰が音楽を殺したのか?」の犯人探しが行われていた二〇〇七年
・新しい「遊び場」が生まれた年
・二十年おきに訪れる「サマー・オブ・ラブ」

第一章 初音ミクが生まれるまで
・二〇年前からずっと繋がっている
・それは三行広告から始まった
・MIDIとDTM文化の登場
・初音ミクに受け継がれた名機「DX7」
・ベッドルーム・ミュージシャンたちの静かな楽園

第二章 ヒッピーたちの見果てぬ夢
・六〇年代に生まれた音楽家の「遊び場」
・「帰って来たヨッパライ」が日本のロックを変えた
・「サマー・オブ・ラブ」とは何だったのか
・ヒッピーカルチャーとコンピュータ文化を繋いだ男
・セカンド・サマー・オブ・ラブとレイヴの時代

第三章 デイジー・ベルからボーカロイドへ
・歌声だけが取り残されていた
・最初に歌った言葉「あさ」
・『二〇〇一年宇宙の旅』、死にゆくコンピュータの歌
・モーグ博士と「パプペポ親父」

第四章 初音ミク誕生前夜
・無風だった最初のボーカロイド
・声優・藤田咲を起用した理由
・アンダーグラウンドシーンから開発者の道へ
・初音ミク誕生の裏側にあった、竹村延和の一言
・「同人音楽」という土壌
・ニコニコ動画とMAD文化

第五章 「現象」は何故生まれたか
・二〇〇七年の「運命的なタイミング」
・仕掛け人は誰もいなかった
・「このビッグバンが、次の時代へのリファレンスになる」

第六章 電子の歌姫に「自我」が芽生えたとき
・キャラクターからクリエイターへ
・「メルト」が変えた風景
・ルーツにあった「強度」
・「歌ってみた」とエレックレコード

第七章 拡大する「遊び」が音楽産業を変えた
・ヒットチャートを侵食する新たな波
・カラオケと著作権の新しい関係
・三次元に舞い降りた歌姫

第八章 インターネットアンセムの誕生
・「世の中が動くかもしれない」
・初音ミクがウェブの「日本代表」に
・「ヘイル・トゥ・インターネット」
・二〇一二年の「ホテル・カリフォルニア」

第九章 浮世絵化するJポップとボーカロイド
・「千本桜」は何故ヒットしたのか
・「カゲロウプロジェクト」が受け継いだ一〇代の魂
・Jポップの「物語音楽」化
・「高密度ポップ」の誕生
・ボーカロイド「高速化」の理由

第一〇章 初音ミクと「死」の境界線
・揺らぐ「いる」と「いない」の感覚
・創造をもって死を乗り越える、ということ
・パリ・シャトレ座に響いた「終わり」のアリア

終章 未来へのリファレンス
・最初は消えそうなくらい小さな炎だった
・初音ミクと「情報革命」
・消耗品になってほしくなかった
・ブームは去っても、カルチャーは死なない
・新しい音楽文化の可能性
・音楽の未来、クリエイティブの未来

|

2015.01.26

▽『朝日新聞』――日本型組織の崩壊

朝日新聞記者有志『朝日新聞 日本型組織の崩壊』(文春新書)

朝日新聞記者有志なる著者が、最近の朝日新聞をめぐるあれやこれやの内幕を暴露したもの。朝日叩きの急先鋒だった文藝春秋から出版しているのも味わい深い。

いろいろと驚いたことを箇条書きすると、

・従軍慰安婦の検証は、当初は自社記事を補強するための前向きな検証作業だった
・それが社内に知らせずに突然の訂正記事になった
・お詫び付きバージョンも作成したがそれはホゴにされた
・池上彰のコラム掲載拒否は木村社長の指示だったが記者会見では部下に責任を押しつけた
・東京電力の「吉田調書」の記事では東電の社員にまったく取材をしていなかった
・続報は他紙で既報済みだった
・『週刊朝日』のハシシタ記事は社運をかけていたため誰も批判できなかった
・社内の秘密が週刊誌に頻繁にリークされるがやってるのは幹部クラスらしい

などなど……。

ほんとうに朝日新聞は、どうなっちゃうんでしょうねえ?

|

2014.11.29

▽『<役割語>小辞典』

金水敏『<役割語>小辞典』(研究社)

「役割語」とは?

《話し方と人物像が結びついているとき、その話し方を役割語というわけですが、話し方には語彙、話法、言い回し、イントネーション等の要素がある》(p.vi)

このような視点で、さまざまな「役割語」を収集し、辞書的に配列して解説を加えたものが本書である。

たとえば、「ほほほ・おほほ」は、

《笑い声を表す感動詞。口元を手でおおったりして控えめに軽く笑う笑い方。主として女性の笑い声を表す(<女ことば>)。》(p.170)

もちろん挿絵は、『エースをねらえ!』のお蝶夫人(笑)。

|

▽タブーの民俗学手帳――『禁忌習俗事典』

柳田国男『禁忌習俗事典』(河出書房新社)

本書は、柳田国男の全集未収録の記録を復刻するシリーズの一冊で、原著が発行されたのは1938年である。

《我邦では現在イミという一語が、かなり差別の著しい二つ以上の用途に働いている。》(p.2)

本書を読んでいくと、「火に負ける」など、「火」が「忌」の意味で使われているケースが多いことに気づく。

|

2014.11.27

▽書店員のリアルな姿――『出版営業百ものがたり』

齋藤一郎『出版営業百ものがたり』(遊友出版)

カリスマ書店員の武勇伝みたいな本は、ちょくちょく見かけますが、本書は、出版社の営業マンの綴ったコラムです。

営業マンとしての本音、他社の営業マンや書店員への共感や不満も、割と率直に綴られていて、なかなか興味く読むことができます。

出版業界紙『新文化』に1994年2月~2005年10月まで連載されたものを、加筆してまとめたもの。一つのコラムが見開き2ページに収められていて、カチッとした文章を味わうこともできますね。

|

2014.11.23

▽SNSで農業革命

蓮見よしあき『SNSで農業革命』(碩学舎ビジネス双書)

本書は、2005年に長野県に移住し、自社ブランドのワイン製造に取り組んだ著者が、いかにSNSを活用したかを綴ったものである。

2010年には「はすみふぁーむ」ブランドのワインの販売を開始するとともに、ワイナリーの建設を開始。さらに、この年から始めたツイッターとフェイスブックが、大きな転機をもたらします。

年間1万本ほどのワインを出荷しますが、SNSを通じて、ほぼすべてが販売できているそうです。

著者が、どのようにSNSを活用したかについては、本書に詳しく書かれていますが、最後にホリエモンがしれっと対談に登場しているのは、いかにもビジネス書な感じで、ガッカリ感がありますね(笑)。

[目次]
第1章 なぜ今、農業にSNSが必要なのか
[1]「はすみふぁーむ&ワイナリー」の軌跡
[2]これからの農業に必要な2つのこと
[3]6次産業化+SNSでさらに強い農業へ
column 01 SNSやるならパソコン? それともスマートフォン??

第2章 SNSで広がる農業経営のアイディア
[1]SNSを使うと何ができるのか
[2]ブランディングで商品価値を高める
[3]農業人としてのSNSとの向き合い方
[4]SNSで世界に勝てる農業を
column02 ブランディングに必要なのは経営者の人間的魅力

第3章 実践編I フェイスブック
[1]フェイスブックの使い方と活用方法
[2]応援してくれる人を増やすブランディング法
[4]「いいね! 」の増やし方
column 03 フェイスブックで農作業の応援隊を募集する

第4章 実践編II ツイッター
[1]ツイッターの使い方と活用方法
[2]ツイッターでのぼやき方
column 04 注目のSNS、LINE

第5章 実践編III フェイスブック+ツイッター+アルファ
[1]SNS+ブログ、メルマガ、ホームページの相乗効果
[2]販売の決め手 SNSからホームページへの導き方
[3]SNS、ブログ、メルマガの使い分け方
[4]SNS+リアルな交流の相乗効果
[5]イベント、メーカーズディナー、セミナーの行い方
column 05 リアルな交流で販売につなげる

第6章 SNSは農業を救う
[1]SNSは夢をかなえるためのツール
[2]SNSで儲かる農業の実践を
[3]今こそ農業を成長産業に
column 06 時間は自分で作るもの

対談
農業にはチャンスがある! これからの農業のあるべき姿

おわりに

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«▽吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日――『死の淵を見た男』