1996.01.22

▽Windows95の素朴な疑問100『EYE-COM』1995年11月15日号



 Windows、ウィンドウズ、宇印度渦……。
 猫も杓子もWindows。
 11月23日の「Windows95」発売を前に、コンピュータ
専門誌や経済誌だけでなく、一般週刊誌までWindowsの特集を組んでいる。

 どの雑誌を取り上げてもよかったのだが、『EYE-COM』を取り上げたのは、素人でもわかるような切り口で、Windowsのさまざまな疑問に答え
ているため。さすがアスキーというべきか、新参者の雑誌よりも、こなれた編集をしている。

 今さら言うまでもないことだろうが(多分)、Windows95は、パソコンの基本ソフトであり、これを買っただけで、何かできるというものではなく、これに対応したソフトを買わなければならない。

 日本のソフトメーカーは、Windows95の発売後に、ウィンドウズ対応のソフトを開発・販売することになり、そのタイムラグの間に、マイクロソフト(蛇足ながらWindows95の発売元)の販売するソフトにシェアを奪われることを恐れている。

 マイクロソフトは、「95」に続いて「96」「97」も準備中といわれ、ソフトメーカーは、新しいバージョンが出るたびに、対応するソフトを開発しなければならない。これは、お釈迦様の手の平の孫悟空のような状態といえる。パソコンのCPUも、インテルの独占状況にあり、日本は半導体を供給するだけ。日本の貿易黒字が永久に続くとは、考えにくいのである。 



|

書評1990s」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ▽Windows95の素朴な疑問100『EYE-COM』1995年11月15日号:

« ▽『覇者の誤算』 | トップページ | ▽『退き際の研究』 »