2010.05.09

▽二大政党制批判論

吉田徹『二大政党制批判論 もうひとつのデモクラシーへ』(光文社新書)


二大政党制の国と言えばアメリカとイギリスが双璧ですが、そのイギリスが直近の総選挙でハング・パーラメント(宙づり状態の議会)となり、小選挙区制の選挙制度の見直しもありうるのではないか、ともささやかれています。

本書は、米英にあこがれて二大政党制の確立をめざしてきた日本政治への警告の書といえます。そもそも、日本人には、イギリスの政治システムへのあこがれがあった、と本書では指摘されています。

そして、もう一つ「多党制の神話」なるものも存在します。これは、多党制では少数与党か連立政権であり、それゆえに短命であるため、好ましくないという神話です。しかし、これは短命だったワイマール期ドイツやフランス第四共和制の強烈なイメージから生じた神話に過ぎず、多くの場合、多党制政府でも短命かつ不安定ではないという研究結果もあるそうです。

さらに、イギリス型の二大政党制をめざしてきた日本ですが、いまだ完全な二大政党制には至っていないとも指摘されています。

《実現しつつあるのは、自民党と民主党を両極として、その周りに小政党が衛星のようにつらなるような「二極化(bipolarization)」の進展である。》(p.194)

イデオロギーや安全保障、あるいは大きな政府と小さな政府といった明確な対立の軸がないままに、二つの極へと分裂していく日本政治は、票を獲得するための争点をあえて作り出そうとしたり、票につながるような政策ばかりをとりやすくなるような状態へと堕落しています。そして著者は、日本の政治は、民意をすくい上げるという点において、制度疲労をおこしている、と指摘します。

著者は、この問題を克服するためのもうひとつのデモクラシーとして、「闘技デモクラシー」という概念を提起しています。ただ、この概念が抽象的すぎて、今ひとつわかりにくく、実現できうるものなのかは、残念ながら不明です。

[目次]
第1章 政党はどのような存在なのか
第2章 政治改革論と「政治工学」の始まり
第3章 二大政党制の誤謬
第4章 歴史の中の政党政治―なぜ社会に根付かないのか
第5章 もうひとつのデモクラシーへ


|

書評2010年」カテゴリの記事