1996.05.22

▽北京市長・陳希同「収賄疑獄」の全貌!――『宝島30』1996年3月号

 ジャーナリストの富坂聡が、日本からはうかがい知れない、中国内部の権力闘争の一面をレポートしている。

 95年4月、北京市長の陳希同が逮捕された。江沢民・中国共産党総書記のライバルと見られていた陳希同の逮捕は、中国内部の権力闘争の一部でもあった。

 事件の発端は、無錫市のある企業の不正経理であった。匿名の内部告発をきっかけに開始された調査は、やがて中国始まって以来の大疑獄事件へと発展した。こうした事件の一連の流れが、克明につづられている。

 では、なぜとう小平に次ぐ実力者と目されていた陳希同は、逮捕されたのか。そもそも、なぜ陳希同は、共産党総書記になれず、無名の江沢民が突如、総書記になったのか。

 著者は、その原因を天安門事件にあった、とみる。陳希同は、天安門広場の状況について大げさな報告をとう小平にしたために、とう小平の判断を誤らせた。

 天安門事件によって、とう小平のこれまでの功績はすべて消し去られ、「ひょっとすると、自分の死後、この間題のためにとうの政策のすべてが再評価の対象となり、否定される可能性が生じてしまった。おそらく、そのことで陳はとうの不興を買ったのだろう」。そして、そのことが陳希同の人生を大きく狂わせることになった。

 すでに中国では、ポストとう小平を巡り、さまざまな動きがあるという。江沢民は、陳希同との権力闘争に勝ったものの、これですべてを掌握した、というわけではない。

▽富坂聡『北京「中南海」某重大事件』講談社)


|

書評1990s」カテゴリの記事