2010.08.15

▽人生のトリセツふたたび

岡田斗司夫『人生テスト―人を動かす4つの力』(ダイヤモンド社)

人間をタイプ分けするような本は、あまり好きじゃないのですが、岡田斗司夫『人生テスト』だけは、例外。面白いのでお薦めします。

この本は、もともと『SPA!』誌上で「人生のトリセツ」というタイトルで連載されていたものです。バックナンバーは下記のサイトの下の方の「週刊SPA!掲載分から」から読むことができます。

OTAKINg ex
http://otaking-ex.jp/wp/?page_id=5008

「人生のトリセツ」は、人間のタイプを、それぞれの欲求に応じて、軍人、王様、職人、学者、の4つに分類するというもの。各タイプの欲求とは、

・軍人=負けず嫌いで、常に勝ち負けや順位にこだわる
・王様=誰よりも注目されたい。ほめられたい。認められたい。かまわれたい。
・職人=自分の考えている通りに、ものごとをやり遂げることにこだわる
・学者=自分の考えている通りに、ものごとをやり遂げることにこだわる

この分類をベースにして、それぞれのタイプの人にとっての欲求が満たされる、つまり、人生においてどうなることが幸せなのか、について解説していきます。

本書を読むと、自分のタイプを誤解していると、いつまでたっても幸せになれないことがわかります。まさに本書は、人生のトリセツ(取り扱い説明書)ということができます。

上記のサイトによると、どうやら本書のバージョン・アップ版が朝日新聞出版から出る予定のようですので、いずれまた、取り上げたいと思います。


|

書評2010年」カテゴリの記事