2010.12.05

▽『悪名の棺 笹川良一伝』

工藤美代子『悪名の棺 笹川良一伝』(幻冬舎)

読み終わった感想は、「あれ、笹川良一って、こんないい人だったっけ……?」というものでした。知られざる一面や、面白いエピソードも多かったのですが、残念ながら、あまり説得されませんでした……。


|

書評2010年」カテゴリの記事