2011.04.04

▽みんなの党が痛過ぎる件――『体験ルポ 国会議員に立候補する』

若林亜紀『体験ルポ 国会議員に立候補する』 (文春新書)

役人の天下りや公金浪費を告発したジャーナリストの若林亜紀が、2010年夏の参議院選挙に出馬して、落選した顛末の手記。こまかい経費の明細もつけられていて、選挙の舞台裏が詳述されている。

しかし本書のもう一つの関心は、若林に出馬を要請したみんなの党の独善的な体質や党首のわがままぶりが垣間見える点だろう。

[目次]
第1章 出馬の誘い
第2章 みんなの党に群がる人々
第3章 『アジェンダ』の裏側
第4章 候補者の嫉妬と渡辺代表のわがまま
第5章 金と裏切り
第6章 予算は300万円
第7章 街頭演説で出会った人々
第8章 開票


|

書評2011年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ▽みんなの党が痛過ぎる件――『体験ルポ 国会議員に立候補する』:

« ▽『チェルノブイリ―アメリカ人医師の体験』 | トップページ | ▽『誰が小沢一郎を殺すのか?』 »