« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010.04.24

▽東アジアが読む村上春樹

『東アジアが読む村上春樹』(藤井省三編、若草書房)


東京大学文学部中国文学科による国際共同研究で、村上春樹のアジア各国および日本での受容のされ方や、研究についての論文集。村上春樹という一つのポップ・カルチャーがアジアの国々で、どのように受け入れられていったかを、各国の翻訳・出版事情を交えつつ紹介されていて面白い。それぞれの国についていくつか紹介すると

・韓国
韓国では、386世代が春樹ブームの担い手という。386世代とは、1990年代に30代(3)で、1980年代(8)に大学生で学生運動に参加し、1960年代(6)の生まれである。
《幼少期に「反共」の雰囲気の中で育ち、青年期にまた「新しい社会」を夢見た386世代が巨大な社会変化に直面したとき、ある種の価値観の混乱を経験した。……村上春樹が韓国で受け入れられたのは、まさにこの時期、このような状況下においてであった。》(『韓国における村上春樹の受容とそのコンテクスト』p.15)

・台湾
《戦後の台湾は一時期アメリカから援助を受けており、アメリカ文化にも大きく影響されており、その状況はアメリカ占領下の戦後日本に類似している。そのためでもあろうか、台湾は香港、中国と比較して、村上春樹の作品を早期に受容したのである。》(『台湾人の村上春樹―「文化翻訳」としての村上春樹現象』p.39)

また、「1980年代の台湾市民は日本に関する知識を強烈に求めていた。」(同p.42)という。こうした時代背景のもと、1989年に『ノルウェイの森』の海賊版が出版され、「『ノルウェイの森』の学生運動に関する描写は、1990年の民主化運動に参加して苦い体験を味わった台湾読者の共感を得た。」(同p.46)。ここから、台湾の村上春樹ブームは始まったという。

・香港
香港における村上春樹の紹介には博益という出版社が貢献している。博益版の春樹作品は、誤訳やストーリーの省略という弊害も指摘されているが、それでも積極的に春樹作品の出版を続けた。博益は、テレビや週刊誌で書籍の宣伝を行うとともに、都市の拡大により地下鉄の発達した香港でホワイトカラーの通勤客向けの小型で読みやすい「袋装書」を発行した出版社として知られている。春樹作品についても、テレビや週刊誌で広告を打ち、「袋装書」として出版した。ストーリーの省略は、読者の読みやすさを優先したため、とみられている。(『知識生産の領域と村上春樹の香港における普及』)

・中国
中国においても、計画経済から市場経済への移行という大変動期のさ中に、村上春樹の「作品中のそういった喪失、孤独と失意といった感情が、主に学生や青年である読者層の読書欲求を満たしており、これが村上作品が中国の青年読者の間で広く受け入れられていることの重要な原因の一つ」である。(『中国において村上春樹と大江健三郎を考察する』p.194)

・アメリカ
《しかし、この日に日に上昇する春樹人気にもかかわらず、日本で村上に関する研究書がおびただしい数で刊行されているのとはまったく正反対に、アメリカでは村上についてまともな学術研究書は、ジェイ・ルービンの『ハルキ・ムラカミと言葉の音楽』とマイケル・シーツの『村上春樹・・現代日本文化における模擬性』およびリベカ・サターの『日本化するモダニティー 日本とアメリカの狭間にいる村上春樹』以外ほとんど見当たらないというのも事実だ。
 もっとも、学術的な研究が少ないかわりに新聞・雑誌での書評としてよく取り上げられる。》(『アメリカの村上・村上のアメリカ―文学翻訳と文化翻訳』pp.288-289)

[目次]
韓国における村上春樹の受容とそのコンテクスト
台湾人の村上春樹―「文化翻訳」としての村上春樹現象
知識生産の領域と村上春樹の香港における普及
文学翻訳と翻訳文学―中国大陸における村上文学の翻訳と受容をめぐって
中国版『ダンス・ダンス・ダンス』の版本研究―村上春樹の翻訳における受容と変容
中国において村上春樹と大江健三郎を考察する
繰言あるいは逆写―シンガポールの村上春樹現象に関して
マレーシアにおける村上文学の受容―中国語メディアを中心とする考察
アメリカの村上・村上のアメリカ―文学翻訳と文化翻訳
『海辺のカフカ』は日本でどう読まれたか―カフカ少年と『少年カフカ』
100%の村上春樹に出会う
闘士としての村上春樹―東アジアで充分に重要視されていない村上文学の東アジア的視点

|

2010.04.20

▽ヤフー・トピックスの作り方

奥村倫弘『ヤフー・トピックスの作り方』(光文社新書)


一ヶ月の閲覧数が45億ページ、ユニークユーザー数が6970万人にのぼるヤフー・ニュース。その中でも注目度の高いヤフー・トピックスの編集を担当してきた著者による体験記。著者は、ヤフーに転職する前は、読売新聞で記者をしていた。

《確かにトピックスの編集に携わっていると、現場の記者では感じなかったような感覚に気づくことがあります。それは、自分の作ったトピックスが爆発的に読まれたときの快感と自分の作ったトピックスが何千万人の目に留まるかもしれないという不安です。なかにはこの不安に駆られて、トップページへの反映ボタンを押す指が震えたという編集者もいるくらいです。》(p.66)

また、アクセス状況を監視するツールも使用しているものの、必ずしも、それに依存しているわけではないという。

《自分のなかにある価値観に基づいて判断することを私たちは「内在的な価値判断」と呼んでいます。
 「内在的な価値判断」があればこそ、国民として知っておくべきニュースやこれまでに誰も触れたことのないテクノロジー、これから起こりそうなムーブメントなどを読者に提示することができるのです。》(p.110)

また記事8本の並べ方として採用されているのは、

《原則として上から順に、国内、地域、海外、経済、コンピュータ、サイエンス、スポーツ、エンターテイメントのジャンル順で、硬軟のバランスが取れるように並べていく方法です。……ニュース価値をいったん忘れて、国内、地域、海外、経済……と話題の硬軟にグラデーションをかけるようにして8本のトピックスの見出しを並べてみると、堅い話題から柔らかい方へと緩やかに変移していきます。》(pp.100-101)

|

2010.04.18

▽大島渚と日本のホモソーシャリティ

四方田犬彦『大島渚と日本』(筑摩書房)


本書は、四方田犬彦による大島渚の作品を俯瞰的に解説している。もともとはPR誌「ちくま」に連載されていたもの。

《……大島を頂点として動いている創造社が本質的に強いホモソーシャリティを帯びているからである。これは隠喩的に了解していただきたいが、彼らは毎回新作に取りかかるたびに、一人の素人女性を媒介することで全体の結束をより深く固めてゆくのだ。ひとたび共有された後に排除される女性たち。大島渚のフィルモグラフィーを構成しているのは、実は彼女たちの点鬼簿である。》(p.68)

ホモソーシャリティとは、ジェンダー研究の場で使われているタームです。ホモセクシュアルとは異なる概念で、男性中心の同質的社会のことを言います。日本の企業も、このホモソーシャリティが強く、要するに、男性正社員が優位な組織であることが特徴であるといえます。最近、日本の年功序列型組織の崩壊が予見されていますが、人類学的な観点からすると、日本の企業社会のホモソーシャリティは、そう簡単には崩れないような気もしています。

|

2010.04.06

▽『スペースシャトルの落日』

松浦晋也『スペースシャトルの落日』(エクスナレッジ)


《スペースシャトルの事故確率については一九八九年に、アメリカ政府の技術評価局(OTA)という部署が五〇分の一という数字を出した。五〇回飛行すれば一回致命的な事故が起きる可能性があるというのだ。……現在までのスペースシャトルの実績を見るならば、一一三回飛行して二回の致命的事故を起こしている。OTAとNASA、どちらが正しかったかは明らかである。OTAである。》(pp.233-234)

2005年に発行された本書は、航空・宇宙ジャーナリストの松浦晋也が、NASAが推進してきたスペースシャトルは、そもそも、そのコンセプトからして間違いであり、無駄なに複雑な構造を採用したことから、コストも安全性も犠牲にされてしまった。そのことにより、世界の宇宙開発は停滞し、二〇年以上にわたり失われてしまった、と主張する。

アポロ計画を引き継いだかたちで、始まったスペースシャトル計画は、より高度な技術ならば、予算も多く取れるだろうという打算から、再利用型シャトルというスタイルを採用したものの、これが裏目に出てしまったという。技術的な論証は、本書をご覧いただくとして、日本のIT産業のガラパゴス化、あるいは、止められない公共工事にも似た状況がアメリカの航空宇宙産業においても起きていたようだ。

[目次]
序章 二度と間違えないために
第1章 スペースシャトルはこんなもの
第2章 スペースシャトルが起こした事故
第3章 そもそも間違っていた設計コンセプト
第4章 世界中が迷惑し、だまされた
第5章 スペースシャトルの次に来るものは

|

2010.04.03

▽スーパーマンの日常を追体験する

佐々木俊尚『ネットがあれば履歴書はいらない-ウェブ時代のセルフブランディング術』(宝島社新書)



佐々木俊尚『仕事するのにオフィスはいらない-ノマドワーキングのすすめ』(光文社新書)


あるブログで紹介されていたので、つい、つられて読んでしまいました。あるブログって、これなんですけどね(爆)。

たぬきちの「リストラなう」日記
http://d.hatena.ne.jp/tanu_ki/20100401/1270133223

まー、実際に書かれていることを真似できるかどうかは別にして、なんだかスーパーマンの日常生活を追体験しているような気分になって、ちょっと元気が出てくるのは間違いありません。

|

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »