2011.08.31

▽アップルの「プランB」とはなんだったのか?

ジョン・マリンズ、ランディ・コミサー『プランB 破壊的イノベーションの戦略』 (山形浩生訳、文藝春秋)

本書のタイトルは『プランB』――。

当初たてたビジネス・プラン「A」に対して、これがうまくいかなかったために、途中で乗り換えたプラン「B」の方が、結果的にうまくいったケースが多いし、革新的であった、というのが本書の趣旨である。

たとえば、先頃ジョブスCEOの引退を発表したアップルは、コンピュータのハードとソフトというプランAを捨てて、iPodというプランBに乗り換えたために大成功を収めた、という。

なるほど、この説明は理にかなっているようにも思えるが……。でも、ちょっと違う気もします。

以前、ITジャーナリストのスティーブン・レヴィがiPod開発の舞台裏を追った『iPodは何を変えたのか?』を紹介したことがあります。

▽iPodは何を変えたのか? を振り返る
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2010/02/ipod-7562.html

『iPodは何を変えたのか?』によると、iPodとiTunesを開発する前の段階で、ジョブズは、ファイアーワイアー(iLink)によってデジタル・ビデオカメラとiMacを接続する「デジタルハブ戦略」を構想していたそうです。そして、《このデジタルハブ構想の最初の製品となったのが、ビデオカメラの映像を簡単に編集してホーム・ムービーを作成できるアプリケーション、「iMovie」だ。》(p.80)

どちらかというと、この「iMovie」がプランAであり、アップルは途中で、MP3プレイヤーと音楽再生ソフトの方がビジネス・チャンスも大きく、「デジタルハブ戦略」にとっても有望であることに気がついてiPodとiTunesという「プランB」に乗り換えた、とみた方がストーリーとしては面白いといえるでしょう。

この『プランB』には、グーグル、アマゾン、ライアン・エアーなどのケースも紹介されていますが、ちょっとまとめ方が乱暴かな、という気もしますね。


|

書評2011年」カテゴリの記事