2011.01.15

▽パチンコとアニメの微妙な関係――パチンコがアニメだらけになった理由

安藤健二『パチンコがアニメだらけになった理由(わけ)』 (洋泉社)

著者の安藤健二は、封印された漫画やアニメの謎に迫った「封印作品の謎」シリーズで、その名を知られる、サブカル問題の第一人者。今回は、パチンコとアニメの微妙な関係に切り込んだ。

そもそも、パチンコにアニメが使われるようになったのは、2004年に「新世紀エヴァンゲリオン」を使用したパチンコ台が大ヒットしたことが、きっかけという。

普通に考えれば、アニメの起用によって、アニメ・ファンをパチンコに呼び込もうとしたマーケティング戦略の勝利と結論づけられるところだが、実際にエヴァンゲリオンのファンが、新たなパチンカーになった比率はきわめて低いという。

パチンコ台メーカーにしても、突然確変という新機軸を表現する上で、エヴァンゲリオンというアニメが使いやすかっただけという。しかし、このエヴァンゲリオン台のヒットが、パチンコ業界、アニメ業界の双方に、新たな化学変化を引き起こす。

秘密の壁に囲まれたパチンコ業界の高い壁の向こう側をかいま見せてくれる、優れたルポである。

[参考]
▽『なぜ韓国は、パチンコを全廃できたのか』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2011/01/post-ee98.html
▽タイのウルトラマンの憂鬱
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2009/01/post-f92c.html

[目次]
第零章 読者の皆様へ
第一章 『エヴァ』の意外なヒット理由
第二章 『アクエリオン』の謎
第三章 タイアップのミステリー
第四章 閉鎖的なパチンコ業界
第五章 タイヨーエレックとサンセイR&Dに聞く
第六章 パチンコ業界がアニメを欲しがる理由
第七章 タイアップ全盛時代を生んだCR機
第八章 高騰するタイアップ物の弊害
第九章 アニメ製作会社「ジーベック」に聞く
第十章 アニメを救うパチンコマネー
第十一章 タブー視されるパチンコ化
第十二章 最終回答~オタク向けアニメがパチンコになる本当の理由


|

書評2011年」カテゴリの記事