2009.03.14

▽産経新聞の抱える闇とは

中川一徳『メディアの支配者 上』(講談社)


中川一徳『メディアの支配者 下』(講談社)


本書は、社史の書かれないフジサンケイグループについて、その誕生から、ホリエモンによるニッポン放送株買収騒動が勃発する直前までの歴史を描いたものである。もちろんフジテレビ内部の暗闘もすさまじいものがあるのだが、同じ筆者による『月刊現代』2008年1月号の記事でも明らかにされているように、産経新聞も大きな闇を抱えていることが伺える。


中川一徳『メディアの支配者 上』(講談社)
[目次]
プロローグ
第1章 彫刻の森―鹿内信隆のつくった王国
第2章 クーデター―鹿内宏明解任
第3章 抗争―日枝久の勝利
第4章 梟雄―鹿内信隆のメディア支配(前)

中川一徳『メディアの支配者 下』(講談社)
[目次]
第4章 梟雄―鹿内信隆のメディア支配(後)
第5章 華麗なる一族―後継者・鹿内春雄
第6章 改革者―鹿内宏明の試み
第7章 宿命―フジサンケイグループの抱える闇
エピローグ


|

書評2009年」カテゴリの記事