2011.08.02

▽『「TPP開国論」のウソ』

東谷暁x三橋貴明x中野剛志 『「TPP開国論」のウソ 平成の黒船は泥舟だった』(飛鳥新社)


私自身は、日本がTPPに参加することは賛成なんですが、TPPに反対する立場の本書を読んだ方が、より多くの情報を得られると思います。

特に、ジャーナリストの東谷暁の担当した第二章“「TPP=農業問題」には騙されない”には、「TPPの二四作業部会」(p.117)が示されています。

1.首席交渉協議
2.市場アクセス(工業)
3.市場アクセス(繊維・衣料品)
4.市場アクセス(農業)
5.原産地規則
6.貿易円滑化
7.SPS(検疫、及びそれに付随する措置)
8.TBT(貿易上の技術的障害)
9.貿易保護
10.政府調達
11.知的財産権
12.競争政策
13.サービス(クロスボーダー)
14.サービス(電気通信)
15.サービス(一時入国)
16.サービス(金融)
17.サービス(ネット販売)
18.投資
19.環境
20.労働
21.制度的事項
22.紛争解決
23.協力
24.横断的事項特別部会(中小企業、競争、開発、規制関連協力)

東谷の指摘するTPPにおけるアメリカの本当の狙いは、「金融」と「投資」で稼ぐこと、なのだそうですが……。それは、TPPに反対する理由ではなく、むしろ賛成する理由になるんじゃないかと、私は思います。


|

書評2011年」カテゴリの記事