2010.02.19

▽ネット上で情報を集める極意とは?――『ブログがジャーナリズムを変える』

湯川鶴章『ブログがジャーナリズムを変える』(NTT出版)


《ネット上で情報を集める極意を教えていただいた。それは「ギブ・アンド・ギブ・アンド・ギブ・アンド・ギブン」というものだ。ネット上では、情報は出して、出して、出し続けることが重要。そうすれば、自然と情報が集まってくる、というのだ。……ブログを始めて三カ月ほどしてからだろうか。アクセス数も増え、わたしが知らなかったような情報がポツリポツリと寄せられるようになった。半年もすれば、新しい情報が次々と寄せられるようになり、わたしの役回りは情報収集者ではなく、情報の交通整理係のようなものになっていた。》(pp.276-277)


|

書評2010年」カテゴリの記事