1996.02.22

▽『「超」勉強法』――”ちょう”しにのって、第三弾



野口悠紀雄『「超」勉強法』(講談社)



 野口悠紀雄「超」先生が、サラリーマン魂を刺激する本をまたしても上梓した。超整理、同・時間編に続く、「超」シリーズ第三弾。題して『「超」勉強法』。

 本書では、例によって勉強の三原則を提示しているが、
・面白いことを勉強する
・全体から理解する
・八割原則
 と、言われてみればなるほどというものばかり。

この三原則をもとに、英語、国語、数学の三科目の勉強法について述べていく。具体的なノウハウは、本書をお読みいただければよいし、その勉強法を採用するもしないも、読者が判断すればよいことだろう。

 ただし、本書の提唱するに勉強法は、現在の受験勉強に対するアンチテーゼの面をもっており、要するに受験勉強に対する速効性は無い。また、「優秀な生徒にしか真似できない」という指摘もある。したがって、本書を受験生に進めるのは、避けたほうがよいだろう。

 また、第五章「超」暗記法の箇所は、何だかよく分からない。英語の章で単語や熟語をこじつけで覚えることを、「絶対にやってはならない」と批判しながらも、暗記法の部分では、さまざまなことを関連づけて覚えよう、と提唱している。しかし、たとえば「三菱商事に勤める、眼鏡をかけた石井さん」というのを、「ダイヤモンドーガラスー石」と関連づけるのは、ちょっと無理があるんじゃないでしょうか。



|

書評1990s」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ▽『「超」勉強法』――”ちょう”しにのって、第三弾:

« ▽『新宿鮫 炎蛹』――過剰なフィクションに支えられた理想の人物像 | トップページ | ▽『経世会死闘の七〇日』――面白すぎる権力闘争のドラマ »