2009.05.23

▽村上春樹が欧米で高く評価される理由

浅川港『NYブックピープル物語―ベストセラーたちと私の4000日』(エヌティティ出版)


本書は、1989年から2000年に、ニューヨークの講談社アメリカで英文出版に従事した著者が、アメリカにおける編集作業やマーケティング活動などの体験を綴ったものである。アメリカの講談社と聞くと、村上春樹の英訳版を出したところ、と思うかもしれないが、そちらは講談社インターナショナルで、著者の勤務した講談社アメリカとは、別の組織のようだ。



それでも、独自の出版活動により、100歳を超える黒人姉妹の伝記『Having Our Say』をミリオン・セラーにしたり、プラハの春の指導者ドプチェクの回想録を出版するなど、大きな実績をあげている。

そんな著者が、村上春樹がなぜ欧米で評価されるのかについて述べた部分は興味を引く。

《しかし日本で絶大な人気を誇る司馬氏や井上靖氏の作品は、残念ながら欧米では必ずしも高く評価されない。理由は、フィクションかノンフィクションかはっきりしないという点にある。……その対極にあるのが、三島由紀夫氏や村上春樹氏の作品。この二人を同列に論じたら、ご当人たちから相当苦情が来そうだが、じつは共通点がある。「想像力で書く作家」という点。それと、海外で非常に評価が高い点。小説は想像力で書くもので、史料を引用するなどは、フェアでない。そういう思い込みが根強い海外、特に欧米での三島、村上春樹両氏の評価は高いのだ。》(p.210)


|

書評2009年」カテゴリの記事