« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010.09.16

▽『ガサコ伝説』

長田美穂『ガサコ伝説―「百恵の時代」の仕掛人』(新潮社)

本書の主人公ガサ子とは、現在のマガジンハウス(旧社名は平凡出版)が発行していた芸能誌月刊誌『平凡』の伝説の編集者、折笠光子のあだ名である。ガサ子の由来は、折笠のカサにがさつのガサが混ぜあわさったものだという。

このガサ子は、あこがれの『平凡』のグラビア担当のアルバイトに応募し、社員編集者になった後は、山口百恵、森昌子、野口五郎、南沙織など多くの芸能人の信頼を得て、『平凡』の黄金期をつくり、ついには編集長にまでのぼりつめる。

しかし『平凡』は、1987年12月号をもって休刊する。《この当時、社内では「Hanako」の創刊準備が進められていた。「『平凡』を止めたのは、新雑誌に資金を集中投下するためだ」と噂された。》(p.210)

ガサ子は、『平凡』休刊後は、書籍の営業員として書店周りをはじめるが、1997年に肝臓癌のため急逝する。享年57歳。

著者が本書を書いた狙いは、プロローグにあるように、

《昭和を生きた一人の女性の、職業人としての軌跡が一つ。
 メディアとしての「平凡」の盛衰と存亡の経緯が、もう一つ。》(p.16)

の二つである。ただ、昭和が遠くなり、雑誌自体が力を失いつつあるいまでは、本書で描かれた二つの軌跡は、いずれも遠くの光景を見ているように感じられてしまう。本書は、もう少し早く書かれるべきだったのだろう。

|

2010.09.03

▽ベストセラー小説の書き方

ディーン・R・クーンツ『ベストセラー小説の書き方』(朝日文庫)


本書は古本屋で見つけて長い間、積ん読になっていたものです。

『ベストセラー小説の書き方』という、そのものずばりのタイトルの本書は、1960年代にSF作家としてデビューし、その後、ホラーやサスペンスへとジャンルを拡大していったディーン・R・クーンツです(あまり読んだことはないのですが……)。

アメリカで原書が出版されたのが1981年で、翻訳版が1983年(朝日文庫版は1996年刊行)と、ほぼ三十年前に書かれていて、アメリカの出版業界の実情などについては情報が古い(もちろん電子書籍なんて、これっぽっちも出てきません)のですが、この手の作家入門的な書としては、ストーリーの組み立て方や登場人物の設定の仕方、背景描写の重要性など、わりとオーソドックスな内容です。

面白い、というか、身も蓋も無かったのが文体についての次のような指摘。

《作家が本当に売らなければならない唯一のものが文体だ。すべての物語は語りつくされている。新しいプロットなどはない(ディケンズは一〇〇年前にこのことを確信していた)。われわれは古い物語の要素を新しく配列しなおしているだけなのだ。小説に新鮮味を盛りつづけている唯一のものは、ユニークな視点とユニークな語り口、つまり個性的な文体を持った新しい作家たちなのである。》(p.268)

小説に限らず、音楽や映画などを含めた、最近のコンテンツ全般がつまらなく感じるのは、前例主義に陥りすぎて、個性的な文体を持った作品が生まれにくくなっていることに原因があるのかもしれませんね。

[目次]
第一章 本書はなぜ書かれたか
第二章 偉大な名作を書く
第三章 移りかわる出版市場
第四章 ストーリー・ラインを組み立てる
第五章 アクション、アクション、アクション
第六章 ヒーローとヒロイン
第七章 信憑性のある登場人物をつくりだす
第八章 登場人物にいかにもありえそうな動機を与える
第九章 背景描写(バックグラウンド)
第十章 文体について
第十一章 SFとミステリー
第十二章 避けるべき落し穴
第十三章 書いたものをどう売るか
第十四章 読んで読んで読みまくれ

訳者あとがき

|

2010.09.01

▽『小沢革命政権で日本を救え』

副島隆彦x佐藤優『小沢革命政権で日本を救え』(日本文芸社)

小沢一郎首相が誕生しそうな勢いの中、副島隆彦と佐藤優の小沢一郎に関する対談をまとめた『小沢革命政権で日本を救え』を読んでみました。まあ、こんな見方もあるかな、という感じで……。

両者の共通認識は、「日本国家を誰が支配すべきか」をめぐって、小沢一郎と霞が関の間で、「深刻な、生死を賭した権力闘争が展開されている」(p.5)というものである。しかし、佐藤優は、両者の違いについて、

《副島氏が、共謀理論に基づき、官僚・政治家・財界人・アメリカの特定の有力者の自覚的な連携によってこの権力闘争が展開されていると考えるのに対して、私はそれぞれの利害関係者の集合無意識を重視する》(p.5)

副島隆彦が共謀理論、佐藤優が「集合無意識」理論ということですが、私も、いま起きている争いの源泉は、「集合無意識」理論に近いのではないかと感じています。

[目次]
はじめに 小沢一郎が「平成の悪党」になる日
第1章 国家の主人は誰か 日本の国体と官僚支配の真相
  ●小沢一郎を抹殺したがる勢力 検察と国家官僚の反撃
第2章 アメリカと対峙する民主党政権の読み方
  ●民主党政権は、なぜ日米関係を見直そうとしたのか
第3章 民主党政権は何を起こしたのか
  ●マスコミが明かさない小沢一郎、鳩山由紀夫、亀井静香の実力
第4章 民主党政権は日本を救えるか
  ●民主党政権のマニフェストに潜む盲点を検証する
第5章 迫り来るアメリカ経済の崩壊とオバマ政権の命運
  ●「海の時代」が終わり、「ユーロ・アジアの時代」に転換する
第6章 これから民主党政権はどうあるべきか
  ●民主党政権がネオ・コーポラティズム(統制経済体制)に陥らない最後の方法
おわりに 国民民主革命を妨げる官僚とアメリカに抗して

|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »