2011.09.25

▽『電子書籍奮戦記』――喧噪の影で

荻野正昭『電子書籍奮戦記』(新潮社)

電子書籍に関する話題になると、かならず登場するのがボイジャーの荻野正昭である。日本における電子書籍の草分け的存在であり、これまでにも何度も繰り広げられてきた「今年こそ電子書籍元年」という喧噪の中、じっと、「その時」が来るのを待ち続けてきた。

荻野は電子書籍を5つに分類している。
1.1980年代後半に登場したFDやCD-ROMなどのパッケージ版で辞書や百科事典などが多かった。
2.インターネットを介してKindleやiPadなどに届けられるデータ。現在は、これを「電子書籍」と呼んでいる。
3.紙の本を印刷する前に作られる電子化されたデータ。
4.インターネットに公開される無数の「リソース=資源」群。研究論文や著作権のない古典文学などで、青空文庫もここに含まれる。
5.さまざまな情報を組み合わせて自分なりに作ったものも「電子書籍」と呼びたい。

本書は、荻野の自伝であるとともに、ボイジャーというベンチャー企業の悪戦苦闘と、日本の電子書籍の変遷の記録である。当初期待ほどには電子書籍の市場は立ち上がらず、中小企業であるボイジャーは、何度も立ち往生する。しかし、思いがけない伏兵がボイジャーに利益をもたらした。携帯電話向け電子ブックビューワー「BookSurfing」によって、ボイジャーの経営はようやく安定することになったのだ。

《かつてはデスクトップパソコンやノートパソコンのモニターで「本」を読むことにすら嫌悪感を示す人が大半でした。……しかし、パソコンのモニターよりもはるかに小さく、画質も劣る携帯電話の画面で、若者はマンガや小説を読むようになったのです。》(p.174)

何度も繰り返される「電子書籍元年ブーム」の喧噪の影で、浮かんでは消えていったハード、フォーマット、コンテンツ・サービスの数々……。本書を読みながら、「ああ、こんなのあったなあ」と思い返す。

いったい誰が勝者になるのだろうか? その答えは、まだ、出ていない――。


|

書評2011年」カテゴリの記事