1994.12.10

▽週刊図書館『全共闘白書』――『週刊朝日』10月28日号



 書評で書評を紹介するというのも、おかしな話だが、ご許し願いたい。

 週刊朝日の書評欄「週刊図書館」において、書家の石川九楊氏が、『全共闘白書』(新潮社刊)の書評を行っている。同書は、全共闘運動体験者へのアンケートの回答集である。

 体験者の半数以上が、「また参加したい」と思う全共闘運動は、暗く、重く、にがいものであるはずの反体制運動のなかではきわめて異質な運動である、といえるだろう。

 石川氏は「学生運動は敗北したが、全共闘運動は勝利した」という。

 全共闘運動は、「超高度資本主義に追いつき、違和感なく生きるための自己変革運動であり、勝利は約束されていた。超高度資本主義を猜疑し、突入を躊躇していた人間と文化をせん滅し、来るべき時代への地ならしをし、風通しのよい広々とした空間をつくり上げた」にすぎないという。そして、「その上に、七〇年代~九〇年代の不毛な文化は花開いた」

 すでに社会の中枢を占め、加害者の立場に押し出されながらも、その自覚が全くなく、「仕事に満足せず」「年収が少ない」と考える全共闘世代。

 「国家にはどこまでも寄生して、不満を言い、政治青年顔をして、超高度資本主義、高福祉社会での消費戦士として一生を終えるつもりらしい」

 石川氏は、「『穀潰し』になってまで生きることはない、程度の覚悟をもって」と締めくくっている。



|

書評1990s」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ▽週刊図書館『全共闘白書』――『週刊朝日』10月28日号:

« ▽『官僚』――エピソードで綴る日本の官僚の実態 | トップページ | ▽「四十にして惑わず」――不惑を迎える「五五年体制」を考える »