2009.11.21

▽インテル・インサイドとアップル・アウトサイド――技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか

妹尾堅一郎『技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか―画期的な新製品が惨敗する理由』(ダイヤモンド社)


本書は、そのタイトル『技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか』通り、技術力のあるはずの日本が、どうしてビジネスの面で負けるのか、についての考察と、そこから得られる処方箋を提示したものである。

考察の中心にあるのは、第3章で紹介されているインテルとアップルのケース。著者は、この2社の戦略について、インテルは、その広告にあったように「インテル・インサイド」と、アップルについては、これをもじって「アップル・アウトサイド」と紹介している。

《インテルは、パソコンにとっても最も重要な中央演算装置(MPU)の中で、演算機能と外部機能とをつなぐPCIバスを徹底的に開発しました。そして、PCIバスの内部技術を完全なブラックボックスに閉じこめたのです》(pp.67-68)

その一方で、インテルは、外部との接続プロトコルはオープンにした。著者は、これを「内クローズ、外オープン」と呼んでいる。さらにインテルは、MPUを搭載するためのマザーボードを製造するノウハウを台湾メーカーに提供することで、これらの中間製品メーカーを味方につけ、完成品メーカーを間接的に支配することに成功する。

もう一つの「アップル・アウトサイド」とは、iPodにiTunesを組み合わせることで、音楽配信ビジネスの支配的なプラットフォームを構築することであり、また、iPhoneのソフト開発キットを安価で配布することで、サード・パーティーを味方につけてアプリケーションを充実させる、という戦略をさしている。

インターネットが普及した時に、「すべてをオープンにしろ」という主張があったものの、ビジネスで成功するには、クローズにする部分と、オープンにする部分を戦略的に組み合わせることが重要であることがわかる。また、日本の企業は、こうした戦略的なビジネス・モデルの構築が、あまり得意ではないようだ。

本書には、「インテル・インサイド」や「アップル・アウトサイド」のほかにも、参考になる事例が紹介されている。

[目次]
序 技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか
 日本の自動車産業、最大の危機
 なぜインテルだけが勝ち残るのか?
 武将(技術)の強さか、軍師(戦略)の知恵か
 負ける日本の、二つの問題意識
 「三位一体」型戦略の本質
 知財マネジメントをどうやっていくのか?

第1章 成長か? 発展か? ──モデル錬磨とモデル創新
 「成長」と「発展」の違いを理解する
 モデルを変えられて負け続ける日本
 妹尾のイノベーション七原則
 生産性向上だけで “競争力”を語ってよいのか?
 コラム▼スポーツと日本人の創造性
 コラム▼新規事業が生まれない産業生態系の枯渇

第2章 イノベーションモデルの基本型 ──二つのサイクルモデルと一つの促進モデル
 イノベーションモデル(1)
 技術起点型知的創造サイクル(テクノロジープロジェクションモデル)
 コラム▼知的創造サイクルにおける知財関係者の寄与
 イノベーションモデル(2)
 ビジネスリフレクションモデル(事業構想・イノベーションシナリオ起点型事業創造サイクル)
 イノベーション促進モデル
 ソシアルイシューマネジメント型(社会問題起点型)

第3章 インテル・インサイド、アップル・アウトサイド ──計算ずくで創られるイノベーション
 インテル・インサイド:基幹部品主導で完成品を従属させる
 日本の部材産業は本当に強いのか?
 アップル・アウトサイド:完成品イメージ主導で部品を従属させる
 大企業も中小企業も学ぶべきこと
 コラム▼スマイルカーブと付加価値
 次は自動車産業が崩される?
 電気自動車普及の衝撃を甘く見るな
 新ロボット産業も崩される?

第4章 イノベーションモデルのイノベーション ──新しい十分条件の登場
 プロパテントからプロイノベーションへ
 米国の競争力政策の歴史を俯瞰すると……
 イノベーションモデルはこう変わってきた

第5章 技術のオープン化が市場を拡大する ──「内クローズ、外オープン」の衝撃
 製品特性とビジネスモデル
 コラム▼標準化の基礎知識
 コラム▼中国が仕掛ける「国際標準化モデル」の革命?
 技術のオープン化が新規モデルを普及させる

第6章 イノベーションイニシアチブと「三位一体」経営 ──「発明」と「普及」を組み合わせる戦略的シナリオ
 新しいイノベーションモデル:研究開発段階の協業
 コラム▼分業と協業
 コラム▼「オープン」と「コラボレーション」の誤解
 新しいイノベーションモデル:製品開発と普及における分業
 コラム▼ディフュージョンの意味
 三つの「オープン戦略」
 イノベーションイニシアチブ
 「三位一体」経営へ──ビジネスモデルのせめぎ合い
 コラム▼「日本チーム、猛攻一七安打、二〇残塁で零封される」~技術の残塁の山をつくるな~
 コラム▼日本企業の自縛、自爆(門前和縛り、役満縛り、役決め縛り)

第7章 ビジネスモデルと知財マネジメント ──事業競争力の保持・強化に向けて
 知財マネジメントの基本的前提
 コラム▼特許の量と質から特許の使い方の質へ
 「事業戦略」における知財マネジメント
 事業競争力強化の知財マネジメント(1)
 事業リスクの最小化(リスクミニマム)
 事業競争力強化の知財マネジメント(2)
 事業機会の最大化(チャンスマキシマム)
 プロイノベーションで変わる、知財マネジメントの意味
 コラム▼事業における知財マネジメントの位置づけの変化
 ビジネスモデルと知財マネジメントを対応させる

第8章 可変的/発展的イノベーションモデルへ ──科学技術立国・日本に至る道 診断書──なぜ、技術で勝って、事業で負けるのか?
 コラム▼モデルの変容と多様化に対応する
 役員・幹部が率先してモデルを再点検する
 コラム▼「真珠湾・マレー沖海戦思考」
 コラム▼水に流す前に、真摯に振り返る
 結び:科学技術「大国」から「立国」へ

補章 思考イノベーションのヒント

妹尾流・創発・思考
 コラム▼日本のノーベル賞受賞者を知っていますか?

あとがき


|

書評2009年」カテゴリの記事