2011.05.31

▽『セックスメディア30年史』

萩上チキ『セックスメディア30年史 欲望の革命児たち』(ちくま新書)

本書の著者は1981年生まれの30歳。それがセックスメディアの30年史についてものすとは(笑)。それに「メディア」というタイトルの割には、出会い系サイトという「コミュニケーション」に関する考察があったり、性具や性風俗に章が割かれていたりして、やや羊頭狗肉な感は否めない。

狭義のセックスメディアに関しては、《第3章 何がエロ本を「殺した」か?》と、《第4章 「エロは無料」の衝撃》が興味深い。もともとエロに関しては、アングラな分野でもあることからデータや証言が乏しいので、本書のインタビューは貴重な資料といえよう。

第3章では、エロビデオを紹介する情報誌『オレンジ通信』の編集者がエロ本の盛衰を、また、エロ本を専門に扱う芳賀書店の社長がエロ本を売る側の事情を語っている。

また、第4章では、アダルト動画のサンプルを配布するサイトの紹介するサイト『動画ファイルナビゲーター(動ナビ)』の管理人、そして、アダルト・コンテンツを販売する『DMM.R18』というサイト運営者の証言がある。

これらは、エロビデオ情報誌→アダルト動画サイトを紹介するサイト、エロ本専門店→アダルト・コンテンツ販売サイト、という変遷ととらえ直すこともできる。本書は、このあたりをもっと深掘りしても良かったのではないだろうか。


|

書評2011年」カテゴリの記事