1994.10.10

▽「ワープロと日本語」――日本語と漢字をめぐる悪戦苦闘



 前略
 この度、わたしも時代に遅れ茶如何と思ってワープロヲ キノキキ 失敗。

 パスティーシュ(模倣小説)の鬼才・清水義範による『ワープロ爺さん』(講談社刊『永遠のジャック&ベティ』所収)の冒頭である。このまま延々と変換ミスが続くのだが、なんとなく読めてしまうのが面白い。

 『私のワープロ考』(安原顕編、メタローグ)は、ワープロを使っている文筆家のワープロ考を集めている。圧倒的に多いのが「モノ書き専用のワープロを作ってほしい」という要望だ。無駄な機能を省き、文書の容量を大きくする、そしてワープロの辞書を修正して欲しい、というものだ。

 『電脳辞書の国語学』(箭内敏夫、おうふう)では、パソコン用ワープロソフトの辞書を徹底検証している。業界内には少なからずインパクトを与えたようで、「一太郎」で有名なジャストシステムは辞書を監修する委員会を設立している。

 そもそも、これぞというワープロの辞書が作れないのは、日本語特有の表記に問題がある。「悪魔の文字と戦った人々」という副題の付けられた『日本語大辞典』(紀田順一郎、ジャストシステム)は、この日本語を克服しようとした人たちの苦闘が綴られている。漢字をやめて仮名にだけにすべしという「仮名文字論」、いやすべてローマ字にすべきだという「ローマ字論」、新しい文字を作ってしまおうという「新国字」運動、志賀直哉にいたっては「フランス語を国語にせよ」という主張さえしている。

 ワープロという便利なモノができたおかげで、日本語データベースは、はるかに進歩した。同時にワープロを日本語だけでなく外国語にまで使いたいと考えるようになるのも当然だろう。『電脳外国語大学』(三上吉彦他編著、技術評論社)は、外国語のワープロソフトを使用するうえでの悪戦苦闘ぶりを紹介している。こうした電脳界の他言語化を促進するために、Unicodeなるものが考案されている。これを使えば多国語対応ソフトが簡単に作成できるため、米国マイクロソフト社などが熱心に進めている。

 しかし、このUnicodeにも何かと問題があると、『電脳激動』(坂村健著、日刊工業新聞社)は指摘する。中国、台湾、日本の漢字は同じ字でも微妙に形が異なるため、別々のコードをふらざるをえない。また、これまで使用してきた日本独自の漢字コードが使えなくなり、過去の文書データを使用するのに莫大なコストがかかってしまう。いずれ日本もUnicode使用を迫られるだろうが、この問題に関して日本はもっと提案や発言をすべきである。

 「漢字という絵文字を使うのは文化程度が低いからだ」「日本の人は漢字を使っているから中国人である」。こうした誤解を解くためにも、日本はもっと国際貢献が必要だろう。



|

書評1990s」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ▽「ワープロと日本語」――日本語と漢字をめぐる悪戦苦闘:

« ▽『良い円高 悪い円高』――現在進行中の円高を分析するポレミカルな日本経済論考 | トップページ | ▽『中年なじみ』――会社人間の半生を問い直すミドル達の生き様 »