2010.12.12

▽『トンデモない生き物たち』

白石拓『トンデモない生き物たち―南極の魚はなぜ凍らないのか!?』(宝島社)

雑学本ですみません……。

本屋で見かけて、何気なく手に取って開いたら、最初の項目が「砂の上を猛スピードで走るウニ」。頭の中に「走るウニ」のイメージが浮かんできて、吹いてしまいました(笑)。

さらに目次を見ると、面白そうなテーマが並んでいるので、つい買ってしまいました。

[目次]
Part1 スーパーアニマルの“そこまでやるか”
砂の上を猛スピードで走るウニ
永久に生き延びる昆虫……そんなバカな?
渓流を泳いでイワナを捕らえるネズミ
アリがもっている身分証明書は?
獲物を呼び寄せるナゲナワグモの秘密テクニック
「キャー!」悲鳴を上げて助けを呼ぶイモムシ
たった一匹で巣を乗っ取る「すご腕」女王アリ
壮絶! 毒矢・毒もりを放つ殺人貝
タンスを踊るアブラムシはどんなダンスを踊るの?
イモムシに寄生するハチの「ウイルス兵器」
カモノハシがエサを見つけるのに使う探知機
テロリストもびっくり! シロアリが自爆テロを決行
アブラムシが自殺する、どうして?
木の中で農業をするキクイムシ
クモの糸で編む未来のスーパー「防弾チョッキ」
毎年100人をあの世に送る殺人アリ
■コラム――遺伝子の宝庫・細菌類■氷の核になる氷核活性細菌

Part2 水の中は異次元世界
イタコもびっくり! 恐山にいる酢の中でも泳げる魚
かなりの変魚、南極にすむ魚「ノトセニア」
巨大オタマジャクシのステーキはいかが?
サメは六感をもつサイボーグ・ハンター
夜も昼のように明るい、カブトガ二の暗視能力
ホタルイカの墨はやっばり光るか?
頭突きで工サをとる魚、本当にとれるの?
ナマズが地震を予知する本当の理由
食べてもまずいウミウシの真の実力
チョウチンアンコウの提灯の中味は?
電気を発信して位置を知る魚の「レーダー」
鳥のカッコウより托卵がうまいアフリカのナマズ
深海にすむ「地獄の吸血イカ」の正体は?
口も胃も腸もないハオリムシは何を食べてるの?
鉄の歯をもつ貝と、鉄のよろいを着る貝
シビレエイのしびれる電気毛布作戦
地球最大生物はナゾの巨大クラゲだった!
■コラム――遺伝子の宝庫・細菌類■ダイオキシンを食べるスーパー細菌

Part3 弱肉強食にさからう!
敵が現れると変身するミジンコ
ガードマンを雇うアカシア
ニューギニアにいた伝説の毒鳥ピトフーイ
円陣を組んで戦うジャコウワシ
奴隷になったアリは、なぜ従順か?
ミツバチとオオスズメバチのフェロモン戦争
兵隊アブラムシはこんなに強かった!
寄生されると自殺したくなる虫にご用心
コウモリから逃れるカエルの合唱団
アリの巣に忍び込むイモムシの華麗な手口
生きるためにアリになったコオロギ
寄生バチに寄生するハチに寄生する
フクロウに内緒、ヤマネのラブソング
ねらった獲物はどこまでも追いかけるハチ
■コラム――遺伝子の宝庫・細菌類■石油をつくるHD1

Part4 人間もかなわないウルトラC
寒いと発熱する暖房植物ザゼンソウ
静電気をおびたクモの巣を張る超能力クモがいた!
ウミホタルは日本陸軍の秘密兵器だった!?
ペンギンの計算されつくした水中生活
セイタカアワダチソウの化学戦争
超音波の二刀流と夜間視力をもつコウモリ
捕食者を光らせるカラーボール作戦
ヒマラヤ山脈を越えて渡るツルの呼吸システム
植物の光ファイバー神経回路
コウモリに対抗して超音波を放つガ
ペリカンをマネした表面飛行翼船
500系新幹線を成功させたフクロウの羽根
結婚式の披露宴で活躍するクラゲ?
アメリカ海軍に協力するイルカの特殊作業
植物だって病気になれば熟も出る
ヘリコプターのモデルになった鳥
ダーウィンのペットがまだ生きていた!
天井を逆さにはうヤモリのナノテクノロジー
■コラム――遺伝子の宝庫・細菌類■燃える氷をつくる細菌

Part5 食欲よりまさるものはない
植物一の瞬発力をもつハエトリグサの記憶力
仲間も食べるツチボタルのプラネタリウム
やっぱりミミズはおチンチンをはらす!
毒で身を守るイモムシは安心して眠れるか
モグラの睡眠薬でミミズが1000匹眠る
肉食ボタルは光でホタルをワナにかける
マングースよりヘビに強いハリネズミの実力
ヘビがねらう洞窟コウモリのあったかい体温
汚いウンチにたかるハエが病気にならない理由
クモを襲うクモの最強テクニック
ベッコウバチの麻酔技術はブラックジャックなみ
空中戦で渡り鳥をつかまえるヤマコウモリ
昆虫を餓死させるイボタのいじわるな戦略
アリの家畜にされたダニは幸せか
タヌキ寝入りがタヌキよりうまいキタオポッサム
■コラム――遺伝子の宝庫・細菌類■磁石にくっつく磁性細菌

Part6 “愛”こそ生き物たちが進む道
百年に一度恋をして死ぬプヤ・ライモンディ
息子と娘を産み分けるヨシキリの考え方
親子の愛を感じるスンクスのキャラバン
女王アリは色気で国民を支配する?
人の恋路につけこむハチ
動物を性転換させる恐るべきウォルバキア
妻の出産を手伝う助産士サンショウウオ
恋するネズミは涙も流すし歌も歌う
寄り集まってハチに化ける砂漠の寄生昆虫
ライバルの精子をかきとって食べるマツムシ

参考文献


|

書評2010年」カテゴリの記事