2011.12.05

▽亡国の宰相

読売新聞政治部『亡国の宰相――官邸機能停止の180日』(新潮社)

「亡国の宰相」とは、ひどい言われようですが……、まあ、そう言われても仕方ないかな……(笑)。菅直人が総理大臣になった時には、

『菅直人 市民運動から政治闘争へ 90年代の証言』
http://thelightoflondon.txt-nifty.com/book/2009/11/post-5424.html

が売れていたので、それなりに期待はあったのでしょうが、なにが間違いだったのでしょうか? 読売新聞政治部が記した本書は、東日本大震災と福島原発事故以来の政治のゴタゴタの記録としてはよくできているとは思いますが、この重大な疑問点についての解答は得られていないようにも感じられます。


|

書評2011年」カテゴリの記事