2008.12.30

▽言語学者が見た外国人力士の生活

宮崎里司『外国人力士はなぜ日本語がうまいのか』(明治書院)


タイトルから伺えるように、日本語のうまい外国人力士に、どのような環境で日本語を学んだのかについてインタビューしたもの。学術的な研究の一環として行われたものですが、本書は一般の人でもわかるように読みやすく記述されています。

《彼らの日本語習得が、なぜそれほど早いのか。効果的な学習方法の秘密を探るため、調査を続けていくうち、彼らが、理想的な言語習得の環境に置かれ ていたことが分かった。二十四時間体制で、つきっきり面倒を見てくれる、おかみさん、親方、兄弟子、床山の面々。外に出れば、人情味あふれる近所の人たち や、タニマチとのつきあい。そうしたネットワークの中で、日本語漬けになりながら、知らないうちにどんどん上達していく。……まさに、語学学習のお手本と もいえるようなものだった。》(p.216)

まあ、結論は予想された通りのもので、日本人の外国語学習者で、そんな環境を得られる人はあまりいないかも、とは思います。けれども、本書は、力士の暮らしぶりも伺える、なかなか面白い読み物となっています。

[目次]
第1章 モンゴル力士、大学の教壇に立つ―旭天鵬の日本語力
第2章 辞書などなくても―教室の外に上達の王道がある
第3章 「おかみさん」は最良の日本語教師―ことばを育む「母親」たち
第4章 外国人力士の「日本語応援団」―兄弟子、床山、教習所
第5章 下町人情と外国人力士―地域との交わりは最高のけいこ場
第6章 教室以外の学習チャンスを生かそう―最新の言語学習理論にかなった学び方
第7章 外国語学習に悩むあなたへ―目からウロコのヒント集
第8章 外国人力士と相撲界


|

書評2008年」カテゴリの記事