« 1994年6月 | トップページ | 1994年9月 »

1994年7月

1994.07.10

▽『政治ジャーナリズムの罪と罰』――現役政治記者によるジャーナリズム批判




田勢康弘『政治ジャーナリズムの罪と罰』(新潮社)



 「惜敗率(せきはいりつ)」という言葉をご存じか。現在、区割り案を作成中の新しい選挙制度(小選挙区比例代表並立制)に導入される仕組み。

 新しい選挙制度では、小選挙区と全国一一のブロックに分けた比例区のどちらにも立候補(重複立候補)できる。そして、比例区(拘束名簿式)では、名簿搭載順位を同じにできるため、同順位の候補者のどちらを優先させるかを惜敗率できめることになる。

 惜敗率は、落選した候補者の得票が、当選者の得票数の何%を占めたかをはかるもので、負け方の度合いを測定するものである。たとえば、A、B、二人の候補者が各々小選挙区と比例区で立候補、比例区の名簿順位が二人とも一位とする。そして、小選挙区では二人とも落選、比例区では一人だけ当選という結果になった場合、惜敗率の高い候補者が比例区で当選、ということになる。

 これは、なにをもたらすか。

 小選挙区制の特徴として、しばしば指摘されることは、「候補者の勢力が、僅差の場合は激戦区となり、差が大きければ無風区となる」というもの。しかし一一ブロックに細分化された比例区に、惜敗率という制度が加わると、負け方(惜敗率)を問われる候補者が多数あらわれるのは言うまでもない。惜敗率を高めるには、自分の得票数を上げるか、当選者の得票数を下げるしかない。そこで、なにが行なわれるのか……。

 並立制から始まり、併用制、連用制と政治制度改革案は二転三転してきた。そして、社会党による参議院での否決、連立与党と自民党による妥協と目まぐるしく変わってきた。
 『政治ジャーナリズムの罪と罰』は、日本経済新聞の論説委員でもある現役の政治記者が、92年10月から94年1月まで月刊誌に連載したものをまとめたもの。新聞記者による、新聞における政治ジャーナリズム批判である。

 94年1月までの連載分であるために、1月末に起きた、選挙制度改革案の社会党による参議院での否決、そして連立与党と自民党による妥結など、は触れられていない。当然、この時点では、「惜敗率」の問題も生じていないが、その後の新聞、テレビなどで、この問題が語られたのを聞いたことがない。

 かつて湾岸戦争の時、「テレビは映像というイメージしか伝えられないが、新聞なら背景や分析を伝えられる」という議論がさかんになされたが、現在の新聞ジャーナリズムが、冷静な報道を行なってきているのか疑わしい。早朝のテレビ番組が、各紙を並べて映しだし、「この問題ついては各紙とも見方が分かれています」とやるのは、もはや当たり前。テレビの方が、冷めているとも言えるだろう。

 田勢氏の批判は、新聞を愛するがゆえ、ともいえる。しかし、現在の記者クラブや番記者といったものへの批判は、すでに何度も繰り返されてきたものだ。田勢氏は、「まともなジャーナリトを一人でも多く、育成すること」を主張するが、それが、できなかったために、現在の状況が生じてるのではなかったか。

「五五年体制の崩壊」が叫ばれる今、第四権力として五五年体制の一翼を担ってきた大新聞自らが変革をせまられていることへの視点が欠けているような気がしてならない。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽『私の外国語上達法』――外国語上達の秘訣を教える五〇のエッセイ



『私の外国語上達法』(安原顕編、リテレール・ブックス)



 『私の外国語上達法』は、雑誌感覚の単行本「リテレール・ブックス」シリーズの第二弾。翻訳家など外国語に携わる人々の外国語学習にまつわるエッセイ集である。エッセイ集としても楽しめるが、外国語を学ぼうとしている人には、是非ご一読をおすすめしたい。愛用の辞書も紹介されており役に立つ。

 さて、本書の編者”スーパーエディター”安原顕が巻末で吠えまくっている。

 「ぼく自身、『英語』は中学・高校・大学の第二語学(高校を五年やったため)計十年、高校の第二語学は「ドイツ語」(落第したので計四年)、よせばいいのに大学は仏文科に進み(一応、六年在学したので六年間)、これだけやったにもかかわらず、身についた外国語は一つもない。なぜか」

 無味乾燥でつまらぬ教科書の講読ばかりの授業では何十年やっても身につくはずはない。社会に出れば使うことなどないため、何のために勉強したのか呆れるくらい忘れてしまう。語学教師の馬鹿さ加減、文学・芸術的教養のなさ。「ABC」と「文法」から始める幼稚園並みの大学の講義。日常会話が話せる程度の帰国子女を珍重する馬鹿企業・・・。

 「結局のところ、一般人にとっての『語学』とは、本を読み、知識や情報をえるための道具でしかなく、その程度のことであれば、独習であっても辞書を引き引き読めば、おおよそのことは分かるものであり、何十年かけて教育しているつもりの日本の語学教育など、一日も早くやめにすべしと、ぼくは声を大にしていっておきたい」

 学校教育の無用ぶりを伝える本をもう一冊紹介しておこう。

 『外国語としての日本語』(佐々木瑞枝著、講談社現代新書六五〇円)がそれだ。外国人に日本語を教える日本語教師の立場から書かれている。



 本書によると、学校教育で教えられる国語文法(口語文法)とは、「古典文法」に合わせて作られたものだという。現代人にとって「古典」は外国語のようなものであり、国語文法は、古典文法を習うための導入部分のようなものだ。つまり、国語文法は、現在の話し言葉を分析して作られたものではない。

 確かに、学校教育で覚えさせられた国語文法の、たとえば動詞の活用(未然形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形)など、日頃は全く意識しないが、それは、日本語を話せる日本人にとって、文法など必要はないためだ。それでは、日本語をまったく知らない外国人に対する場合はどうなるか。

 「我々が習ってきた『国語文法』は、すでに日本語が理解できる『日本人』を相手にしてきただけに、大切な文法項目が抜け、とてもこれでは太刀打ちできない」

 日本語に即した日本語文法を、国語文法にかわるものとして提示している。先の動詞の活用の例としては、主に語尾の形に注目して、ますフォーム、辞書形、てフォーム、たフォーム、たらフォーム、たりフォーム、否定形、受け身形、使役形、意向形に分類する。

 外国人に説明するのなら、こちらの方がすっきりしているのは、言うまでもない。外国人に簡単な日本語を教える程度にすら役にたたない国語教育など、即刻やめにすべし、である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽『マルコポーロ』――編集長変わって”一拍休み“



 「週刊文春」を国民的雑誌にまで引き上げた功労者が、花田紀凱前編集長であったことは、よく知られている。その花田氏は、この4月から若者向けビジュアル誌「マルコポーロ」の編集長に就任している。この「マルコポーロ」、4月発売号は5・6月合併号とし、5月発売分は休刊、花田新編集長によるリニューアルが進められている。

 「マルコポーロ」といえば、文芸春秋が91年に三誌創刊した雑誌のうちの一つ。このうち、すでに一誌が休刊、高齢者向けの「ノーサイド」も低迷を続けている。「マルコポーロ」も、実は二年前に一度、全面リニューアルを行っている。この時に編集長に就任したのが斉藤禎氏。硬派ジャーナリズム誌として創刊された同誌を、特集主義のカルチャー雑誌へと作り替えた。同誌の手法は、他の若者向け雑誌「エスクゥワイヤ」などにも影響を及ぼしてきた。

 しかし、業界内での評価はともかくとしても、部数低迷はいかんともし難った。 斉藤氏は、女性誌「クレア」を軌道に乗せた功労者でもあるが、その斉藤氏を更迭してまで行った人事だけに「マルコポーロ」がどうリニューアルされるかが注目される。この背景には、「花田氏でもダメなら・・」という判断があった、といわれている。

 花田氏は、かつて写真誌「エンマ」のデスクとして、日航機墜落事故現場の凄惨な写真をカラーで掲載したことがある。そのタカ派スキャンダル路線は、またしても読者に受け入れられることになるのだろうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

▽『団塊の世代』

堺屋太一『団塊の世代』(文春文庫)



 「団塊の世代」という言葉を流行語にした、堺屋太一による1976年発表の未来予測小説。

 戦後の1947年から49年に生まれた日本人は、その直前より二〇%、その直後より二六%も多い。この団塊世代の行く末を80年代半ばの電機メーカー、80年代末の自動車メーカー、90年代前半の都市銀行、90年代末の総理府を舞台に描いていく。

 80年代半ばからのバブル経済こそ、堺屋は予見できなかったものの、堺屋の指摘する問題は、バブル崩壊後の今、むしろ重くのしかかってきている。

 いずれのエピソードも、団塊世代の中でもずば抜けた昇進を遂げたエリートが主人公となっている。これは、83年から92年まで漫画雑誌に連載され、団塊世代の圧倒的な人気を博した『課長 島耕作』と似た設定となっている。

 ただし、『団塊の世代』の場合は、状況を伝えるためのテクニックとして、こうした設定が採用されているのであり、主人公には、関連会社への出向といった苦い結末が待ち受けている。特に、団塊世代が五〇歳を迎える第四話「民族の秋」は、もはや醜悪としか言いようがなく、『課長 島耕作』は、いずれ直面するであろう、こうした現実から目をそらせ、団塊世代を慰撫する役割しか果たしていなかったとさえいえる。

 「あの高度成長の時代、いやそれに続く七〇年代・八〇年代の、まだまだ日本に力があった頃を無為無策に過ごしてきたこと」の責任を、団塊世代だけに押しつけるのは酷だろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 1994年6月 | トップページ | 1994年9月 »