1994.11.10

▽『イトマン・住銀事件』



『ドキュメント イトマン・住銀事件』(日本経済新聞社)



 日本経済新聞の特別取材班による、「イトマン・住銀事件」のドキュメント。

 90年5月の報道を発端とするイトマン事件の特徴は、マスコミがイトマンに注目しているさなかに、イトマンと許永中の間で不正な絵画取引が行われるなど、事件が同時進行で進んでいった点にある。この絵画取引は、絵画を担保とした融資に切り替えられたものの、許永中は資金繰りに窮し、91年4月に不渡りを出す。これを機に、大阪地検の強制捜査が開始された。

 本書は、この直後に出版されたものであり、事件全体の整理ができておらず解りにくい点が多い。しかし、そのことがあらぬ効果を生み出し、かえって当時の異様な熱気が伝わってくる。

 イトマン事件の報道では、日本経済新聞社のような、資本主義に寛容なはずのメディアがリードした。それほどまでに、資本主義の根幹を揺るがす事件であったといえるだろう。

 先頃起きた、住友銀行名古屋支店長殺害事件が、イトマン事件と関係があったとは言い切れない。しかし、「向こう傷は問わない」と称される磯田イズムが、全く無関係だったとは言えまい。

 すでに、磯田一郎は昨年死去しているが、死して今なお住友銀行を苦しめ続ける「磯田イズム」とは、一体何だったのか。そして、第二第三の磯田一郎が現れた時、それが事件となる前に批判しうる言葉を、“経済”ジャーナリズムは持つことが出来るのだろうか。



|

書評1990s」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ▽『イトマン・住銀事件』:

« ▽ナンシー関の見方――『鳩よ!』1994年10月号 | トップページ | ▽『大恐慌の謎の経済学』 »