2010.01.18

▽『インターネットで古本屋さんやろうよ!』の行方

芳賀健治『インターネットで古本屋さんやろうよ!』(大和書房)

著者は、2001年7月15日より、インターネットの古本屋「古本うさぎ書林」を経営している。本書が出版されたのは2003年で、インターネットで古本屋を運営していくことの苦労や楽しみを綴っている。

著者は、ブックオフなどの古本リサイクル書店で、100円で売られている本を買い集め、それをインターネットで高値で売る「せどり」という手法を紹介している。著者は、主に映画の本を中心に仕入れており、しかも、どういう本が高く売れるのかについてまで、懇切丁寧に解説している。映画好きの私としても、なかなか楽しく読むことができた。

この趣味と実益をかねたインターネットの古本屋はどうなったか? 著者のブログ「古本うさぎ書林の日日平安」の2008年6月1日のエントリーには、次のようなショッキングなことが書かれていた。

ネットでの古本販売休止のお知らせ
http://usagi-hibi.jugem.jp/?eid=201
《ネット販売の利点は十分承知の上ですが、従来から古書業界にある古本市や即売会の方が自分にあっていて楽しいというのが大きな理由です。24時間営業にならざるをえないネット販売の忙しさよりも生活のメリハリを選んだと言えるかもしれません。》

結局の所、インターネットのビジネスとは、見ず知らずの顧客のために24時間追いまくられるような結果になってしまう、それならば、馴染みの同業者や顧客と顔をあわせることのできる古本市や即売会の方が楽しい、ということなのだろう。

もう一つ、気になったことは、本書において、「安く仕入れて高値で売れた」ものとして紹介された本の多くが、現在のアマゾン・マーケット・プレイスでは、1円で売られていたという事実。「せどり」というビジネスは、本書で描かれていたような牧歌的な時代はとっくに終わり、すでに相当な過当競争に陥っているようだ。

[目次]
第1章――百円で買った本が三千円で売れた!
百円で買った本が三千円で売れた! 
はじめに何が必要か 
古本うさぎ書林スタート 
せどりってなんだ!? 
一冊からはじめよう 
どんな本を売ろうか 
値段をつけよう 
リサイクル書店は問屋だ 
アガサ・クリスティーって誰? 
チェックが甘いリサイクル書店 
閉店した古本屋の話 
本棚はどうする
大きな本は家賃を食う 
インターネットの古本屋は儲かるか 
古本うさぎ書林の仕入れと売上 

第2章――こんな本が売れている~古本うさぎ書林のベストセラー
こんな本が売れている~古本うさぎ書林のベストセラー 
こんな文庫が高く売れた 
まだまだ売れる角川映画の文庫本

第3章――掘り出し物はあるか
知らないジャンルには手を出すな 
新刊書店へ行こう 
オープニング特集は「黒澤明とその周辺」 
八十年代ノスタルジー 
十七年ぶりの古本屋 
シナリオにこだわる理由 
テレビドラマの本 
サイン本はおいしい 
落語家はサイン好き? 
笑芸の本は根強い人気がある 
未知との遭遇 
ちくま文庫はなんとかならないか 
手塚治虫の三十九冊 
はさまっているもの 
現代教養文庫の行く末 
ビデオはじめました 
コツコツと全巻そろえる楽しみ

第4章――せどりに行こう!
せどりに行こう! 
お気に入りせどりマップ 
1 駒沢大学~三軒茶屋~池尻コース 
2 山手線半周コース 
3 中央線コース 
ある日のせどり日記 
古本まつりへ行こう 
気がついたら都心はリサイクル書店だらけ

第5章――古本屋開業のノウハウ  
古物商の許可を取る 
ホームページをつくらないでお店を持つ 
ホームページをつくる 
知っておきたい本の名称 
キーワード検索に強くなる 
郵便局に口座を作る 
梱包材を仕入れる 
代金回収のこと 
注文から発送まで 
これが必需品 
本をピカピカにする 
インターネットの古本屋のためのブックガイド 

あとがき


|

書評2010年」カテゴリの記事