2010.03.29

▽『ウェブを炎上させるイタい人たち』

中川淳一郎 『ウェブを炎上させるイタい人たち』(宝島社新書)

ウェブに対する悲観的な現実を提起して一部で話題となった『ウェブはバカと暇人のもの』ですが、

▽アメーバニュース編集者が語るネットのバカたち
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2009/04/post-13ba.html

本書は、シリーズ第三弾にあたるのだそうです。まあ、内容的には、『ウェブはバカと暇人のもの』とほとんど同じなのですが、後日談風に書かれている部分が面白い。

著者は、『ウェブはバカと暇人のもの』出版後、その過激な内容のおかげで、ネット上でさんざん批判されました。しかし、著書の人生はまったくかわらなかったどころか、本が売れ、仕事が殺到し、女性にもてだしたというのです。

《この段階で私は、『ウェブはバカと暇人のもの』の副題「現場からのネット敗北宣言」を実感し、寂しい気持ちになった。なぜなら、自分の30代前半の相当な時間をつぎ込み、もっとも大事なものを犠牲にしてまで取り組んできたインターネットが、通信手段としての役割以外に、リアル世界に対してほとんど意味を持たないことを実感したのだから。これは、自分の人生の一部を痛烈に否定されたような感覚だった。
 そして、そんな感覚を覚えるのと同時に、猛烈に悲しくなった。……ネットにかなりの時間を使ってきた我が同世代の仲間達のことを思ったからだ。
 ごめん。ネットには、夢も希望も実利もほとんどないんだ……と。》(p.201)

[目次]
第一章 炎上させる人間はやっぱりバカか暇人
 無闇矢鱈(むやみやたら)に人間関係を増やしてどうする
 ネットの「祭り」は“いじめという名の娯楽”
 勝間和代が「目立つ」のは「経済評論家の中では美人」だから
 …ほか
第二章 ウェブは「集合痴」の世界 ―― 誠実に対応するだけ時間と金がムダになる
 プロに対して誰でも簡単に噛み付けるリスペクトなき時代
 バカな客、バカ過ぎるクレームなど、何の役にも立たない
 広瀬香美がツイッター(笑)界最強のスター これってどうなの?
 …ほか
第三章 ウェブ炎上への対処法
 炎上を逆手に取って企業イメージを向上させる
 「かまってちゃん」に振り回されたKDDIの“ハッシュタグ”事件
 炎上のタイプは6種類。いずれも無意味な暇つぶし
 …ほか
第四章 ネットは成熟した。ネットのオプティミズムから卒業しろ
 近所の人を警戒し、ネットの人に安心する矛盾
 うっかりつぶやいて明るみになった蓮舫議員の「マジコン“援助”事件」
 カジュアルな発言をすることのメリットが見いだせない
 …ほか
第五章 20~30代のネット世代は、全能感を持った「ただの負け組」
 実感として「ウェブはリアル世界に対してほとんど意味を持たない」
 ネットの普及とともに日本人の生産性が低下している
 無邪気すぎる信者たち
 …ほか


|

書評2010年」カテゴリの記事