1995.03.10

「イジメ」――イジメ、集団リンチ 事態はさらに悪化する?

 

 愛知県では、1994年11月に、イジメによる自殺事件が発生し、大きく報道されている。

 1994年末、愛知県で緊急出版された『清輝君がのこしてくれたもの』(中日新聞本社・社会部編、海越出版社)は、遺書の全文や中日新聞に掲載された記事・投書をまとめたものだが、関心の高さも手伝って、すでに数万部が売れたという。

 思春期の自殺というのは原因が分かりにくいケースが多いとはいうものの、たとえイジメが原因であっても、詳しい遺書がなければ、ウヤムヤにされてしまうのは、やりきれない話である。ベストセラーになった『いじめ撃退マニュアル』(小寺やす子他、情報センター出版局)では、「死にたくなったら遺書を書け」といったように、深刻なイジメに対処する方法を、あえて明るいタッチで紹介している。

 『「葬式ごっこ」―八年後の証言』(豊田充著、風雅書房)は、朝日新聞の記者である著者が、86年におきた中野富士見中学での事件について、当時の同級生たちにインタビューしたものである。80年代半ばにはイジメが多発したものの、この事件以降はイジメの件数が減少したと言われている。しかし、それは数字上の事であり、中学生を取り巻く環境は、当時と今とでも、さほど変わっていない。その意味では、本書から読みとれることも多い。

 昨年11月には、岐阜県で集団リンチ事件があった。少年による凶悪事件が、しばらく起きていなかっただけに、イジメ同様、忘れていたことをふたたび思い出させる結果となった。

 『ガキのきもちはわかるまい』(風雅書房)では、ルポライターの藤井誠二が、「女子高生監禁殺人事件」などの少年による凶悪事件には、いずれも「シンナー」が介在していることを指摘している。岐阜県で起きた集団リンチ事件でも、加害者グループの少年達は、シンナーを常習していた。

 94年は、一般市民にとって銃による犯罪が身近になった年でもあった。「中学生の銃犯罪」などという、笑えない現実は、もう目の前に迫ってきているのかも知れない。


|

書評1990s」カテゴリの記事