« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011.04.27

▽『突然、僕は殺人犯にされた~ネット中傷被害を受けた10年間』

スマイリーキクチ『突然、僕は殺人犯にされた~ネット中傷被害を受けた10年間』 (竹書房)

スマイリーキクチというお笑い芸人が、ある有名な殺人事件の犯人である、とネットで誹謗中傷された事件。2009年2月には、書き込みを行った複数の人物が摘発されました。

このニュースを聞いた時は、ネットの風評被害に対して警察も動くようになったんだな、と思ったのですが、スマイリーキクチ自身によって書かれた本書によると、そこに至るまでには、長い長い道のりがあったことがわかります。

では、どうしてこういう風評被害がやまないのか? 私は以前、岡田斗司夫の次のような言葉を紹介しています。

▽岡田斗司夫が語るネット社会の欠陥
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2009/05/post-7378.html
《「訂正責任は被害者の側にある」ということにされちゃっている。これは人間性が低いからとか、頭が悪いからではなく「ネット社会が持つ本質的な欠陥」なんですよ。》(p.119)

いったんネットに悪い噂がばらまかれると、それを訂正する責任は、被害者の側にあることにされてしまう。スマイリーキクチの件では、元刑事の書いた本が、風評被害に拍車をかけてしまいます。

では、こういう書き込みをする人たちの動機はなんなんでしょうか。私は、以前、初音ミクに代表されるネットのコラボレーションを「満足の交換」という概念で説明したことがあります。

「初音ミク」ムーブメントから考えるCGMの弱点
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/blog/2007/11/cgm-4803.html
《CGMは、「効用の交換」、つまり「満足の交換」によって支えられていると考えています。それも、かなり非対称かつ間接的な「満足」の交換の体系によってなりたっていると捉えています。》

上記のエントリーではネットのCGMの良い面に焦点をあてているために触れませんでしたが、現実には、他人にマイナスの効用をぶつけることでプラスの効用を得る、つまり、他人に不満足を与えて歪んだ満足を得るタイプの人間がいる、というのは理解してもらえると思います。

本書は、なかなか重い現実が描かれていて、読むのもつらい部分があるのですが、それでも、著者の毅然とした態度が良い結果をもたらした、希望の見える一冊です。

[目次]
第一章 :突然の誹謗中傷
第二章 :謎の本
第三章 :ひとすじの光明
第四章 :正体判明
第五章 :重圧、そして新たなる敵
第六章 :スゴロク
特別付録:ネット中傷被害に遭った場合の対処マニュアル

|

▽「洗脳社会」から「評価経済社会」へと移行できるのか?

岡田斗司夫『評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている』 (ダイヤモンド社)

本書『評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている』は、岡田斗司夫が1995年に上梓した『ぼくたちの洗脳社会』(朝日新聞社)のアップデート版である。

『ぼくたちの洗脳社会』は、ちょうどWindows95ブームのさなかに出版されたこともあって、きたるべきインターネットの時代の心構えの書として、かなり大きなインパクトを日本社会に与えた……と記憶しています。違っていたかもしれませんが(笑)。

『ぼくたちの洗脳社会』157ページの「洗脳社会の勝者」の項では、次のように宣言されています。

《近代を「だれもが豊かになるために競争する社会」と表現するなら、これからは「だれもが他人に影響を与えることに競争する社会」といえるでしょう。近代の自由経済社会が弱肉強食であり、新陳代謝することによってバランスが保たれるのと同様、来るべき自由洗脳社会も弱肉強肉であり、新陳代謝することは避けられない必然です。》

この「洗脳社会」というタームは、『評価経済社会 ぼくらは世界の変わり目に立ち会っている』では、「評価経済社会」に置き換えられています。

それは、なぜか? なぜ「洗脳」を「評価経済」として、「経済」をつけたのか?

ここから先は私の推測ですが、著者は、自由洗脳社会の勝者であったことは疑いのない事実だろうと思いますが、その割には、あまり儲からなかったのではないのでしょうか(あくまでも推測です。念のため)。

どうして、そう思うかというと、自由洗脳社会のリーダーたる著者自身は、儲ける手段を持っておらず、逆に、儲ける手段を持っている既存のメディアが、著者の行動や言動をコピーするだけだったのではないか、と推測するからです。

もちろん企画料や原稿料などの収入はあったとは思いますが、それは全体の利益の中ではわずかなものだったと思いますし、アイデア料などは払わずにパクってくるところはパクってくるからです。

そういう状況に対応するために、つまり、著者自身が儲けるための回路として生み出されたのが、本書でも紹介されている、「オタキングex」ではないかと思うのですが、この見立ては、いかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.25

▽『日本は世界1位の金属資源大国』

平沼光『日本は世界1位の金属資源大国』 (講談社プラスアルファ新書)

意外なタイトルに、思わず手にとってしまいました……。

本書は、3.11の大震災より前に書かれているので、それ以前の政策を前提に書かれています。民主党の戦略では、「グリーンイノベーション」によって、2020年までに、50兆円の環境関連新規市場、140万人の環境分野の新規雇用、13億トン以上の温室効果ガスの削減を目標としています。

この戦略の中では、ハイブリッド車や電気自動車、太陽光発電、蓄電池などの環境に優しい製品が必要となります。そして、これらの製品に使われているのがレアメタルであり……、と話は続きます。いちおう3.11後でも、読める内容になっています。

そしてレアアースの世界最大の産出国は、中国であり、先の尖閣諸島での漁船衝突事故の際には、レアアースの禁輸という非常手段を中国はちらつかせてきました。

つまり、資源小国の日本は、中国にはさからえないと言えそうです。しかし! と著者は指摘します。

日本には「都市鉱山」と呼ばれるものがあって、そこに埋蔵されているレアメタルの量を含めると、日本は世界一の資源大国になるのだそうです。「都市鉱山」とは、要するに、捨てられたパソコンや家電製品、携帯電話のことで、そこからレアメタルを抽出してリサイクル利用すれば良いのだそうです。

また、日本近海の海底も金属資源は豊富だそうです。海水からもレアメタルはとれるそうです。

まあ、「都市鉱山」にしろ、「海底資源」にしろ、「海水」にしろ、今後の技術革新や開発が期待されている段階だそうですが……。ただ、日本の科学技術が、お先真っ暗な状態の中で、ちょっとだけ光明を見させてくれる本ですね。

|

2011.04.19

▽『津山三十人殺し 最後の真相』

石川清『津山三十人殺し 最後の真相』 (ミリオン出版)

無数のノンフィクションが書かれ、また、『八墓村』などのフィクションのモチーフとして描かれた「津山三十人殺し」。存命中の関係者へのインタビューを敢行し、その真相に迫るおそらく最後のノンフィクションが本書である。

事件そのものに新事実があるわけではないが、事件の背景にある人間関係が明らかにされており、事件の構図についても、従来とは異なる視点を与えてくれる。

面白いのは、著者が発掘した「津山事件報告書」という資料は、戦後の占領期にアメリカが収集したもので、アメリカに保存されていたという点。また、戦前の山陽の農村の風習もうかがい知れて興味深い。

|

2011.04.17

▽『地震と社会』

外岡秀俊『地震と社会〈上〉「阪神大震災」記』(みすず書房)

外岡秀俊『地震と社会〈下〉「阪神大震災」記』(みすず書房)

1995年に阪神大震災が起きた日の夜、AERA編集部に在籍していた外岡秀俊は、その夜に神戸に入り、被災地の状況をレポートした。一年間、AERAに連載を続けた後、『みすず』に場所をかえて、地震と社会を多面的に描き続けた。そして、上下巻あわせて700ページを超える大部となった本書が、1998年に刊行された。

地震予知にはらむ問題、震災のイメージ形成にマスメディアがどのように影響を与えたか、救助の実態はどのようなものだったか、などなど、一つ一つのテーマだけでも一冊の本がかけるほど重厚に、データや証言が積み上げられている。

特に第四章の「崩れた神話」が興味深い。長らく、日本の建築物は耐震性能に優れているためにアメリカやメキシコのように地震で崩落することはないという「安全神話」があったが、それが阪神大震災によって崩壊した。

日本では1923年の関東大震災以来、これを念頭に耐震基準が定められてきた。しかし、ここに落とし穴があったのではないか、と土木学会の河村忠男が指摘している。

《「一つは、『関東大震災級に耐える』という言葉を金科玉条として、予測や評価を怠ったことだ。もう一つは、技術者が傲慢になった過程は、コンピューターが安くなった時代に対応している。解析、設計で最適解を求めることが容易になり、常に自然と対話し、脅威を考えながら計算するという空気が現場から薄れていった」。》(p.223)

[目次]
外岡秀俊『地震と社会〈上〉「阪神大震災」記』(みすず書房)
序章 方法について
第1章 予知の思想
第2章 災害像が形成されるまで
第3章 もう一人、救えなかったか
第4章 崩れた神話
第5章 都市の履歴

外岡秀俊『地震と社会〈下〉「阪神大震災」記』(みすず書房)
第6章 避難と救援
第7章 復興への道
第8章 人の安全保障

|

2011.04.14

▽生き残る判断 生き残れない行動

アマンダ・リプリー『生き残る判断 生き残れない行動』 (岡真知子訳、光文社)

大震災の後は、この手の本が気になってしまいます。いまさら、という気もしますが……。

著者のアマンダ・リプリーは、米タイム誌の女性シニア・ライター。2001年に起きた9.11テロの三周年の行事において、WTCビルから生還できた人たちの証言を聞いているうちに、事故や災害から生還できた人と生還できなかった人の思考や行動のどこに違いがあったのだろうか? という疑問を抱いて調査を開始します。

著者によると、生還に向けての三段階のプロセスがあるそうです。まず、起きたことを認めようとしない「否認」。自分だけは助かる、と楽観的に考え、身に迫っている危険を受け入れない人は、かなりいるそうです。

続いて、第二段階が「思考」。起きている事象について、どう対処すべきかについて考える段階で、「否認」の段階を抜けて、早く「思考」の段階へ移れるかが生還へのカギを握っています。そして、第三段階が生還への行動を起こす「決定的瞬間」。

本書は、9.11テロのほか、ハリケーン「カトリーナ」、ポトマック川の旅客機墜落事故、スマトラ沖地震など、さまざまな事故や災害の生還者の証言を集めていて興味深く読めます。

[目次]
序文「人生は融けた金属のごとくなって」
 知ってもらいたいと生存者が望んでいること
 救助犬の問題
 運など当てにならない
 生存への行程

第一部 否認
第一章 立ち遅れ 北タワーでのぐずついた行動
 「心配するな。それはきみの想像だよ!」
 「ビルから出ろ!」
 赤い服の女性
 四・五キロのプランター
第二章 リスク ニューオーリンズにおける賭け
 死角
 野球のバットと十字架
 リスクの科学
 恐怖のヒエラルキー
 自信過剰
 不安を感じない男
 まずあなた自身のマスクをしっかりつけよ

第二部 思考
第三章 恐怖 人質の体と心
 恐怖の生理学
 想像上の航空機墜落
 ウサギの穴へ
 拳銃の名人ができるまで
 生存ゾーン
 視野狭窄
 脳を大きくすること
 戦闘でのラマーズ法
 人質犯人
第四章 非常時の回復力 エルサレムで冷静さを保つ
 生存者のプロフィール
 微妙な差異
 特殊部隊の兵士は常人ではない
 トンプソン家の双子
 むき出しのわたしの脳
第五章 集団思考 ビバリーヒルズ・サパークラブ火災でのそれぞれの役割
 「わたしは生き残りました。あなたも生き残っていることを願っています」
 ビバリーヒルズ火災の社会学
 数が多ければそれだけ安全
 結婚式
 避難の科学
 煙は目に入る
 バスボーイについていく
 従順な群集
 グランド・バイユー方式
 二つの町の物語

第三部 決定的瞬間
第六章 パニック 聖地で殺到した群集
 倒れた女性
 群集の物理学
 パニックの必要条件
 実験室のパニック
 家具販売店イケアでの悲劇
 一人のパニック
第七章 麻痺 フランス語の授業で死んだふりをする
 催眠状態
 災害時の行動停止
 「ぼくは人間ではありませんでした」
 沈みゆく船でタバコを一服
 麻痺状態からの脱出
第八章 英雄的行為 ポトマック川での自殺未遂
 「これは小型飛行機ではない」
 機上の英雄
 電気を帯びたような冷たさ
 英雄を心理分析する
 「彼はどんどん近づいてきたんです」
 英雄のデータベース
 夢想についての問題
結論 新たな直感を生みだす
 「ワーテルローからじかに聞こえてくるような声」
 退化
 「何を実践できるか想像してみてください
 恐怖をものともせずに
 テディベアと車椅子

著者覚え書き
訳者あとがき

|

2011.04.13

▽食品の放射能汚染は、どれほど忌避されるものなのか?

真保裕一『連鎖』 (講談社文庫)

真保裕一といえば、『奪取』、『ホワイトアウト』、『奇跡の人』などの綿密な調査と緻密なプロットの小説で知られています。

その真保裕一のデビュー作であり、1991年に江戸川乱歩賞を受賞したのが、この『連鎖』。その内容は、

《チェルノブイリ原発事故による放射能汚染食品がヨーロッパから検査対象外の別の国経由で輸入されていた。厚生省の元食品衛生監視員として、汚染食品の横流しの真相究明に乗りだした羽川にやがて死の脅迫が…。》

ミステリー小説などのフィクションにおいては、悪役は悪ければ悪いほどいい。チェルノブイリの放射能に汚染された食品を密輸する企業は、まさに悪の権化として、小説内でも厳しく批判されています……。

これが、放射能汚染の現実なんですよね……。

小説の方は、ちょっとストーリーが込み入っていてまどろっこしいところもありますが、評判通りの傑作です。

|

▽柏崎刈羽「震度7」の警告

新潟日報社特別取材班『原発と地震―柏崎刈羽「震度7」の警告』 (講談社)

2007年7月16日に発生した中越沖地震によって、新潟県にある東京電力の柏崎刈羽原発の稼働中の原子炉のすべてが止まった。

地震による原子炉の破壊や暴走は避けられたものの、三号炉の変電器が火災で焼失する。また、また六号炉の建屋では放射性物質を含んだ水が流出する。

この地震によって、原発設計の前提となる想定震度が甘かったことや、活断層があることが無視されていたことが明らかになる。さらに、新潟日報の取材によって、原発の用地取得に際して、田中角栄にまでさかのぼる政治の闇が存在することもつきとめられる。

風評被害の実態や、原発の運転再開に至るまでの東電の寄付金など、原発の抱える問題が、網羅的かつリアルに描かれている。

[目次]
第1章 止まった原子炉
第2章 過信の代償「7・16」の警告
第3章 封印された活断層
第4章 なぜ未開の砂丘地に
第5章 はがれたベール 検証・設置審査
第6章 絡み合う思惑 検証「東電・三十億円寄付」
第7章 断層からの異議 1号機訴訟三十年
第8章 閉ざされた扉 原子力産業の実相
特集 「揺らぐ安全神話 柏崎刈羽原発」

|

2011.04.12

▽パニックにならないためにも――『放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策』

古長谷稔『放射能で首都圏消滅―誰も知らない震災対策』 (三五館)

なんかすごいタイトルですが、もし万が一放射能汚染に襲われることがあったら、どう対処すべきかや放射能をさけるためのグッズなどについても書かれています。

もちろん、現状は、そこまで深刻な事態には至っていませんが、いざと言う時にパニックにならないように、備えておくのも良いかもしれませんね。

|

2011.04.06

▽『中国のマスゴミ』

福島香織『中国のマスゴミ ジャーナリズムの挫折と目覚め』 (扶桑社新書)

大震災前に買って読もうと思っていたのですが……。

しかし、著者の苗字の「福島」はいろんな意味で世界的にも有名になってしまいました。海外で、覚えてもらい安くなったととらえるべきか、それとも、ある種の風評被害ととらえるべきか……。

本書は、元産経新聞の記者で中国総局に勤務した著者が、言論の自由を求める中国のジャーナリストや新聞社と、言論統制を行おうとする当局とのせめぎ合いを綴ってます。

中国が経済的自由を追求すれば、いずれは政治的自由をも国民は求めるようになり、共産党の一党独裁は崩れるはず、というのは政治学の通念ですが、本書で書かれているような出来事は、その過程の一コマに過ぎないのか? それとも、長く続く現象なのか? そのことが気になります。

[目次]
第一章 中国のマスゴミ
第二章 マスコミ腐敗・記者モラル崩壊の背景
第三章 中国ジャーナリズムと外国人記者
第四章 巧みにしなやかに抵抗せよ
第五章 インターネットでジャーナリズムの夜明けは来るか

|

2011.04.05

▽『誰が小沢一郎を殺すのか?』

カレル・ヴァン・ウォルフレン『誰が小沢一郎を殺すのか?画策者なき陰謀』 (井上実訳、角川書店)

《大地震や大災害に見舞われると、人間というものははたと現実に気づくのか、あらためてよく注意して周囲を見回すようになるものだ。》

本書のプロローグの書き出しである。実際に本書が出版されたのは、東日本大震災の前であり、大震災について考察されたものではない。

『誰が小沢一郎を殺すのか?』とは仰々しいタイトルだが、内容はいたって真面目で、小沢一郎という政治家が、マスコミによって「人格破壊」というかたちの攻撃をうけているが、その背後にいるのは誰か? についてご存じカレル・ヴァン・ウォルフレンが考察している。

「人格破壊」という政治的な暗殺は、世界各国で見られることだが、小沢一郎に対しては世界に例をみないほどの執拗なものだという。小沢一郎に対するそれは、1993年に自民党を割って、非自民連立政権を創って以来、マスコミと、その背後にいる検察や官僚によって続けられている。

さらに、日本の官僚やマスコミには、アメリカの政治エリートであるジャパン・ハンドラーズとの間に「密約」があり、日本人の政治的独立を妨げる方向へと行動しているとウォルフレンは指摘する。官僚は、権力を維持する非公式のシステムを有しており、それを破壊しようとする小沢一郎を抹殺したがっているのだという。

「官直人のふたつの誤り」についても記されている。ひとつは官僚にのせられて、消費税増税路線に走ったこと。そして、

《菅氏のもうひとつの大きな誤りは、小沢氏が持つ奥深い政治の知識と戦略を無視しようとしていることだ。》(p.106-107)

[目次]
第一章 「人物破壊」にさらされる小沢一郎
第二章 霞ヶ関というシステムの起源
第三章 日本型スキャンダルの残酷と混沌
第四章 “政治的現実”と日本のメディア
第五章 戦後日米関係という病理
終章 国家主権、オザワ、システムの欺瞞

|

2011.04.04

▽みんなの党が痛過ぎる件――『体験ルポ 国会議員に立候補する』

若林亜紀『体験ルポ 国会議員に立候補する』 (文春新書)

役人の天下りや公金浪費を告発したジャーナリストの若林亜紀が、2010年夏の参議院選挙に出馬して、落選した顛末の手記。こまかい経費の明細もつけられていて、選挙の舞台裏が詳述されている。

しかし本書のもう一つの関心は、若林に出馬を要請したみんなの党の独善的な体質や党首のわがままぶりが垣間見える点だろう。

[目次]
第1章 出馬の誘い
第2章 みんなの党に群がる人々
第3章 『アジェンダ』の裏側
第4章 候補者の嫉妬と渡辺代表のわがまま
第5章 金と裏切り
第6章 予算は300万円
第7章 街頭演説で出会った人々
第8章 開票

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.04.02

▽『チェルノブイリ―アメリカ人医師の体験』

ロバート・ピーター ゲイル、T. ハウザー『チェルノブイリ―アメリカ人医師の体験〈上〉』 (吉本晋一郎訳、岩波新書)

ロバート・ピーター ゲイル、T. ハウザー『チェルノブイリ―アメリカ人医師の体験〈下〉』 (吉本晋一郎訳、岩波新書)

本書は、1986年4月26日に起きたチェルノブイリ原発事故で放射能を浴びた患者を治療するために、その6日後に、アメリカから派遣された医師の記録である。

1988年の出版であるが、いまなお生々しく、チェルノブイリ事故のリアルな悲惨さを伝えている。

|

▽『朽ちていった命』

NHK「東海村臨界事故」取材班『朽ちていった命―被曝治療83日間の記録』 (新潮文庫)

1999年9月に茨城県東海村で起きた、核燃料の臨界事故――。

バケツでウラン溶液を移し替える作業をしていた作業員は、ウランが臨海した時に発生する「チェレンコフの光」と呼ばれる青い光を見た。その時、発せられた中性子が体を貫通すると、作業員は嘔吐し、意識を失った――。

被爆した当初は、赤くはれているだけだった右腕の皮膚は、次第に変色していく。中性子が染色体を破壊しつくしてしまったために、組織が再生できないからだという。

本書は、83日間におよぶ被害者と、治療に携わった医師達の記録である。文庫化に際してつけられた「朽ちていった命」というタイトルが、この悲惨な事故の実態を現している。

いまさらながら被害者のご冥福をお祈りするとともに、福島原発の被害が最小限にとどまることを願っています。

|

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »