2009.10.27

▽日本国の正体とは?

長谷川幸洋『日本国の正体』(講談社)


東京新聞論説委員の長谷川幸洋は、日本国を支配している本当の権力者は官僚であり、マスコミ、とりわけ新聞記者が、その忠実な「代理人、あるいはポチ」に堕している、と自己批判する。本書の内容自体は、かねてより、さまざまな識者が指摘してきたことと同じであって、目新しさは無いが、新聞記者自らが懺悔したことに意味があるのかもしれない。

ちょっと驚いたのは、2009年の2月から3月にかけて相次いで起きた事件について、次のように、はっきりと述べている点。

《中川財務相の朦朧会見、小沢秘書逮捕、それに高橋洋一の窃盗事件。……これらの事件は一見すると、相互に関係がないように見える。それを認めたうえで、傍観者の立場で事件を見ると、私には一連の事件が「一本の糸」でつながっているようにも見える。なぜなら、事件が起きて喜んだ「勢力」が同じであるからだ。それは「霞が関」である》(p.21)

長谷川は、安倍政権下において、高橋洋一を支援するかたちで官僚改革に関わってきた。その官僚との攻防は、『官僚との死闘七〇〇日』(講談社)に詳しい。


長谷川幸洋『日本国の正体』(講談社)
[目次]
第1章 官僚とメディアの本当の関係
・新聞は何を報じているか
・不可解な事件
・霞が関の補完勢力になった新聞
・転向の理由
・政権を内側からみるということ

第2章 権力の実体
・政治家と官僚
・「増税」をめぐるバトル
・財務官僚の変わり身
・福田首相の本心
・事務次官等会議

第3章 政策の裏に企みあり
・「政策通」の現実
・カネは国が使うべきか、国民が使うべきか
・定額給付金は「ばらまき」か
・「官僚焼け太り予算」を点検する
・政策立案の手法
・「専務理事政策」とはなにか

第4章 記者の構造問題
・記者はなぜ官僚のポチになるのか
・真実を報じる必要はない?
・「特ダネ」の落とし穴
・記者は道具にすぎない
・官僚にとっての記者クラブ

第5章 メディア操作を打破するために
・霞が関幻想
・先入観としての「三権分立」
・「政府紙幣発行問題」の顛末
・記者が陥る「囚人のジレンマ」
・報道の力を取り戻すために


|

書評2009年」カテゴリの記事