2011.02.28

▽ユニオンジャックの政治パワーを探る

河合宏一『ユニオンジャックの政治パワー』(日本経済新聞出版社)

本書は、2006年から2009年にかけて、ロンドンの日本大使館に派遣されていた自治官僚が、イギリスの政治状況をまとめたもの。内容的には、アカデミックな研究書ではなく、新聞や雑誌の記事よりもディティールが詳細といった程度の内容。

ちょっと気になったのは、イギリス議会の二つの院 House of Lords と House of Commons を、上院、下院と表記している点。普通は、それぞれ貴族院、庶民院と訳すはずなのですが……。わかりやすさを優先したのかもしれませんが、名は体を表すと言いますからね……。

最近の日本の政治との関連で言うと、第5章の政治制度改革が興味深いですね。ブレア首相による上院(貴族院)改革、スコットランドやウエールズに議会を創設する地域分権、大ロンドン市の創設などなど。

こうやってみると、日本でも参考に出来る部分もあるかな、と思うのですが、その一方で、その国の歴史的な経緯を踏まえずにかたちだけで真似ても、駄目なのかな、とも思ったりします。

[目次]
第1章 頻繁に起こる政権交代―下野するリスクがあるから政治は活性化する
第2章 地盤・カバン・看板不要―誰にでも門戸が開かれている政治家への道
第3章 官僚の出る幕なし―政治主導を可能にする統治機構
第4章 議会前日は閣僚が徹夜で猛勉強―活発に論戦が展開される議会
第5章 やると決めたら誰にも文句は言わせない―スピード感を持った改革の推進
第6章 地域主権の推進―自分たちの地域のことは自分たちの手で
第7章 子供が増える英国社会 ―ワークライフバランスの重視
第8章 英国政治システム・6つの泣き所
第9章 英国政治システムの基礎知識


|

書評2011年」カテゴリの記事